So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


レンジでピー夏バターカレー。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170804_122018.jpg

引っ越しのドタバタで今年は未だにタイカレーやインドカレーを買っていないのですが、やはり暑いと日本のカレーではなく、そちら方面のカレーが食べたくなりますからね、今回は自分でそれらしいカレーを作ってみることにしました。(-ε-)

タイトルにピー夏バターカレーと書きましたが、これはルーにピーナッツバターを使っているのと、野菜にきゅうりとコーンを使ったので、夏野菜カレーという感じがしたからです。



P_20170804_122219.jpg

ご飯が薄紫色をしていますが、これは黒米が混ざっているからです。

黒米は白米に混ぜて炊くと紫色になるので、ちょっと変わった雰囲気のカレーには見た目にも合っているんじゃないかと思ったんですよね。

また、白くて粒々しているものが混ざっていますが、これはおからパウダーです。

ピーナッツバターカレーはちょっとしつこそうにも思ったので、一応ご飯にはおからパウダーを混ぜて、さっぱりさせようと思ったんですよね。



P_20170804_122112.jpg

今回のカレーは一応一から手作りしてはいますが、相変わらずのレンジを使った簡単ズボラカレーです。(-ε-)

手抜きと言えばまあその通りなのですが、(゚∀゚) 1人分のカレーを作るにはレンジの方が早いし、私が作るオリジナルのカレーはちょっと変わっているので家族は食べませんからね、レンジで作ることの方が多いんですよね。

レンジで作るカレーはこの辺にもレシピを書いていますが、プルーンピューレなどはなくても、基本的にカレー粉と適当な野菜があれば作れちゃうんですよね。(-ε-)

今回のカレーは油脂にピーナッツバターを使ったのですが、ピーナッツバターにはコクと旨みがありますからね、普通のサラダ油などを使うよりは濃厚な味が出るんですよね。

タイカレーにもピーナッツを使ったカレーがありますが、今回はそういうイメージにしたかったので、ちょっと反則なんですが、市販のトムヤムクン風調味料なども使っています。

最近では日本でもタイ料理がすっかり定着している感じなので、こういう調味料も簡単に手に入るようになりましたよね。1人分のなんちゃってタイカレーを作る分にはこういうものは本当に便利なんですよね。(-ε-)

ということで15分もあれば出来てしまうこのレンジカレーですが、それでも味は結構美味しかったですよ。

やはり決め手はピーナッツという感じで、ピーナッツ独特の香ばしさとコクが加わって、良く言えば濃厚、悪く言えばちょっと暑苦しいカレーでしたね。(゚∀゚;)

今回は小麦粉も使ってとろみをつけているのですが、サラッとした質感にしていれば、もう少しさっぱりとしたタイカレーらしくなったのかもしれません。

ということで、今回のカレーも多少うまくいかなかったところはあるのですが、レンジで作るカレーのいいところは、簡単に作り直すことが出来るという点です。

カレールーだけなら5分~10分で作り直すことが出来ますからね、レシピの試行錯誤をするのにもレンジカレーはおススメですね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理