So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


3つ又のフライパン。(-ε-) [オススメ!]

IMG_7371.JPG

先日3種類のチャーハンを紹介したときに、最近いいものを手に入れたと書きましたが、その正体がこれなんです。

ご覧のように三つ又に仕切られたフライパンなのですが、これは私がずっと欲しかったものなんですよね~。

というのは、私はよくチャーハンを作りますが、一度に2種類か3種類のものを食べ比べたいと思うことがよくあるんです。

例えば、卵を入れるのと入れないのでは質感はどう違うのか、油脂の種類を変えたら味に違いは出るのか、塩としょうゆではどちらが合うかなどは、同時に作らなければ正確に比較が出来ないのですが、一度に何種類も作るのはちょっと大変なんですよね。(-д-;)ウ~ン

特に私のチャーハンはじっくりと焼くやり方で作っているので、2種類も3種類も作っていては時間がかかり過ぎてしまうんですよね。

そこで、一度に数種類を同時に調理できるものはないかと思っていた時に、このフライパンを見つけたんです。

と言っても、最初に似たようなフライパンを見つけたのはもう何年か前だったのですが、その時はまだこのようなフライパンはメジャーではなかったせいか、値段が少し高かったんですよね。

ところが、2~3年ぶりにアマゾンで検索をかけてみたら、何と値段がかなり下がっていて、種類も随分と増えていたんです。ヽ(゚Д゚ )ノ ナンデストッ!

いくつかよさげなものがあったのですが、大きさや色々な条件を考えて、一番良さそうだったこのフライパンを買うことにしたんです。

その条件というのは、

① 直径は24㎝程度のもの。
② 仕切りの高さは2㎝ぐらいあること。
③ 2等分か3等分に分かれていること。

大した条件ではないようにも思えるのですが、これが意外とないんですよね~。

まずサイズですが、実は今回買ったものは直径は約21㎝しかないんです。

21㎝では小さくでダメだと思っていたのですが、このフライパンはよく見ると結構深さがあるように見えたんですよね。



IMG_7375.JPG

商品説明には高さは89㎜とありましたが、これは底面から取っ手の一番高いところまでの高さなので、フライパンの深さではないんです。

ただ、商品写真から推測するに、ある程度フライパンの深さもあるだろうというのが分かったので、深さがあれば側面部分も底面の延長として使えますからね、直径は21㎝でも何とかなるんじゃないかと思ったんです。

実際に買った後でフライパン部分の深さを計ってみたら約5㎝でした。



IMG_7376.JPG

次に重要だったのが仕切りの高さですが、私はこのフライパンを主にチャーハンに使おうと思っていたので、仕切りが低いものではほとんど意味がなくなってしまうので、高さは2㎝は欲しいと思っていたんです。

でも、これも商品説明にはサイズが書いてなかったので、これも写真から推測するしかなかったのですが、こちらも2㎝ぐらいはありそうに見えたので、ギリギリ大丈夫かなと思ったんです。

こちらも買った後に計ってみたら約2.5㎝ありました。



IMG_7372.JPG

最後に2等分か3等分に分かれているということですが、これは2等分でもいい気はしたのですが、3等分の方がどちらかと言えば使いそうな気がすると思っていたので、一応3等分になっているものを優先して探しました。

3等分ではなく縦に3つに分かれているものはすぐに見つかったのですが、縦長だとチャーハンを作るには混ぜにくいかなと思ったのと、このフライパンはパンケーキを焼くのにも使おうと思っていたので、パンケーキの見栄え的には3等分の方が良かったんですよね。

これも商品写真だと3等分ではなく、手前の一角だけ面積が小さいようにも見えていたのですが、実際はきっちり3等分でした。



IMG_7377.JPG

裏側はこんな感じになっていてIH対応となっています。



IMG_7378.JPG

底面部分の直径は約16cmですが、側面部分が深いので、サイズよりも大きく感じると思います。



IMG_7374.JPG

ついでに取っ手の長さですが、こちらも約16cmあり、適度な長さで使いやすいですね。

商品の仕様はこんな感じで、実際に手に取ってみたものは、ほぼ私が思っていた通りのものだったのですが、重要なのは使い勝手ですからね、早速チャーハンを作ってみたんです。

すると、このフライパンはマーブルコートということで、もう気持ちがいいくらいにご飯がツルツルとすべるんですよ~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

今まで使っていたテフロン加工のフライパンよりもさらにくっつきにくいような気がしましたが、これは最初だからでしょうかね~。

ただ、3つに仕切られているために鍋ふりなどは出来ないので、私はシリコンのヘラでちょこちょこ混ぜて作ったのですが、これはやはり多少混ぜにくかったですね。

左右の奥側と手前側では、フライパンの向きを変えないと混ぜにくかったりもするので、この辺は多少の工夫が必要かなと思います。

大きいサイズのフライ返しやシリコンのヘラでは使いにくいので、100円ショップで売っているような小さいサイズのヘラを使うのがおススメだと思います。

それでも、仕切りにある程度の高さがあり、側面は5㎝もありますからね、側面を利用して裏返すようにすれば、それほど不自由なく作れると思います。

ということで、もう何度かチャーハンを作りましたが、やはり同時に調理できるというのは本当に便利だと思います。(^。^)

チャーハン以外にも、1人用の朝ご飯などに一度に3品同時に作れるのはとても便利だし、3種類のパンケーキなんかも同時に出来るんですよ~。

その辺はまた別の記事で書こうと思っていますが、このフライパンは私にとってはとても便利なものだったので、興味のある方にはおススメだと思いますよ~。(-ε-)/


        


スポンサーリンク


nice!(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 37

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました