So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク


前の5件 | -

豆腐のオムライス風。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170429_123126.jpg
【レシピブログの「彩り華やか&かんたん朝ごはん」レシピモニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた GABANパプリカ<パウダー>とGABANフレンチハーブミックス<フリーズドライ> を使って、豆腐のオムライス風を作ってみました。

以前のレシピで豆腐のスクランブルエッグ風というのを作りましたが、それを改良して今度は豆腐でオムレツ風のものを作ってみたんです。

スクランブルエッグ風の時は豆腐と卵黄を使いましたが、卵黄だけわざわざ取り出すのはちょっと面倒なので、全卵でも出来るかどうか試してみたんですよね。

レンジで全卵を加熱するとボソボソの質感になって美味しくないというイメージがあったので、今まではレンジで作る料理に全卵を使うことはあまりなかったんです。

ただ、色々と混ぜ物をすれば出来そうな気がしたので、今回は豆腐+全卵+αで作ってみたのですが、これが結構いい感じに出来たんですよね~。(-ε-)

あくまでなんちゃってオムレツですが、レンジで簡単に出来るし、フライパンで作るオムレツのように技術もいらないし、見た目もそれらしくなってますよね?

ということで、とりあえずレシピです。(-ε-)


<材料>1人分 約330kcal
●コンビーフライス
ご飯・・・100g
玉ネギ・・・40g
コンビーフ・・・15g
塩・・・0.7g
パプリカ<パウダー>・・・0.7g
フレンチハーブミックス<フリーズドライ>・・・少々
コショウ・・・少々

●オムレツ風
絹ごし豆腐・・・60g
全卵・・・20g
スキムミルク・・・3g
マヨネーズ・・・3g
小麦粉・・・2g
塩・・・0.3g
ターメリック・・・少々

●トッピング
ケチャップ・・・10g
豆苗・・・10g


<作り方>
① 玉ネギをみじん切りにして器に入れ、スパイス類をまぶしたら、ふたをして500W のレンジで1分くらい加熱します。
② コンビーフとご飯も加えて、さらにレンジで1分くらい加熱してよく混ぜておきます。
③ 別の器にオムレツ風の材料を全て入れてよくかき混ぜ、ふたをして500W のレンジで1分くらい加熱します。いったん取り出してムラのないようによく混ぜ、さらに30秒くらい加熱してよく混ぜておきます。
④ お皿に②のご飯をラグビーボール型に盛り付け、③のオムレツ風を覆うようにのせます。ケチャップと豆苗をトッピングしたら出来上がりです。



P_20170429_123155.jpg

オムレツ風の加熱時間はあくまで目安ですが、全体がほぼ固まってくるまで加熱するといいと思います。

多少ゆるくても問題はないと思いますが、このレシピだとしっかり加熱したとしても、それほどボソボソにはならないと思うので、あまり神経質にならなくても大丈夫だと思います。

このレシピは小麦粉を少量加えてあるのがポイントで、これで豆腐から出る水分を固めつつ、卵のとろみっぽいねっとりとした感じも出しているんです。

豆腐+卵黄で作るよりも、かえって全卵の方が程よく固まってちょうどいい質感になった気がします。

ただ、前回もそうだったのですが、卵の量が少ないためにどうしても色が薄くなってしまうので、それをターメリックで補強したのですが、かえって色鮮やかになりました。(^。^)

また、マヨネーズとスキムミルクを加えることで、さっぱりとした豆腐にコクが加わっていると思います。

マヨネーズは今回カロリー65%オフのものを使いましたが、よりリッチにしたい方は普通のマヨネーズを使うか、マヨネーズの量をもう少し増やしてもいいかもしれません。



P_20170429_123324.jpg

もう一つ、今回試したかったのがこのご飯なのですが、これはコンビーフを混ぜ込んであるんですよね。

コンビーフはただご飯に混ぜるだけだと、どうしてもそのクセのある風味が気になってしまいますが、今回いただいたスパイスを使うことで、このクセを消せるんじゃないかと思ったんです。

フレンチハーブミックスはとても爽やかな香りがするし、パプリカはスパイシーな風味と赤い色も出ますからね、彩りもよくなってちょうどいいんじゃないかと思ったんです。

実際食べてみると、コンビーフのクセはほとんど気にならなくなっていて、むしろどこかオシャレっぽい風味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

スパイスを加えただけで、まるでどこかのお店のような風味になった感じがして、これは本当にスパイスサマサマだと思いました。(^。^)

ということで、風味にも彩りにも使える今回のスパイスはとても便利なので、これからもビシバシ使っていきたいですね。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

にしきやのウニソースパスタ。(-ε-) [おかず]

P_20170419_104931.jpg

にしきやのクリーム仕立てのウニソースです。

私の大好きなインドカレーを取り扱っているにしきやでは、カレー以外にもこのようなパスタソースなども取り扱っているんですよね。

ただ、今回食べたこのウニソースは随分前に買ったものなので、今はもう終売になってしまったらしく、売っていないんですよね~。(-ε-;)

贅沢なパスタソースなので、とっておきにと食べずにいたのですが、とっておき過ぎて賞味期限も過ぎてしまっていました。(゚∀゚;)

とは言え、にしきやのパスタソースですからね、賞味期限が多少過ぎても美味しさにそう変わりはないでしょうからね、食べてみることにしました。(-ε-)



P_20170419_111344.jpg

ウニソースには特に具材は入っていなかったので、自分でほうれん草と大豆を加えてみました。

パスタも至って普通のスパゲッティですが、おそらくソースが美味しいので、これでいいんじゃないかと思ったんですよね。



P_20170419_111405.jpg

早速食べてみると、当たり前ですが、やはりこれはウニの風味がしてきましたね~。

ウニなんて滅多に食べませんからね、この独特の海鮮風味はやはり贅沢な感じがしますよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

市販の安いウニ風味の調味料などだと、な~んかうさん臭い風味がすることもありますが、(゚∀゚) こちらは本物のウニの風味がしっかりと効いている感じでした。

野菜を加えてしまったせいか若干ソースが薄まってしまい、クリームの濃厚さは思っていたほどはなかったのですが、それでもマイルドな風味とちょっとオシャレな風味がして美味しかったです。(^。^)

にしきやの商品はインドカレー以外はものすごく美味しいというわけではないと思うのですが、化学調味料などの不自然な味は一切なく、どこか丁寧に作られているのがわかるような味なんですよね。

このウニソースはもう売っていませんが、他にも美味しそうなパスタソースがいくつかあったので、またの機会に何か買ってみたいと思いました。(^。^)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

にしきや クワトロフォルマッジ 1人前(130g)
価格:392円(税込、送料別) (2017/4/28時点)



スポンサーリンク


nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トゥエンティーフォー ブラックバード ボリビア。(´~`) ナメナメ [おやつ(海外)]

P_20170401_095836.jpg

トゥエンティーフォー ブラックバードというメーカーの ボリビアというカカオ分75%のチョコレートです。

このチョコレートは先日紹介したチョコレートと一緒に買ったものなのですが、もう一種類買ったものも含めて、全部アメリカのメーカーのチョコレートなんですよね。

アメリカのチョコレートっていうと、何だかジャンクでマニアックな風味の甘~いものを想像してしまいますが、(偏見?(゚∀゚)こういうカカオ豆にこだわったチョコレートももちろんあるんですよね。(-ε-)



P_20170403_153441.jpg

ちょっと頼りなげな素朴な紙のパッケージを開けると、さらに和紙のような質感の紙に包まれていました。

今回のものは高級感があるという感じではありませんが、こういう何気ないパッケージの雰囲気も大事ですよね。(-ε-)



P_20170403_153503.jpg

中身はシンプルなチョコレートですが、メーカーのロゴが入っていました。

ただ、メーカーの名前が長すぎるからか、全部の文字は入っていませんね。(゚∀゚)



P_20170403_153538.jpg

早速食べてみましたが、これは前回のチョコレートとは全く違い、とても落ち着いた味がしました。

ややフルーティな香りがしていたのですが、味に酸味はあまり感じられず、カカオ分75%にしては苦味も少ないように思いました。

少しスモーキーな風味もあるのですが、どの風味も穏やかで強くない感じなので、際立った特徴はない感じでした。

また、質感は少しマットというか、若干ざらつきがある感じではあるのですが、このパッケージからイメージされるような、素朴だけどどこか洗練された感じもするというイメージと合っていて、特にマイナスな要素ではなかったですね。

ということで、今回のチョコレートは強烈なインパクトなどはなかったものの、カカオ豆本来の風味が感じられる美味しいチョコレートだったので、機会があればまた別の種類も食べてみたいと思いました。(^。^)

ただ、今年はもう終売なのか、私が買ったお店ではもうこのチョコレートは売っていませんでした。∑(゚д゚lll)ガーン


スポンサーリンク


nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コンビーフパンケーキ。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170424_113734.jpg

iHerb(アイハーブ)で買ったコーンブレッドミックスを使ってケークサレのようなものを焼いてみました。

ということで、本当はこのコーンブレッドミックスの紹介をしようと思っていたのですが、この商品は販売終了になってしまっていて、現在ではもう買えないんですよね~。(-ε-;)

このミックス粉を買ったのは去年なのですが、半年も経ってしまうとiHerb(アイハーブ)の商品は終売になってしまうことも多いんですよね。

これ以外にもリピートしようとしたミックス粉が販売終了になっていたので、気に入った商品はある程度まとめ買いをしておいた方がいいのかもしれませんね。



P_20170424_113950.jpg

今回使ったミックス粉には砂糖は入っておらず、少し塩が効いたものだったので、ケークサレに使ってみようと思ったんですよね。

ケークサレなどと気取っていますが、平たく言えばこれはおかずパンケーキですね。(-ε-)

いつもは大豆と何かしらの野菜を入れて作ることが多いのですが、今回は賞味期限の切れたコンビーフを使わなければと思っていたので、パンケーキに使ってみたらどうかと思ったんです。

コンビーフは一応牛肉だし、油脂もそこそこ含まれていますからね、パンケーキには合うんじゃないかと思ったんです。

野菜は今回は春キャベツを使っています。刻んでレンジで軽く加熱してから他の材料と合わせて、100円ショップで買った150円のミニフライパンごと魚焼きグリルで焼いてみました。

どうして普通のパンケーキのようにフライパンで焼かなかったのかと言えば、このミックス粉はコーンミールがたくさん入っているので生地がもろく、大きいサイズのものをフライ返しで裏返そうとすると、生地が崩れてしまうんです。(-ε-;)

ですので、裏返さなくて済む両面焼きグリルで弱火で8分くらい焼きましたが、普通の型に入れてオーブンやトースターでも出来ると思います。

こうしてできたコンビーフ入りのパンケーキですが、これはちょっと予想していなかったハンバーグのような風味がしたんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

コンビーフは結構味にクセがあるので、何に使ってもイマイチ美味しいとは思えなかったのですが、今回ハーブを効かせたせいもあるかもしれませんが、コンビーフのクセは全く気にならず、代わりに牛肉の風味と旨みだけが出た感じになったんです。

コンビーフの分量が少なめだったので、ややあっさりしてハンバーグ風味も弱めでしたが、もう少し分量を増やしたら、もっとハンバーグっぽい味になるかもしれないので、これはまたリベンジしてみようと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ディックテイラー クラフトチョコレート グアテマラ ランキン。ヽ(`д´;)ノ ヌォォッ!! [おやつ(海外)]

P_20170401_095805.jpg

ディックテイラーというアメリカのメーカーのグアテマラ ランキンというカカオ分70%のチョコレートです。

このチョコレートを最初に見かけたのはもう3~4年前でしょうか、このすごくオシャレなパッケージにまず惹かれたのですが、チョコレート自体もビーントゥーバーのこだわりのあるチョコレートのようだったので、すごく興味があったんですよね。

ただ、このチョコレートは 57gで1,620円 とかなり値段が高いので、(ノ゚⊿゚;)ノ ゲッ! 今まで買えずにいたのですが、先月これがなんと40%引きで売っているのを見つけ、これはもう自分の誕生日にかこつけて買うしかないでしょ!と、たまっていた楽天ポイントを全部つぎ込んで買ってしまいました。(゚∀゚)



P_20170403_152944.jpg

パッケージの表面もステキですが、裏面にもこのような味のある鳥さんのイラストが描かれていました。(-ε-)

紙の質感もちょっとざらっとした凹凸が付いていて、こういうところも何気に高級感があるんですよね~。



P_20170403_153213.jpg

中身はこのようなシンプルな金の包み紙で包まれていました。



P_20170403_153109.jpg

そしてこの包みを開けると、これはもう今まで見たことのないくらい、繊細で凝った模様が彫られたチョコレートが出てきたんです!ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

これはもうアンティークのドアか!?などと思ったのですが、このチョコレートを作った人は何と元家具職人ということで、こういう造形にもこだわっているのかなと思いました。



P_20170403_153805.jpg

割るのももったいないようなチョコレートだったのですが、まさか食べないで飾っておくわけにもいかないので、(゚∀゚;) 早速食べてみることにしました。

すると、まずこれは包みを開けた瞬間から、このチョコレートの味をほうふつさせるようなすごく華やかで酸っぱい香りがしていたのですが、実際食べてみてもその通りのとてもフローラルでフルーティーな風味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

大雑把な分類で言えば、これは間違いなく酸味系のチョコレートなのですが、この酸味がかなりただならぬ感じで、酸味の強さも風味もこれほどはっきりしているものは今まで食べたことがないかもしれません。ヽ(`д´;)ノ

かなり強い酸味ですが、これはただ酸っぱいだけではなくて、とても複雑な花やフルーツの風味がするんですよね~。

説明にはプルメリアを感じさせるフローラルな香り、ブラックベリーやピーチのような甘みがあると書いてあったのですが、残念ながら私はプルメリアの香りを嗅いだことがありません。(-ε-;)

ただ、私が知っている風味でこれにとても似ていると思ったのは、マヌカハニーの風味です。

マヌカハニーには独特な風味と甘みがありますが、あのちょっと個性的な風味と、このチョコレートを食べた時に鼻に抜ける風味がすごく似ているんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

そういう個性的な風味や色々な花やフルーツの風味が次から次へと押し寄せてきて、これでもかというカカオ豆の風味にノックアウト寸前になりましたね~。(゚∀゚;)

また、このチョコレートはとてもなめらかで透明感すら感じるような質感なのですが、ややねっとり感のある濃厚な感じもするので、この質感と強い酸味は先日食べたドモーリのカカオ分90%のチョコレートに似ていると思いました。

ドモーリの方が強烈さと圧倒的な存在感があると思うのですが、カカオ豆のフローラル、フルーツ感はこちらの方が豊かな感じなので、こちらもかなり印象に残る風味のチョコレートだと思いました。

ということで、今回のチョコレートは思っていた以上に素晴らしいチョコレートだったので、すごく高いですが、その分の価値は十分にあると思いました。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -