So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク


2017年03月 | 2017年04月 |- ブログトップ
前の10件 | -

豆腐のオムライス風。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170429_123126.jpg
【レシピブログの「彩り華やか&かんたん朝ごはん」レシピモニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた GABANパプリカ<パウダー>とGABANフレンチハーブミックス<フリーズドライ> を使って、豆腐のオムライス風を作ってみました。

以前のレシピで豆腐のスクランブルエッグ風というのを作りましたが、それを改良して今度は豆腐でオムレツ風のものを作ってみたんです。

スクランブルエッグ風の時は豆腐と卵黄を使いましたが、卵黄だけわざわざ取り出すのはちょっと面倒なので、全卵でも出来るかどうか試してみたんですよね。

レンジで全卵を加熱するとボソボソの質感になって美味しくないというイメージがあったので、今まではレンジで作る料理に全卵を使うことはあまりなかったんです。

ただ、色々と混ぜ物をすれば出来そうな気がしたので、今回は豆腐+全卵+αで作ってみたのですが、これが結構いい感じに出来たんですよね~。(-ε-)

あくまでなんちゃってオムレツですが、レンジで簡単に出来るし、フライパンで作るオムレツのように技術もいらないし、見た目もそれらしくなってますよね?

ということで、とりあえずレシピです。(-ε-)


<材料>1人分 約330kcal
●コンビーフライス
ご飯・・・100g
玉ネギ・・・40g
コンビーフ・・・15g
塩・・・0.7g
パプリカ<パウダー>・・・0.7g
フレンチハーブミックス<フリーズドライ>・・・少々
コショウ・・・少々

●オムレツ風
絹ごし豆腐・・・60g
全卵・・・20g
スキムミルク・・・3g
マヨネーズ・・・3g
小麦粉・・・2g
塩・・・0.3g
ターメリック・・・少々

●トッピング
ケチャップ・・・10g
豆苗・・・10g


<作り方>
① 玉ネギをみじん切りにして器に入れ、スパイス類をまぶしたら、ふたをして500W のレンジで1分くらい加熱します。
② コンビーフとご飯も加えて、さらにレンジで1分くらい加熱してよく混ぜておきます。
③ 別の器にオムレツ風の材料を全て入れてよくかき混ぜ、ふたをして500W のレンジで1分くらい加熱します。いったん取り出してムラのないようによく混ぜ、さらに30秒くらい加熱してよく混ぜておきます。
④ お皿に②のご飯をラグビーボール型に盛り付け、③のオムレツ風を覆うようにのせます。ケチャップと豆苗をトッピングしたら出来上がりです。



P_20170429_123155.jpg

オムレツ風の加熱時間はあくまで目安ですが、全体がほぼ固まってくるまで加熱するといいと思います。

多少ゆるくても問題はないと思いますが、このレシピだとしっかり加熱したとしても、それほどボソボソにはならないと思うので、あまり神経質にならなくても大丈夫だと思います。

このレシピは小麦粉を少量加えてあるのがポイントで、これで豆腐から出る水分を固めつつ、卵のとろみっぽいねっとりとした感じも出しているんです。

豆腐+卵黄で作るよりも、かえって全卵の方が程よく固まってちょうどいい質感になった気がします。

ただ、前回もそうだったのですが、卵の量が少ないためにどうしても色が薄くなってしまうので、それをターメリックで補強したのですが、かえって色鮮やかになりました。(^。^)

また、マヨネーズとスキムミルクを加えることで、さっぱりとした豆腐にコクが加わっていると思います。

マヨネーズは今回カロリー65%オフのものを使いましたが、よりリッチにしたい方は普通のマヨネーズを使うか、マヨネーズの量をもう少し増やしてもいいかもしれません。



P_20170429_123324.jpg

もう一つ、今回試したかったのがこのご飯なのですが、これはコンビーフを混ぜ込んであるんですよね。

コンビーフはただご飯に混ぜるだけだと、どうしてもそのクセのある風味が気になってしまいますが、今回いただいたスパイスを使うことで、このクセを消せるんじゃないかと思ったんです。

フレンチハーブミックスはとても爽やかな香りがするし、パプリカはスパイシーな風味と赤い色も出ますからね、彩りもよくなってちょうどいいんじゃないかと思ったんです。

実際食べてみると、コンビーフのクセはほとんど気にならなくなっていて、むしろどこかオシャレっぽい風味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

