So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク


カップヌードル シンガポールチリクラブ。(^o^) ウマ~イ [おかず]

P_20170606_105936.jpg

カップヌードルシンガポールチリクラブです。

カップヌードルは色々なフレーバーが次から次へと発売されていますが、最近はエスニック系の変わったフレーバーが増えていますよね~。

私は辛くて変わったものが大好きですからね、こういう傾向は大歓迎なんですよね。(-ε-)



P_20170606_110052.jpg

ふたを開けてみると、具にはカニカマと卵のようなものが入っていました。

ここにお湯を入れて3分待ち、ふたの上にあったチリクラブペーストを加えれば普通に完成ですが・・・



P_20170606_113010.jpg

私は今回も汁なし麺にしてみました。(-ε-)

このラーメンはいかにも辛そうでしたからね、アツアツのスープで食べたら辛過ぎるんじゃないかと思ったので、とりあえずはあまり辛みを感じずに済む汁なし麺にしたんですよね。

カップ麺で汁なし麺を作る場合の基本的な作り方は、お湯を指定よりも少なめに入れて、1~2分して麺がほぐれたらすぐに取り出し、あらかじめ炒めておいた野菜などと合わせるだけです。

お湯を少なめにすると麺が少し濃い目の味になりますが、野菜などと合わせるとちょうどいい濃さになるんですよね。

戻す時間も短めにして麺を固めにしておけば、野菜と合わせた後にちょうどいいくらいの固さになるんです。

今回はチリクラブペーストが別に添付されていたので、これでもやし、納豆、卵を一緒に炒めておき、戻した麺と合わせました。



P_20170606_113056.jpg

早速食べてみると、まずこれは明らかにカニの風味がしてきたのですが、ちょっと日本にはないような独特の風味がしてきたんですよね。

おそらく魚醤などの風味だと思いますが、結構本格的なあちら方面の味がする感じがしましたね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

ベースの味はやはりカップヌードルの味がするのですが、予想以上にこのシンガポールチリクラブの味が再現されている感じで、とっても美味しかったんですよね~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

このラーメンには元々卵は入っていたのですが、さらに卵を加えたのと、納豆も入れてありますからね、まろやかさがかなり増していたので、辛味はあまり感じませんでした。



P_20170606_113135.jpg

ちなみに、これがお湯が少なめの濃い目のスープです。

これだとかなりすさまじい色をしていますが、これはトマトの色でもあるので、ものすごく唐辛子が入っているというわけではありません。

ただこの後、このスープだけをアツアツにして飲んでみたのですが、やはりかなり辛かったですよ。(゚∀゚;)

食べられないほど辛いというわけではありませんでしたが、程よい辛さで食べられる汁なし麺がおススメですね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 14

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました