So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク


ピエモンテ産IGPヘーゼルナッツ入りトリュフチョコレート。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! [おやつ(海外)]

P_20170226_142801.jpg

今日はホワイトデーですが、とってもいいものをもらったんですよね~。(^。^)

と言っても、これはバレンタインデーのお返しにもらったわけではなく、たまたまこの間私の誕生日だったので、家族からもらっただけなんですけどね。(゚∀゚;)

ただまあ、これはホワイトデーのプレゼントにもピッタリの商品だと思ったので、紹介したいと思いました。

ということで、これが何なのかと言うと、いわゆるトリュフチョコレートになるんだとは思うのですが、ただのトリュフチョコレートじゃないんですよ~。(-ε-)

ヘーゼルナッツの中でも特に品質が高いとされているピエモンテ産のヘーゼルナッツを使っているそうなんです。

ちょっと調べたところによると、このピエモンテ産のヘーゼルナッツは風味が素晴らしく、世界中の菓子作りに携わる人たちから圧倒的な支持を得ているとのことです。ヽ(゚Д゚ )ノ ヘェ~!

それに加えて、高級食材とされるトリュフまで使っているということで、これは形だけではない本当のトリュフチョコレートということになりますね。(-ε-)



P_20170226_142854.jpg

この商品は1つのパッケージに5個入っているのですが、これが2つセットになっているんです。

この品質の高いトリュフチョコレートが全部で10個入っていて、メール便送料無料で1080円というのは結構お得な気がしますよね。(-ε-)



P_20170226_143030.jpg

中身はこのように5種類のトリュフチョコレートが入っているのですが、パッケージも女性が喜びそうなオシャレなデザインですよね。(^。^)

左から順にホワイト、ブラック、カプチーノ、キャラメルソルト、プラリネです。



P_20170226_143216.jpg

包みを開けてみると、思っていたよりはちょっと小さかったのですが、密度が高そうな、どこか存在感のあるトリュフが出てきました。

完全に一口サイズの大きさなのですが、これは一口で食べてはいけないものだと思ったので、私はいつものようにナイフで切ってから食べることにしました。(-ε-)



P_20170226_143833.jpg

まずはホワイトから食べてみることにしたのですが、このトリュフは切り心地からしてちょっと違う感じと言うか、密度が高そうに見えてソフトな質感なんですよね。

しいて言えば、生チョコに近いと思うのですが、生チョコほどなめらかでもやわらかくもなく、いい意味でやや固くてマットな質感をしているんです。

早速食べてみると、まずこれはすごく甘いです。(゚∀゚;)

砂糖の塊かと思うくらいには甘かったのですが、それと同時にすごく濃い~ナッツの風味がしてきたんですよね~。

しかもその風味はちょっと今までに食べたことのないような個性的な風味で、ヘーゼルナッツってちょっと木っぽい風味がしますが、木は木でも最高級の木のかぐわしい風味と言うか、何だかただならぬ風味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚;)ノ オオッ!

トリュフの中にはヘーゼルナッツの粒が入っているのですが、ナッツのゴリゴリした食感ではなく、まるでシリアルのようなカリッとした軽快な食感なので、食べていて小気味がいい感じがするんです。(^。^)



P_20170226_143930.jpg

次にプラリネを食べてみたのですが、こちらはナッツの分量が多い分、ホワイトよりはかなり甘さは控えめで、ナッツの香ばしい風味がより一層するんですよね。

食感もより軽快なナッツの歯ごたえがして、とても美味しかったです。(^。^)

ただ、どうやらこれにだけ本物のトリュフも使われているようなのですが、そもそもヘーゼルナッツの風味がとても個性的なので、トリュフの風味はよくわかりませんでした。(゚∀゚;)



P_20170226_144035.jpg

これはキャラメルソルトですが、これにはヘーゼルナッツではなくアーモンドが使われているようなのですが、やはりただならぬ風味がするんですよね~。

キャラメルと塩の風味も独特で個性的な感じがしたので、そのせいでしょうか?



P_20170226_144110.jpg

こちらはカプチーノですが、カプチーノということでコーヒーの風味は穏やかな感じで、マイルドな感じさえしました。

また、これだけナッツの粒々感があまりなく、比較的なめらかな質感でした。



P_20170226_144147.jpg

最後にブラックですが、これだけ色が茶色いのでもしかしたらビターかなと思ったのですが、やはり甘いことには甘いですね。(゚∀゚)

それでも比較的甘さは控えめではあるので、甘いのが苦手な方にはこれがいいかもしれません。

ただ、今回のトリュフチョコレートに関しては、甘みがナッツの旨みを引き出している感じがしたので、すごく甘いホワイトはその分旨みも強かった気がしました。

また、混ぜ物の入っていないプレーンのタイプの方が、純粋にナッツの風味を味わえるので、より美味しいと思いました。

ということですが、全体的にどれを食べてもやはりただならぬ風味のするトリュフチョコレートで、こういう風味のチョコレートは今まで食べたことがなく、貴重な体験が出来たという感じがしました。

ちょっと個性的な風味なので、万人受けするかはちょっとわかりませんが、こだわり派の大人の女性などには喜ばれるのではないかと思いました。

ちなみに、私はただのクセものタヌキですけどね。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 22

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。