スパイスを加えただけで、まるでどこかのお店のような風味になった感じがして、これは本当にスパイスサマサマだと思いました。(^。^)

ということで、風味にも彩りにも使える今回のスパイスはとても便利なので、これからもビシバシ使っていきたいですね。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

にしきやのウニソースパスタ。(-ε-) [おかず]

P_20170419_104931.jpg

にしきやのクリーム仕立てのウニソースです。

私の大好きなインドカレーを取り扱っているにしきやでは、カレー以外にもこのようなパスタソースなども取り扱っているんですよね。

ただ、今回食べたこのウニソースは随分前に買ったものなので、今はもう終売になってしまったらしく、売っていないんですよね~。(-ε-;)

贅沢なパスタソースなので、とっておきにと食べずにいたのですが、とっておき過ぎて賞味期限も過ぎてしまっていました。(゚∀゚;)

とは言え、にしきやのパスタソースですからね、賞味期限が多少過ぎても美味しさにそう変わりはないでしょうからね、食べてみることにしました。(-ε-)



P_20170419_111344.jpg

ウニソースには特に具材は入っていなかったので、自分でほうれん草と大豆を加えてみました。

パスタも至って普通のスパゲッティですが、おそらくソースが美味しいので、これでいいんじゃないかと思ったんですよね。



P_20170419_111405.jpg

早速食べてみると、当たり前ですが、やはりこれはウニの風味がしてきましたね~。

ウニなんて滅多に食べませんからね、この独特の海鮮風味はやはり贅沢な感じがしますよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

市販の安いウニ風味の調味料などだと、な~んかうさん臭い風味がすることもありますが、(゚∀゚) こちらは本物のウニの風味がしっかりと効いている感じでした。

野菜を加えてしまったせいか若干ソースが薄まってしまい、クリームの濃厚さは思っていたほどはなかったのですが、それでもマイルドな風味とちょっとオシャレな風味がして美味しかったです。(^。^)

にしきやの商品はインドカレー以外はものすごく美味しいというわけではないと思うのですが、化学調味料などの不自然な味は一切なく、どこか丁寧に作られているのがわかるような味なんですよね。

このウニソースはもう売っていませんが、他にも美味しそうなパスタソースがいくつかあったので、またの機会に何か買ってみたいと思いました。(^。^)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

にしきや クワトロフォルマッジ 1人前(130g)
価格:392円(税込、送料別) (2017/4/28時点)



スポンサーリンク


nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トゥエンティーフォー ブラックバード ボリビア。(´~`) ナメナメ [おやつ(海外)]

P_20170401_095836.jpg

トゥエンティーフォー ブラックバードというメーカーの ボリビアというカカオ分75%のチョコレートです。

このチョコレートは先日紹介したチョコレートと一緒に買ったものなのですが、もう一種類買ったものも含めて、全部アメリカのメーカーのチョコレートなんですよね。

アメリカのチョコレートっていうと、何だかジャンクでマニアックな風味の甘~いものを想像してしまいますが、(偏見?(゚∀゚)こういうカカオ豆にこだわったチョコレートももちろんあるんですよね。(-ε-)



P_20170403_153441.jpg

ちょっと頼りなげな素朴な紙のパッケージを開けると、さらに和紙のような質感の紙に包まれていました。

今回のものは高級感があるという感じではありませんが、こういう何気ないパッケージの雰囲気も大事ですよね。(-ε-)



P_20170403_153503.jpg

中身はシンプルなチョコレートですが、メーカーのロゴが入っていました。

ただ、メーカーの名前が長すぎるからか、全部の文字は入っていませんね。(゚∀゚)



P_20170403_153538.jpg

早速食べてみましたが、これは前回のチョコレートとは全く違い、とても落ち着いた味がしました。

ややフルーティな香りがしていたのですが、味に酸味はあまり感じられず、カカオ分75%にしては苦味も少ないように思いました。

少しスモーキーな風味もあるのですが、どの風味も穏やかで強くない感じなので、際立った特徴はない感じでした。

また、質感は少しマットというか、若干ざらつきがある感じではあるのですが、このパッケージからイメージされるような、素朴だけどどこか洗練された感じもするというイメージと合っていて、特にマイナスな要素ではなかったですね。

ということで、今回のチョコレートは強烈なインパクトなどはなかったものの、カカオ豆本来の風味が感じられる美味しいチョコレートだったので、機会があればまた別の種類も食べてみたいと思いました。(^。^)

ただ、今年はもう終売なのか、私が買ったお店ではもうこのチョコレートは売っていませんでした。∑(゚д゚lll)ガーン


スポンサーリンク


nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コンビーフパンケーキ。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170424_113734.jpg

iHerb(アイハーブ)で買ったコーンブレッドミックスを使ってケークサレのようなものを焼いてみました。

ということで、本当はこのコーンブレッドミックスの紹介をしようと思っていたのですが、この商品は販売終了になってしまっていて、現在ではもう買えないんですよね~。(-ε-;)

このミックス粉を買ったのは去年なのですが、半年も経ってしまうとiHerb(アイハーブ)の商品は終売になってしまうことも多いんですよね。

これ以外にもリピートしようとしたミックス粉が販売終了になっていたので、気に入った商品はある程度まとめ買いをしておいた方がいいのかもしれませんね。



P_20170424_113950.jpg

今回使ったミックス粉には砂糖は入っておらず、少し塩が効いたものだったので、ケークサレに使ってみようと思ったんですよね。

ケークサレなどと気取っていますが、平たく言えばこれはおかずパンケーキですね。(-ε-)

いつもは大豆と何かしらの野菜を入れて作ることが多いのですが、今回は賞味期限の切れたコンビーフを使わなければと思っていたので、パンケーキに使ってみたらどうかと思ったんです。

コンビーフは一応牛肉だし、油脂もそこそこ含まれていますからね、パンケーキには合うんじゃないかと思ったんです。

野菜は今回は春キャベツを使っています。刻んでレンジで軽く加熱してから他の材料と合わせて、100円ショップで買った150円のミニフライパンごと魚焼きグリルで焼いてみました。

どうして普通のパンケーキのようにフライパンで焼かなかったのかと言えば、このミックス粉はコーンミールがたくさん入っているので生地がもろく、大きいサイズのものをフライ返しで裏返そうとすると、生地が崩れてしまうんです。(-ε-;)

ですので、裏返さなくて済む両面焼きグリルで弱火で8分くらい焼きましたが、普通の型に入れてオーブンやトースターでも出来ると思います。

こうしてできたコンビーフ入りのパンケーキですが、これはちょっと予想していなかったハンバーグのような風味がしたんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

コンビーフは結構味にクセがあるので、何に使ってもイマイチ美味しいとは思えなかったのですが、今回ハーブを効かせたせいもあるかもしれませんが、コンビーフのクセは全く気にならず、代わりに牛肉の風味と旨みだけが出た感じになったんです。

コンビーフの分量が少なめだったので、ややあっさりしてハンバーグ風味も弱めでしたが、もう少し分量を増やしたら、もっとハンバーグっぽい味になるかもしれないので、これはまたリベンジしてみようと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ディックテイラー クラフトチョコレート グアテマラ ランキン。ヽ(`д´;)ノ ヌォォッ!! [おやつ(海外)]

P_20170401_095805.jpg

ディックテイラーというアメリカのメーカーのグアテマラ ランキンというカカオ分70%のチョコレートです。

このチョコレートを最初に見かけたのはもう3~4年前でしょうか、このすごくオシャレなパッケージにまず惹かれたのですが、チョコレート自体もビーントゥーバーのこだわりのあるチョコレートのようだったので、すごく興味があったんですよね。

ただ、このチョコレートは 57gで1,620円 とかなり値段が高いので、(ノ゚⊿゚;)ノ ゲッ! 今まで買えずにいたのですが、先月これがなんと40%引きで売っているのを見つけ、これはもう自分の誕生日にかこつけて買うしかないでしょ!と、たまっていた楽天ポイントを全部つぎ込んで買ってしまいました。(゚∀゚)



P_20170403_152944.jpg

パッケージの表面もステキですが、裏面にもこのような味のある鳥さんのイラストが描かれていました。(-ε-)

紙の質感もちょっとざらっとした凹凸が付いていて、こういうところも何気に高級感があるんですよね~。



P_20170403_153213.jpg

中身はこのようなシンプルな金の包み紙で包まれていました。



P_20170403_153109.jpg

そしてこの包みを開けると、これはもう今まで見たことのないくらい、繊細で凝った模様が彫られたチョコレートが出てきたんです!ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

これはもうアンティークのドアか!?などと思ったのですが、このチョコレートを作った人は何と元家具職人ということで、こういう造形にもこだわっているのかなと思いました。



P_20170403_153805.jpg

割るのももったいないようなチョコレートだったのですが、まさか食べないで飾っておくわけにもいかないので、(゚∀゚;) 早速食べてみることにしました。

すると、まずこれは包みを開けた瞬間から、このチョコレートの味をほうふつさせるようなすごく華やかで酸っぱい香りがしていたのですが、実際食べてみてもその通りのとてもフローラルでフルーティーな風味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

大雑把な分類で言えば、これは間違いなく酸味系のチョコレートなのですが、この酸味がかなりただならぬ感じで、酸味の強さも風味もこれほどはっきりしているものは今まで食べたことがないかもしれません。ヽ(`д´;)ノ

かなり強い酸味ですが、これはただ酸っぱいだけではなくて、とても複雑な花やフルーツの風味がするんですよね~。

説明にはプルメリアを感じさせるフローラルな香り、ブラックベリーやピーチのような甘みがあると書いてあったのですが、残念ながら私はプルメリアの香りを嗅いだことがありません。(-ε-;)

ただ、私が知っている風味でこれにとても似ていると思ったのは、マヌカハニーの風味です。

マヌカハニーには独特な風味と甘みがありますが、あのちょっと個性的な風味と、このチョコレートを食べた時に鼻に抜ける風味がすごく似ているんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

そういう個性的な風味や色々な花やフルーツの風味が次から次へと押し寄せてきて、これでもかというカカオ豆の風味にノックアウト寸前になりましたね~。(゚∀゚;)

また、このチョコレートはとてもなめらかで透明感すら感じるような質感なのですが、ややねっとり感のある濃厚な感じもするので、この質感と強い酸味は先日食べたドモーリのカカオ分90%のチョコレートに似ていると思いました。

ドモーリの方が強烈さと圧倒的な存在感があると思うのですが、カカオ豆のフローラル、フルーツ感はこちらの方が豊かな感じなので、こちらもかなり印象に残る風味のチョコレートだと思いました。

ということで、今回のチョコレートは思っていた以上に素晴らしいチョコレートだったので、すごく高いですが、その分の価値は十分にあると思いました。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トロンチーニ・アッラ・マンナ。(^。^) [おやつ(海外)]

P_20170324_160429.jpg

先月の誕生日にいただいたトロンチーニ・アッラ・マンナです。

トロンチーニというのは、ハチミツや卵白を練ってナッツなどを混ぜ込んだイタリアの伝統的なお菓子で、ネチッとした食感が特徴のいわゆるヌガーのようなものです。

私はこのトロンチーニがとても好きなのですが、大抵は値段がすごく高いので、誕生日にお願いでもしない限り、なかなか食べられない高級なお菓子なんですよね~。

特に今回いただいたものにはマンナという天然甘味料が使われているのですが、これはシチリアのごく一部でしかとれない希少なものなんだそうです。ヽ(゚Д゚ )ノ ヘェ~

こんな珍しくて高級なものを食べる機会は滅多にありませんからね、ありがたく食べてみることにしました。(-ε-)



P_20170329_152803.jpg

箱の中には個包装になったものが大きなビニール袋にどさっと入っていました。



P_20170329_152907.jpg

袋の中にはこのようにアメちゃんのように包まれたものが10個入っていました。

アメちゃんにしてはかなり大きくてきらびやかですけどね。(-ε-)



P_20170329_152949.jpg

包みを開けてみると、長方形に成形されたトロンチーニが出てきましたが、ややいびつな形は手作り感があっていいですね。(^。^)

大きさは2cm×2cm×4.5cmくらいあるので、一口サイズではありませんね。



P_20170329_153028.jpg

ということで、ナイフで切ってみたのですが、これは断面がとってもきれいなんですよね~。(^。^)

たっぷりのアーモンドとピスタチオが練りこまれているのですが、特にこのピスタチオの緑はとても鮮やかで、食べる前からテンションが上がりますよね~。(人´∀`)

早速食べてみると、まずこれはヌガーにしてはそれほどみっちり、ネチッとはしておらず、噛んで食べても食べやすいんですよね。

ヌガーというかトロンチーニはものよってはもっと固くて歯にくっつくタイプのものもありますが、これはどちらかと言えばマットな質感でした。

肝心の味ですが、香ばしいナッツの風味に加えて、とてもいいバニラの香りもしてきて、これはまるで高級なカスタードプリンでも食べているかのような風味がしました。(*´∀`*)

甘みは結構強いのですが、マンナの風味なのかどこか上品な甘みのように感じるので、紅茶やコーヒーと一緒に食べるとよく合うと思います。

先日食べたトリュフチョコレートとイメージはよく似ていますが、あちらはチョコレートでこちらはヌガーですからね、食感も味もやはり少し違うので、それぞれの美味しさがあると思いました。

ということで、今年の誕生日はイタリア三昧になりましたが、イタリアのお菓子は甘いけど美味しいものが多いですね。私のように美味しいものに目がない食いしん坊が多いんでしょうかね~。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

てらおか風舎の能登牛ハヤシ 。(´~`) ウマウマ [おかず]

P_20170413_102248.jpg

アマゾンで買ったてらおか風舎の能登牛ハヤシ です。

これはカレーではなくハヤシということですが、まあ系統は同じような食べ物ですからね、これもセールで半額近くになっていたので試しに買ってみたんです。(-ε-)



P_20170413_115251.jpg

盛り付けもいつものカレーと同じような感じにしてみました。

ハヤシなのでやや赤みがかったルーと、春キャベツの黄緑色のコントラストが思いの外きれいに出ました。(^。^)



P_20170413_115427.jpg

ご飯には大豆たんぱくも混ぜ込んでありますが、ターメリックを少し加えてあるので、より色が鮮やかになりました。



P_20170413_115504.jpg

見た目や質感はカレーに似ていますが、ハヤシということでこれはトマトベースのルーにスライスされた牛肉が入っているということでした。

市販のハヤシライスのルーは変に甘いことが多いので、これもちょっと警戒して食べてみたのですが、まずこれはかなり濃厚な味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

おそらく牛肉の脂が溶け出しているからだと思いますが、私は比較的さっぱりとしたハヤシを想像していたので余計に濃厚に感じました。

カロリーの表記がなかったのですが、これだと結構カロリーの高いカレーと同じくらいはありそうですね。(゚∀゚;)

味も甘みはそれなりにあるのですが、野菜の自然な甘みという感じなので甘過ぎることはなく、砂糖でつけたようなわざとらしい甘みでも嫌な甘みでもないんです。

甘みがあるので酸味は控えめで食べやすく、これなら大人でも子供でも美味しく食べられそうです。(^。^)

お肉は牛のバラ肉でしょうか、トロットロにとろけているので形としてはあまり残っていませんが、牛脂の旨みと甘みが溶けだしている感じなので、とっても美味しいんですよね~。(*´∀`*)

ということで、これは予想以上にかなり美味しくリッチな味だったので、定価の800円でも決して高くはないかもしれません。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

iHerb(アイハーブ)のスウィートチリ&サワークリーム ビーンチップス。(^。^) [アイハーブ]

P_20170413_101529.jpg

iHerb(アイハーブ)で買ったBeanitos, ホワイトビーンチップス、スウィートチリ&サワークリーム、5.5オンス(155オンス) です。

これはスウィートチリ&サワークリームフレーバーのビーンチップスです。

以前に買ったこのメーカーのチーズスナックがとても美味しかったので、今度はこのビーンチップスも試してみようと思ったんです。(-ε-)



P_20170413_153924.jpg

155g入りなので外袋も結構大きいのですが、中身は1辺が7㎝もあるかなり大きな三角形のチップスなんですよね~。ヽ(゚∀゚;)ノ デカッ!

厚みはよくあるポテトチップスとあまり変わらない感じで、ややマットな感じの質感をしていました。



P_20170413_154015.jpg

食べる前から匂いが結構強いというか、ジャンクフード的なとてもいい匂いがしていたので、化学調味料を使っているのかとも思ったのですが、そういうものは一切使われていないようです。

早速食べてみると、これは海外のスナック菓子にしては味がはっきりしていて、日本のスナック菓子に近いような味がしたんです。

iHerb(アイハーブ)で取り扱っているスナック菓子は、化学調味料などの不自然な味がしないのはいいのですが、味が薄くてどこか物足りないことが多いんですよね。

でもこれは自然な風味ではあるけど、塩味や酸味、素材の風味が比較的しっかりと付いているので、物足りないどころか、とっても美味しいんですよね~。(^。^)

スウィートチリなので甘みがあってそれほど辛くないし、サワークリームなのでどこかまろやかさもあって酸っぱすぎることもないので、日本人でも食べやすい味じゃないかと思いました。

見た目が少しマットな感じでしたが、油っこさもあまり感じなかったので、これは私はかなり気に入りました。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

どうやらこのメーカーの商品は私に合っているようなので、また次回に何か買ってみようと思います。(^。^)

Beanitos の商品はこちらから。


iHerb(アイハーブ)で初めて買い物をする方は、以下のプロモコードをクリックするか、買い物カートのプロモコード欄に入力して、その右側にある利用するボタンをクリックして下さい。初回限定で5ドル割引きになりますよ。(^。^)

プロモコード SAVE2017

スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

デニーズのアボカドベーコンハンバーグ マスタードクリーム。(-ε-) [食べ歩き]

KC4600170001.jpg

今日は久しぶりに外出したので、お昼をデニーズで食べることにしました。

デニーズでは現在ハンバーグフェアをやっていて、すごく美味しそうなハンバーグが色々あったので、どれか食べてみたいと思っていたんですよね。

今日は母と一緒だったので、2人で違うものを頼んで半分ずつにしようということになり、1つはこのアボカドベーコンハンバーグ マスタードクリームにしたんです。

名前の通り、これはハンバーグにベーコンとアボカドがトッピングされていて、そこにクリーミィーマスタードソースがかかっているという、とてもリッチなハンバーグなので、油っこいものが好きな母もこれは即決していました。(-ε-)

ということで、写真はすでに半分に分けてしまった状態ですが、これだけ豪華にトッピングされていると、見るからに美味しそうなんですよね~。(*´∀`*)

危うく写真を撮るのを忘れて食べ始めてしまうところでしたから。(゚∀゚;)



KC460018.jpg

もう一品はランチメニューにあったチキンシーザーサラダにしました。

最初はハンバーグメニューを2つにしようと思ったのですが、それだとちょっと重くなりそうだったので、片方は比較的軽めのサラダメニューにしたんです。

こちらはすでに母が食べ始めてしまっていたので、盛り付けは崩れてしまっていますが、(゚∀゚;) こちらもきれいな盛り付けで見た目からしても美味しそうでした。

こちらは中くらいの鶏もも肉の唐揚げが3個、固ゆでの卵が4等分にされていて、あとはチーズのクルトンのようなものもトッピングされていました。



KC460020.jpg

早速ハンバーグの方から食べてみたのですが、まずはナイフで切った時に、肉汁がジュワ~っと流れ出てきたんですよね。ヽ(゚Д゚ )ノ ジュワッ!

切り心地からして弾力がある感じだったのですが、食べてみるとハンバーグは結構みっちりとした質感をしていました。

これはつなぎが少なくて肉の割合が高いということだとは思うのですが、私はこういうみっちりしたものよりも、お肉が粗びきで玉ネギがたっぷりと入っているような、どちらかと言えばふわっとした感じのものが好きなんですよね。

それにこのハンバーグはオーストラリア産の牛肉と国内産の豚肉を使っているということですが、豚肉の割合の方が多い感じの味でした。

私はやはりハンバーグは牛肉の味が強いものの方が好きなので、これだと質感から味から肉団子のような感じがしてしまい、あまり好みのハンバーグではありませんでした。(-ε-;)

ただ、このマスタードソースはコクがあってマイルドでクリーミィーな中にも、酸味が結構効いている感じだったので、これはかなり私が好きな味で美味しかったですね。(^。^)

ベーコンは普通に美味しいのですが、この塩気なのかソースの味が濃いのか、全体的に私には少し味が濃く感じました。

しょうゆ系の味ならこのくらいでもいいのかもしれませんが、クリームソースの場合はもう少し味は薄い方がマイルドさをよく味わえると思うんですけどね。(-ε-)

あと、アボカドはあまり熟れていない感じだったのですが、これはおそらく見栄えのためにやむを得ななくこういうものを使っているんでしょうね。

バナナなどもそうですが、熟れて食べ頃の状態だと色や質感が変質してしまって、そういうものを出してはかえって苦情が出るんでしょうからね、これは仕方がないのかなと思います。もちろん、普通に食べられる程度には熟れていましたが。



KC460019.jpg

チキンシーザーサラダの方は、この唐揚げがとてもやわらかくてジューシーな感じで美味しかったですよ。(^。^)

シーザードレッシングの味もクリーミィーでマイルドで美味しく、一緒に食べた石窯ブールにも合っていました。

ドレッシングの味が少しハンバーグとかぶってしまった感じでしたが、こちらはチーズの風味もあったのと、やはりメインが全然違うので、全体的にはあまりかぶっている感じはしなかったのでよかったです。

ということで、久しぶりのデニーズは結構美味しかったのですが、個人的な好み(オババの好み?)としては、もう少し味を薄めにして、ソースなどの油分は大幅に抑えて欲しい気がしました。

ハンバーグも唐揚げも油脂がたっぷりと含まれていますからね~。ソースやドレッシングはノンオイルでいいんですよね。

サラダの場合はドレッシングが選べることもありますが、ハンバーグで選べる10種のソース!なんてやってくれるとすごくうれしいんですけどね。(-ε-)

スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

明治 ザ・チョコレート 深遠なる旨味抹茶。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! [おやつ(国内)]

P_20170413_155935.jpg

明治 ザ・チョコレートの深遠なる旨味抹茶です。

明治 ザ・チョコレートはかなり人気のようですが、まさかまた新作が出るとは思っていなかったので、この抹茶が発売されるのを知った時はすごく驚きました。

抹茶は私がかなり好きなフレーバーなので、これはもう絶対買うぞ!と、いつもは特売になるまで待つ私が、発売日翌日にはコンビニで買ってしまいました。(-ε-)



P_20170413_160003.jpg

外箱や中身の袋のデザインは基本的に今まで販売されているものと同じですが、外箱の茶せんと湯呑みのイラストが何気にかわいいですよね。(^。^)



P_20170413_160207.jpg

そして中身ですが、これは以前に食べたジャンドゥーヤと同じデザインですね。

デザインは同じですが、こちらは濃いカーキ色という感じの、茶色と緑が混ざったような渋い色をしていました。

ジャンドゥーヤは、チョコレートの間にジャンドゥーヤが挟んであるという3層構造でしたが、こちらはダークミルクチョコレートの層と、ダークミルクチョコレートに抹茶を練り込んだ層の2層構造になっているんですよね。



P_20170413_160615.jpg

割ってみると確かに断面が2層になっているのがわかりますが、(写真向かって右側。)この2層の接着が弱いのか、割ると2層が分かれてしまうことが多かったです。(写真向かって左側がダークミルクチョコレートの層、真ん中が抹茶を練り込んだ層。)

ただ、この方が2層をあえて分けて味わいたいという私には、かえってちょうどよかったんですけどね。(-ε-)

ということで、まずはこの一体化している部分から食べてみたのですが、このチョコレートは思いの外濃厚でしたね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

抹茶フレーバーだと少しさっぱりしているのかとも思ったのですが、これはむしろ濃厚な部類に入る感じで、まったりと濃厚な味わいなんですよね。

最近は随分とあたたかくなってきたので、もしかしたら時期的な感じ方の違いでより濃く感じたのかもしれませんが、濃厚なのは間違いないですね。

また、これはカカオ分は58%なので、どちらかと言えば甘いと思っていたのですが、これ結構ビターなんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

ダークミルクというだけあって、確かにミルクのまろやかさがあるのですが、砂糖の配合は少なめなのでしょうか、カカオ分以上にビターに感じるんです。

最初は抹茶の苦味も効いているからかなとも思ったのですが、この2層に分かれているダークミルクチョコレートの層だけ食べてもやはりビターでした。

肝心の抹茶の味も、これは香料などのうさん臭い風味などは全くしない、本物の渋くて深い抹茶の風味がちゃんとしましたよ~。(^。^)

抹茶のいい意味での苦味も効いていますが、同時にまろやかさもあるので、ただビターなだけではないんですよね。

また、この抹茶風味はチョコレートの風味に負けることはなく、かと言って目立ちすぎることもなく、絶妙なバランスで仕上がっていると思いました。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

抹茶の風味があるので、チョコレートの風味はカカオ豆本来の風味がはっきりとわかる程ではないのですが、高品質なカカオ豆を使っているんだろうな思える美味しさがありました。(^。^)

ということで、今回の抹茶フレーバーも私が思っていた以上に美味しかったので、多分リピートしてしまうと思いますが、こうなると今からすでに次の新作を期待してしまいますね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -
2017年03月 |2017年04月 |- ブログトップ