So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


前の5件 | -

iHerb(アイハーブ)の海藻そら豆チップス。(-ε-) [アイハーブ]

P_20180328_111113.jpg

iHerb(アイハーブ)で買ったSeapoint Farms, 海藻そら豆チップス、甘く香ばしい (99 g)です。

相変わらずの直訳のような商品名ですが、(゚∀゚) これは海苔などの海藻がまぶされたそら豆チップスです。

チップスとはありますが、これは釜炊き製法で作られているということで、日本にもよくある揚げていないスナック菓子のようなものだと思います。

以前に買ったこのメーカーの枝豆スナックが美味しかったのを思い出して、今度はこのちょっと珍しいそら豆チップスの方を買ってみたんです。(-ε-)



P_20180422_125448.jpg

袋から出してみると、確かにそら豆の形をしていて、表面には海苔のフレークのようなものがまぶされています。

ただ、写真だとわからないと思いますが、これは大きさが1㎝前後しかないんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

そら豆というとかなり大きい豆という印象がありますが、このような小さなそら豆もあるんでしょうか?それともまだ成熟していない赤ちゃんそら豆とか?(-ε-)



P_20180422_125547.jpg

よく見ると表面にはザラメのようなものもまぶされているんですよね。

これだと、私が子供の頃によくうちにあった、昭和の時代のおせんべいを思い出しますね。(-ε-)



P_20180422_125645.jpg

ナイフで割ってみると、確かにそら豆そのものなのですが、写真のものは比較的分厚いので、全体的にはもっとペラペラの薄いものが多かったですね。

とりあえず一つ食べてみると、これは予想以上に甘かったですね~。

甘いというか、まさに昭和の時代のおせんべいのような、甘じょっぱい味なんですよね。(゚∀゚;)

以前に食べた枝豆スナックのように、甘みはそれほどないと思っていたのですが、これは塩味よりは甘みの方が強い感じなんですよね。

食感はカリコリッとしていてやや固めですが、固すぎることはなく、適度な歯応えがあってちょうどいい感じです。(^。^)

揚げていないようなので、油っこさなどもほとんど感じず、海苔の風味もちゃんとしてきて、これはなかなか美味しいと思います。

もう少し甘くなければ、完全に私好みな感じだったのですが、ちょっと甘いのだけがネックでしたね。(-ε-;)

とは言え、すごく甘いというわけではないので、日本の甘めのおせんべいなどが好きな方にはおススメだと思います。(-ε-)

Seapoint Farms の商品はこちらからどうぞ。


iHerb(アイハーブ)で初めて買い物をする方は、以下の紹介コードをクリックするか、買い物カートのコード欄に入力して、その右側にある利用するボタンをクリックして下さい。初回限定で5ドル割引きになりますよ。(^。^)

紹介コード HIZ293


スポンサーリンク


nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

キュキュット オーロラポンプ。(^。^) [オススメ!]

P_20180422_125003.jpg
【レシピブログの「キュキュット オーロラポンプ」モニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた キュキュット オーロラポンプ です。

今回は「花王×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画ということで、食材ではなく食器用洗剤をプレゼントしていただいたんですよね。

料理を作った後は必ず後片付けが必要ですからね、このようなステキなデザインの洗剤があれば、面倒な食器洗いもちょっと楽しくなっちゃいますよね。(^。^)

特に今回いただいたのはオーロラポンプということで、きれいなボトルに惹かれてうちのクマさんも集まってきましたよ。(-ε-)



P_20180422_125057.jpg

今回の洗剤は容器のデザインもステキですが、形状が新しいですよね~。

ポンプタイプのハンドソープなどはうちでも使っていたのですが、そう言えば食器用洗剤でポンプタイプって使ったことがなかったんです。

コロッケとかハンバーグを作った時などは、手が油脂でベチョベチョなので、普通のタイプの洗剤では持つと容器が汚れてしまって、なんだかな~と思っていたんですよね。(-ε-;)

その点、このポンプタイプの容器であれば、手の側面などの汚れていない部分で押すだけで洗剤を使うことが出来るので、洗剤容器が汚れずに済むんです。

こういうちょっとしたこともストレスになりますからね、このポンプタイプの容器はありがたいですね。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドモーリ(DOMORI)のチョコレートを食べ比べ。ヽ(`д´;)ノ ノア~ル!! [おやつ(海外)]

P_20180228_141530.jpg

今年もドモーリのチョコレートを買いました。

去年、ジャンルーカさんがドモーリを辞めてしまったという話を聞いていたので、今年はドモーリのチョコは買わないかもと思っていたのですが、今年も新作のチョコレートが出ていたので、やはり気になって買ってしまいました。

今年は以前に食べたことがあるものと、今年の新商品などを合わせて3種類買ったのですが、本当はこれはもう随分前に食べていたんですよね。

今年は色々あって全然時間がなくて、危うくドモーリのチョコレートの記事も書きそびれてしまうところだったんですよね~。(-ε-;)



P_20180228_142011.jpg

今回買ったのは、クリオロ 100%クリオロ 70%トリニタリオ 100%の3種類です。

この中でクリオロ100%を買うのはもう3度目なのですが、同じクリオロ種でカカオ分違いの70%と、カカオ分は同じだけど品種違いのトリニタリオ 100%とどう違うのか気になったので、一緒に買ってみたんですよね。

3種類を並べてみると、この時点で結構色が違うのがわかりますね。クリオロ種の2つは色が明るめで、トリニタリオはかなり黒っぽいですよね。

カカオ分が高いほど色は黒っぽくなるので、よくあるカカオ分100%のチョコレートだと、このトリニタリオのような色をしているのが普通じゃないかと思います。

それに比べて、クリオロ種は色が明るいのが特徴ということで、100%も70%もよくある同程度のカカオ分のチョコレートよりは色が明るいんですよね。



P_20180228_142409.jpg

まずはこのクリオロ70%から食べてみることにしました。

カカオ分が70%なので、以前に食べたことのある100%ほどの威力はないかなと思いつつ食べてみたのですが、いきなりこれはすご~く美味しいんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

まず質感がもう一般的なチョコレートに比べてかなりなめらかで、透明感すら感じるというか、本当にこの質感だけでもうっとりしてしまう感じがするんですよね~。(*´∀`*) ホワ~

味もカカオ豆本来の酸味は結構あるのですが、それでいてとってもクリーミィでマイルドなので、極上の質感とも合わさって、まったり濃厚に感じるんですよね。

もうこれは本当に素晴らしいの一言で、今年このチョコレートを買わないでいたら、本当に後悔していたと思いますよね。(゚∀゚;)



P_20180228_142331.jpg

次にこのトリニタリオ100%の方を食べてみましたが、これはやはりカカオ分100%だけあって、かなり濃い~味がしましたね~。

苦味がビシ~ッと効いていて、マットで濃厚なカカオ感が押し寄せてきて、もはやしびれる感じすらするんですよね。(゚∀゚;)

それでも、クリオロ種のようなまったりとした濃厚感も少しあるので、カカオ分100%なのにそんなに食べにくくはないんですよね。

風味も華やかでフローラルな感じがして、カカオ分100%にしてはとても美味しいと思いましたが、後味に少し渋みが残る感じはしました。

ちなみに、トリニタリオというのはクリオロ種とフォラステロ種をかけ合わせた品種なので、クリオロ種よりは値段が安いんですよね。(-ε-)



P_20180228_142258.jpg

最後にクリオロ100%ですが、これはやっぱりすごかったですよ~。ヽ(`д´;)ノ

こちらもトリニタリオと同じく、カカオがすごく濃い感じがして、苦味、酸味、しびれる感じ、まったり濃厚な感じがするのは同じなのですが、こちらの方がより苦味が強い気がしたのと、濃厚感はさらに上でしょうか。

濃厚というか、もはや舌にネットリと絡みつくような質感をしているので、ものすご~く濃く感じるんですよね~。(゚∀゚;)

この強烈な味のインパクトにはやはりもう圧倒的な存在感を感じるので、素晴らしいというよりはすさまじいという感じなんですね。ヽ(`д´;)ノ

ということで、トリニタリオとクリオロ100%だと、やはり純粋なクリオロ種の方が美味しかった(すごかった)のですが、チョコレートとして一番美味しいと思ったのはクリオロ70%かもしれません。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

クリオロ100%の方は美味しいというよりはすごいという感じが強いので、クリオロ種らしい上品さとまろやかさを程よく味わえるのは、70%の方じゃないかと思います。

ドモーリのチョコレートはとても高いですが、量が少ない分、手が出せない値段ではないので、本格的なチョコレートが好きな方は、是非一度試してみるといいと思いますよ。(-ε-)





スポンサーリンク


nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

iHerb(アイハーブ)のチリライム味のジャックフルーツ。(-ε-) [アイハーブ]

P_20180408_100947.jpg

iHerb(アイハーブ)で買ったUpton's Naturals, ジャックフルーツ、チリライムカーニタス、10.6オンス (300 g)です。

思わずオッサン誰?と聞きたくなるようなパッケージですが、(゚∀゚;) これはチリライム味のジャックフルーツです。

ジャックフルーツというのは日本ではあまり見かけないと思いますが、私は以前に缶詰でなら買ったことがあります。

フルーツとは言っても、熟していない状態だと野菜のような感じで、見た目、食感、味などもタケノコに一番近いんじゃないかと思います。

今回買ったものもおそらく熟していないジャックフルーツに味付けをしたものなので、おやつではなくてレトルト惣菜のようなものになると思います。(-ε-)



P_20180415_112231.jpg

パッケージの裏にもこのようなイラストが描かれてあり、だからアンタ誰なんだ?とツッコミを入れたくなります。ヽ(`д´;)ノ

どうもこの商品のイメージキャラクターのようですが、気になったのでメーカーのHPを見てみたら、このシリーズの商品全てにひげ違いのこのオッサンが描かれていました。

日本にも遊び心のあるパッケージなどは時々見かけますが、これもまあそういうものなのでしょうね。(゚∀゚;)



P_20180408_101106.jpg

箱の中には結構大容量のジャックフルーツが袋に入っていました。

チリライム味ということで、見た目もオレンジというか赤い色をしていて、この時点でも辛そうに見えますね。



P_20180408_101506.jpg

袋から出してみると、見た目は洋風の野菜の煮物のような感じで、ちょっとペチョッとしたソースがジャックフルーツに絡まっているような感じでした。

メインの食材はジャックフルーツですが、玉ネギも少し入っているようです。

とりあえず今回は味見ということで、これをそのまま食べてみたのですが、これは想像していたよりは普通の味でした。

チリコンカンという豆の料理がありますが、あれからお肉と豆を抜いたのがこれという感じの味で、ライムのちょっと独特な風味と酸味が結構あり、スパイシーで辛味もそこそこあります。

どうやら油脂は全く使われていないようなので、比較的あっさりした味ではあるのですが、お肉も油脂も化学調味料も使われていない割には、不思議と旨みがあって美味しいんですよね~。(^。^)

特別変わった味というわけでもないし、塩加減もちょうどいい感じなので、これは日本人でも普通に美味しく食べられるんじゃないかと思います。

パッケージ裏にもサンドイッチ、タコス、サラダ、ご飯にかけてなどの食べ方が紹介されていましたが、確かにどれにも合いそうな気がしますね。

ということで、これはそのまま食べても十分美味しかったですが、たくさんあるので次回は何かしらアレンジして食べてみようと思います。(-ε-)

Upton's Naturals の商品はこちらから。


iHerb(アイハーブ)で初めて買い物をする方は、以下の紹介コードをクリックするか、買い物カートのコード欄に入力して、その右側にある利用するボタンをクリックして下さい。初回限定で5ドル割引きになりますよ。(^。^)

紹介コード HIZ293


スポンサーリンク


nice!(35) 
共通テーマ:グルメ・料理

プレミアム牛テールカレー。ヽ(゚Д゚; )ノ オオ~ッ! [おかず]

P_20180301_105943.jpg

ぐるなび食市場の食彩宴というお店で買ったプレミアム牛テールカレーです。

これは先月紹介した骨付きチキンカレーと一緒に買ったカレーです。

この食彩宴というお店のカレーやシチューは大きな具にこだわっているということで、この牛テールカレーにもとても大きなお肉が入っているということだったんですよね。

パッケージの上から触ってみる限りでも、何やらすごく大きなお肉の塊が入っているようだったので、かなり期待して食べてみることにしました。(-ε-)



P_20180301_112356.jpg

早速用意してみましたが、ちょっとここでしくじってしまったことがあるんですよね~。(-ε-;)

カレーに何かマッシュルームのようにも見えるものが浮いていて、その周りにお肉らしきものが入っているように見えるんじゃないかと思うのですが、これはカレーを温める前は丸ごとの牛テールの塊だったんですよね。

その大きさはまさにこぶし大と言ってもいいくらいの巨大な塊で、こんな大きなお肉はちょっと見たことがないくらい、まさに圧巻!という言葉がふさわしいくらいの立派なお肉が入っていたんです。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

ただ、牛テールということで、その大きさは骨まで含めての大きさで、骨の合間にお肉が詰まっているような形状をしていたんですよね。

また、牛テールには骨周りにゼラチン質の部分が多く、レンジで温めたらとろけてお肉がほとんど骨から外れてしまったんですよ~。(゚∀゚;)

ですので、どれだけ大きなお肉が入っていたのかということが、写真からはわからなくなってしまいましたが、とにかくバカデカい びっくりするほど大きいお肉が入っていたんです。(-ε-)



P_20180301_112503.jpg

アップにしてみると、マッシュルームのように見えていたものは尻尾の骨の中心部で、そこから枝分かれするように骨が伸びているのがわかるかと思います。

骨から外れてしまってはいますが、その周りにあるのは全部お肉なので、よくあるレトルトカレーなどとは比べ物にならないくらいのお肉の量なんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!



P_20180302_112146.jpg

骨から外れたお肉はまるで木の幹のようにも見えて、繊維質の赤身肉の塊という感じなのですが、食べてみるとこれが驚くほどやわらかく、簡単にほぐれてしまうんですよね~。(*´∀`*)

お肉自体は赤身肉という感じですが、ルーには脂やコラーゲンがたっぷりと溶け出している感じなので、カレー全体としてはかなり濃厚な感じがしました。

ルーは黒カレー、赤カレー、リアルセイロンカレーの3種類の中から選べるので、今回はビーフに合いそうな黒カレーを選んであったんです。

確かに黒っぽい気持ち渋いような味で、スパイスも適度に効いていてなかなか美味しかったのですが、今回のカレーに関してはもうルーの味は二の次というか、とにかくお肉がすご過ぎて、カレーの細かい味はどうでもよくなってしまったという感じなんですよね~。(゚∀゚;)

このカレーはとにかくお肉です。お肉が本当にすごいので、特に男性はこういうの喜ぶんじゃないかと思いますね~。(-ε-)



P_20180301_115903.jpg

ちなみに、これが食べ終わった後の牛テールの骨です。

左右対称のとてもきれいな形をしているのですが、何だか ヽ(*´▽`*)ノ ワ~イ と笑っているようなお顔にも見えますよね。

ということで、この食彩宴というお店のカレーはとても気に入ったので、実はもうすでに違う種類も買い足したんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

最近、時間が本当に足りなくて、このカレーも記事にしそびれるところだったのですが、他のカレーも食べたらまた紹介しようと思うので、興味のある方はまた見に来てみてくださいね~。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(18) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -