So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


おやつ(海外) ブログトップ
前の10件 | -

love chock オーガニック ローチョコレート パイナップル/インカベリー。(-ε-) [おやつ(海外)]

P_20170927_142214.jpg

楽天市場で買ったlove chock オーガニック ローチョコレート パイナップル/インカベリーです。

今回これは賞味期限間近の訳あり品として売っているのを見つけ、定価よりもかなり安く買うことが出来たんですよね。(-ε-)

ただ、訳あり品ということで品質は大丈夫かと多少心配だったのですが、メール便で送料無料ということもあり、試しに買ってみることにしたんです。



P_20170927_142313.jpg

これは定価だとちょっと高級な部類のチョコレートになるので、外箱も凝っていてとってもかわいいんですよね~。(^。^)

正規品だったら友達などへのプレゼントにもいいかなと思える感じですよね。

ただ、おそらくこれは去年までのデザインなので、今年のこの商品はちょっとデザインが変わっているようです。(以下のリンクが今年の商品です。)






P_20170927_142532.jpg

中身はこのように4分割されてはいますが、分厚くてぶっといバー状のチョコレートでした。

箱のデザインはかわいいですが、分割したとしても一口で食べるサイズではないと思います。(゚∀゚)

カカオ分は81%ということで、かなり濃い茶色をしていますが、表面がブルーム現象を起こしているような感じで、少し白っぽく粉を吹いたような感じになっていたんですよね。

ただまあ今回は訳あり品ということで、このくらいだったら仕方がないかなという気はします。



P_20170927_142654.jpg

分割線から割っても大きすぎるので、私はいつものようにナイフで切ってみました。

すると、これは思っていた以上に具が多く、インカベリーとパイナップルのドライフルーツらしきものがたくさん入っていました。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

早速食べてみたのですが、これは食感も思っていたのとは違って、何だかザラザラした質感だったんですよね~。

チョコレートは普通は口の中に入れれば数秒で溶け出しますが、これはなかなか溶けないし、なめらかな質感でもないんです。

ローチョコレートだから普通のチョコレートのようななめらかな口どけではないのかもしれませんが、もしかしたらこれは劣化して質感が変わってしまったのかなという気もしました。(-д-;)

モディカチョコレートなどは砂糖の粒がそのまま残っているので、こんなような質感をしているのですが、今回のものはそういうのとはちょっと違う気がします。

正規品を食べていないので何とも言えないのですが、これは本来の質感ではない可能性があると思います。

ただ、そもそもこのチョコレートは具が多いので、口の中でゆっくり溶かして食べるよりは噛んで食べる方がいいと思うので、噛んで食べる分にはこのザラザラした質感はあまり気にならないんですよね。

味もインカベリーやパイナップルの甘酸っぱい味がしますが、インカベリーの酸味が甘みよりも勝っているのと、チョコレート自体はカカオ分81%なので、全体としてもかなり甘さは控えめでした。

ということで、やはりチョコレートの訳あり品は要注意ですね~。今年は前にも一度見切りで買ったチョコレートが変質していたということがありましたからね、安いからと言って安易に飛びついてはダメですね。(゚∀゚;)

ちなみに、私が買ったフレーバーの訳あり品はもう売っていないのですが、別のフレーバーがやはり訳あり品として安く売っていたので、買う場合は劣化している可能性があることも覚悟で買った方がいいですよ。(-ε-;)




スポンサーリンク


nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

リトルハートミューズリー クランベリー。(^。^) [おやつ(海外)]

P_20170903_141027.jpg

業務スーパーで買ったリトルハートミューズリー クランベリーです。

このシリアルはこれも含めて3種類売っていたのですが、どれも小さなハート型をしていて見た目にもとてもかわいく、値段も100gで158円とお手頃だったので、試しに1つ買ってみたんです。(-ε-)



P_20170906_130710.jpg

箱の中身はこのように袋に入っているのですが、海外のシリアルにしては量が少なめなので、日本人にはちょうどいい量じゃないかと思います。



P_20170906_130915.jpg

シリアルはどれもこのようにほぼきれいなハート型をしていました。(^。^)

海外の食べ物は形も無造作というか、いびつなものが多いですが、(゚∀゚) これはまるで日本で作られたかのようなきれいな形をしていました。(原産国はチェコとありました。)

オーツ麦をメインにクランベリーを混ぜ込んでシロップで固めた感じですが、食べてみるとまずこれは意外にもあまり甘くなかったんですよね。

海外のお菓子は大抵はかなり甘いので、これもそうじゃないかと思っていたのですが、これは甘さ的にも日本人向けな感じがしました。

食感も海外のお菓子やシリアルにありがちなグニッとした感じではなく、サクサクとした歯応えのいい食感なんです。

指先でつまめる程度の小さな大きさというのもあり、これはついついパクパク食べてしまう感じなんですよね~。(゚∀゚;)

ただ、最初はあまり気にならなかったのですが、食べているうちに少しだけ海外っぽい風味がしたというか、どこかクセのある風味がしてきたんですよね。

それほど気になるわけではなかったのですが、やはり海外のお菓子かなという感じはしました。

ということですが、これは私は結構好きな感じだったので、また違うフレーバーも買ってみようと思います。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

ココナッツウェハース。(^。^) [おやつ(海外)]

P_20170903_141040.jpg

業務スーパーで買ったココナッツウェハースです。

これはタイ産のお菓子ですが、東南アジア方面の食べ物は結構美味しいことが多いので、これも100gで88円と激安だったこともあり、試しに買ってみることにしました。(-ε-)



P_20170904_154814.jpg

箱の中身はこのように個包装になったものが3袋入っていました。

アメリカやヨーロッパのお菓子はこのくらいの容量だと、ドサッと一袋に入っていることが多いのでちょっと困りますが、東南アジアのお菓子は比較的個包装なことが多いので、その点は日本人向けでいいですよね。



P_20170904_154924.jpg

袋の中には食べやすいサイズのウェハースが6個入っていました。

見た目は普通のプレーンのウェハースのような感じですが、この時点でココナッツの香りがフワッと香っていました。



P_20170904_154949.jpg

な~んか甘そうだなあと思いつつも、とりあえず食べてみると、まずこれは意外と上品な風味がするんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

もう少しココナッツのクセのある風味がするのかと思ったのですが、サンドしてあるクリームはジャンクでもなくクセもなく、甘さもそれほど強くないので、クリームだけだったらむしろちょっと高いお菓子のような気さえしました。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

ただ、ウェハース生地はちょっと安っぽい感じでしたね。よく言えば軽くて食べやすいのですが、どこかスカスカな感じというか、クリームが良く出来ているのに対して、生地はごくごく普通な感じがしました。

とは言え、88円という値段を考えると、これはかなり良く出来ている感じがするし、味も十分美味しいとは思ったので、これならまたそのうち買ってみたいなと思いました。(^。^)


スポンサーリンク


nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

ポテトクリスプ サワークリーム。(´~`;) アマイ? [おやつ(海外)]

P_20170820_145700.jpg

業務スーパーで買ったポテトクリスプ サワークリームです。

業務スーパーというのは神戸物産が運営している激安スーパーで、日本の食材以外にも輸入食材を多く取り扱っているので、いかにも私も向けなスーパーなんですよね。(-ε-)

私も以前に一度だけ行ったことがあったのですが、家からかなり遠く、自転車で行くにはちょっと無理があったので、もう何年も行っていなかったんですよね。

それが今回の思わぬ引っ越しで、業務スーパーが自転車で5分くらいで行けるところにあることが判明し、これはもう行かない手はないと、早速この間行ってきたんですよ~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

そうしたらもう、色んな食材が安い安い!豆腐や納豆、生めん類なんかは近所のスーパーの特売よりもさらに安かったですからね、買いだめしてきましたよ。(-ε-) ムホホ

粉類とか調味料なんかも安かったですね、うちで必須のものがかなり安かったので、これからは結構通うんじゃないかと思います。



P_20170820_145755.jpg

ということで、今回はとりあえず私の大好きな輸入菓子を中心に買ってきたのですが、これはマレーシアのお菓子なんですよね。

サワークリームと書いてあり、私はポテトチップスの中ではサワークリームオニオン味が一番好きなのと、マレーシアのお菓子は比較的良く出来ていて美味しいことが多いので、これも試しに買ってみたんですよね。

外袋はいかにも海外のお菓子という感じですが、このように個包装になっているところは日本向けな感じですよね。



P_20170823_154742.jpg

中身もこのようにとてもきれいな形と質感をしたものが入っていて、これだと日本の品質と同じくらいに良く出来ている感じです。(^。^)

1袋にはこれが5枚入っていて、それが6袋入っています。



P_20170823_154821.jpg

見た感じだと、ややマット系のポテトチップスに見えたのですが、食べてみると軽くてサクッとしたとても歯応えのいい食感ですが、やはり少しモフッとした感じがしました。

私は油脂の透明感のあるポテトチップスよりは、こういうやや厚手でマットな感じのポテトチップスの方が好きなので、これはかなり好きな食感でした。

ただ、肝心の味が何とも微妙な感じなんですよね~。(-ε-;)

これはサワークリームと書いてあるので、当然おかず味だと思って食べたのですが、何だか甘いというかクッキーのような風味がしたんですよね。

確かに適度に塩も効いていてサワークリームオニオンっぽい風味もするのですが、それと同時にバニラのような風味というか、東ハトのハーベストのような、明らかに甘い焼き菓子の風味がするんですよね~。(゚∀゚;)

この風味がどちらかだけだったら、間違いなく美味しいと感じたと思うのですが、なぜこの2つの風味を一緒にした!?という感じなので、美味しいことには美味しいのですが、とても違和感のある味だと思いました。(-ε-;)

確かもう一つ違うフレーバーが売っていたと思うので、今度行った時に売っていたら、そちらを試してみようと思います。(-ε-)

スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

タロイモチップス。(´~`)モグモグ [おやつ(海外)]

P_20170824_154321.jpg

楽天市場のティラキタというお店で買ったタロイモチップスです。

この間食べた台湾の豆スナックと一緒に買ったものですが、こちらはタイのお菓子ということです。

タロイモは日本で言うところのサトイモとほぼ同じものだと思うのですが、日本ではジャガイモのスナック菓子はたくさんあっても、サトイモのスナック菓子は見たことがありませんよね。

パッケージからしても何となくナチュラルそうな感じがしたので、どんなものかと試しに買ってみたんです。(-ε-)



P_20170824_154655.jpg

袋の中には日本でも見たことがあるような形状のスナックが入っていました。

タロイモなのでジャガイモのスナック菓子のように黄色くはなく、ほぼ白に近いきれいな色をしていました。(^。^)



P_20170824_154741.jpg

見るからに軽そうな感じがしたのですが、食べてみるとこれは思っていた以上に軽く、サクふわっとしたとても軽い食感なんです。(^。^)

味も塩加減などは適度な感じで、とても美味しいとは思ったのですが、これ意外とジャンクな味がするんですよね~。(゚∀゚;)

ジャンクと言うほどではないかもしれませんが、油で揚げてあるのでしっかりと油脂の旨みはあるし、日本のポテトチップスなどに比べると甘みもあるし、特に化学調味料の旨みが結構強いんですよね。

ただ、私は事前の思い込みでかなり自然で薄味そうな味を期待していたので、それに比べればという話で、実際は日本によくあるスナック菓子と同じか、それよりは少し薄味で自然な味かなとも思います。

ですので、もしこれが日本で普通に売られていたら、私はすごく美味しいと思うだろうし、本当に白い天使のスナックなどという名前で売ってほしいくらいです。(-ε-)

しいて言えば、後味というか食感に少しだけサトイモのぬめりのようなものを感じるのですが、特別気になる程ではないし、これはかなり気に入りましたね~。(^。^)

日本にもサトイモはありますからね、是非ともこれと同じようなスナック菓子を作って販売してほしいですね。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(18) 
共通テーマ:グルメ・料理

台湾スナック ウルトラ スパイシー・グリーンピース 麻辣醤。(´~`)モグモグ [おやつ(海外)]

P_20170817_143935.jpg

楽天市場のティラキタというお店で買った台湾スナック ウルトラ スパイシー・グリーンピース 麻辣醤です。

何だかちょっとインパクトのあるパッケージですが、これは台湾の豆スナックです。

私はアジアのお菓子や食べ物はよく買いますが、台湾のお菓子はほとんど食べたことがないので、どんなものかと買ってみることにしたんです。

ちなみに、このティラキタというお店は私の大好きなにしきやのインドカレーを全種類取り扱っている貴重なお店なんです。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

もちろんこのお菓子と一緒にカレーもいくつか買ってあるので、近いうちに食べて紹介しようと思っています。(-ε-)



P_20170817_144119.jpg

袋の中には明らかに油で揚げてあるのがわかるツヤッツヤの豆スナックが入っていました。

油で揚げてあるので色もとても鮮やか・・・と思ったのですが、原材料に青1、黄4と書いてありました。(゚∀゚;)

こういうタール色素がどの程度体に影響があるのかはわかりませんが、こんなドギツイ色にしなくても、私は自然な色の方が断然いいと思うんですけどね。(-ε-)

原材料には他にも唐辛子や花椒が使われていたので、これはちょっと辛いのかなと警戒して食べてみたのですが、まずこれはとてもジャンクな味がしました。

これは化学調味料を使っているんだろうと思ったのですが、意外にもその表記はなかったので、これはガーリックや油の旨みなんでしょうか。

確かに日本のスナック菓子ほどわざとらしい味がしたわけではないのですが、旨みのあるジャンク味という感じでとても美味しいんです。(^。^)

辛味もそんなに強くなくピリ辛程度な感じですが、花椒(ホアジャオ)も使われているので、中華料理っぽい独特の風味もします。

これだけツヤツヤしていると油っこい感じも少しありますが、食感が軽くカリポリッとした軽い食感なので、それほどしつこい感じはしませんでした。

ということで、これは思っていた以上に美味しかったです。手のひらサイズで200円はちょっと高いかなとも思いましたが、量は100gと結構入っているので、また機会があれば食べてみたいと思いました。(^。^)



スポンサーリンク


nice!(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビーントゥーバーチョコレートが半額!!レ(゚∀゚;)ヘ=З=З=З イソゲ~! [おやつ(海外)]

最近大分あたたかくなってきて、私の大好きなチョコレートを美味しく食べられる季節もあとわずか、などと思いながら、相変わらず毎日チョコレートは物色しているのですが、(-ε-) 私が以前とても高級で美味しいチョコレートを買ったお店から、何とビーントゥーバーチョコレートが全品半額になるというメールが来たんですよ~。ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

チョコレートの販売期間が迫っているということで、その前に売り切れ御免の半額セール!ということでしょうか、すでに売り切れているものもあるようですが、定価だとかなり高いチョコレートが半額ですからね、これは私も今買おうかどうしようかものすごく悩んでいるところです。ヽ(´д`;)ノ

何しろ品質の間違いないビーントゥーバーのチョコレートが4ブランドもそろっていますからね~、どれも一度食べてみたかったものばかりなので、これは間違いなく欲しいのですが、半額とは言え複数買えばそれなりの金額にはなるし、送料もかかりますからね、やはり悩みますよね~。

ただ、4ブランドのうち私が買ったことのあるディックテイラーのチョコレートだけはメール便で配送可能のようなので、せめてこれだけ買おうかとも迷っています。

販売期間は5月26日(金)11時59分までということですが、急がないと売り切れてしまうかもしれないので、気になる方は以下のページからどうぞ。

半額のビーントゥーバーチョコレート


スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ショコラマダガスカル ミニタブレット。(^。^) [おやつ(海外)]

P_20170504_135309.jpg

ロベールというメーカーのショコラマダガスカル ミニタブレットです。

カカオ豆の産地としてアフリカのマダガスカル島は有名ですが、チョコレートを製造しているのは主に欧米やその他の国だったりしますよね。

そんな中、このロベールというメーカーは現地のマダガスカルに本社があり、そこでマダガスカル産のカカオ豆を使ってチョコレートを作っているそうです。

このメーカーのチョコレートは種類も多く、品質も良さそうな感じだったので、数年前から気になってはいたのですが、値段が少し高いので買うのをためらっていたんですよね。

それが今回、このアソートセットをメール便で買えるお店を見つけ、(というか、私がお気に入りのにしきやのインドカレーを売っているお店です。)これはもう試してみない手はないと思ったんですよね~。(-ε-)



P_20170504_135545.jpg

パッケージの中にはこのような5種類のチョコレートが各2枚ずつ入っています。

種類はホワイト・ミルク50%・ダーク70%・85%・100%となっています。



P_20170505_143530.jpg

包みの中にはこのようにブロックに分かれたチョコレートが入っているのですが、これは一枚あたりは5g しかないので、ひとかけらはかなり小さいミニミニチョコレートなんです。

左上がカカオ分100%で、右下のカカオ分34%のホワイトチョコレートまでカカオ分順に並べてみましたが、上段のビターチョコレート3種類はそれほどは色が変わりませんね。

それに対して、下段のカカオ分50%のミルクチョコレートは、カカオ分の割に色がとても明るいですね。



P_20170505_144316.jpg

まずはこのホワイトチョコレートから食べてみたのですが、ご覧の通りバニラの粒々がたくさん見えるだけあって、自然なバニラの香りはするのですが、これはミルクの風味でしょうか、少しクセのある風味もするんですよね。

海外のミルク独特の風味というか、私はあまり好きではない風味が少しするのですが、それでいて甘みは適度で上品な感じもするんですよね。

このクセさえなければ美味しいと思えたのでしょうが、私にはちょっと微妙な味でしたね~。(-ε-;)



P_20170505_144226.jpg

次にこのカカオ分50%のミルクチョコレートを食べてみましたが、こちらも甘さはかなり控えめな感じで、とても上品な味がしました。

質感もとてもなめらかで、丁寧に作られているのがわかるような、洗練された上質なチョコレートという感じがしました。

ただ、やはりミルクの風味がややマニアックというか、海外らしい独特のクセのある風味がするので、品質はいいチョコレートだとは思うのですが、味は個人的にはやや微妙なんですよね。



P_20170505_144131.jpg

次はカカオ分70%のビターチョコレートを食べてみましたが、苦味や酸味はほとんどなく、穏やかなフルーティな風味がしました。

ビターチョコレートにはミルクは入っていないようなので、ミルクのクセなどはないのですが、不思議とまろやかな感じはあり、カカオ分の割にとても食べやすいんですよね。



P_20170505_144017.jpg

次にカカオ分85%ですが、ここに来て一気にビターという感じがしてきました。

これは明らかに苦味が効いていて、舌にビリッとするような刺激がきましたね~。

ただ、酸味はそれほど強いわけではなく、煙草のような風味がする感じはしましたが、それほど苦いわけでも食べにくいわけでもなく、むしろ落ち着いたビターという感じでした。



P_20170505_143855.jpg

最後にカカオ分100%ですが、これはさすがに強烈な風味がするかと思いきや、苦味も酸味もかなり少ないんですよね~。

質感もカカオ分100%とは思えないほどなめらかなので、普通はカカオ分100%のチョコレートだと5g でも食べるのがきつい場合もありますが、これはかなり食べやすい感じでしたね。

ということで、このショコラマダガスカルシリーズのチョコレートを食べて感じたのは、どれも質感がとてもなめらかで、どこか上品で洗練された風味のする上質なチョコレートだということです。

ミルクの風味は個人的にはやや気になったものの、基本的にはどれも穏やかで目立った風味などはないので、食べやすいチョコレートだと思いました。

ビター系にはフレーバーの付いたものもあるようなので、機会があればビター系で再チャレンジしてみようと思いました。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ピッチダークチョコレート ヨヘ。ヽ(`д´;)ノ ヌオッ! [おやつ(海外)]

P_20170401_095821.jpg

ピッチダークチョコレートというメーカーのヨヘというカカオ分80%のチョコレートです。

これも前回食べたチョコレートと一緒に買ったもので、アメリカのメーカーのチョコレートなんです。

こちらもパッケージからしてすごくオシャレで洗練された感じがしますが、もちろんチョコレート自体にもすごくこだわりがあるようです。

ビーントゥバーチョコレートであることはもちろん、幻のホワイトカカオと言われるアクリオラードというとても希少なカカオ豆を使っているんだそうです。

ホワイトカカオと言えば、今年のサロン・デュ・ショコラ限定で、明治 ザ・チョコレートのメキシコホワイトカカオというのが発売されていましたが、私は食べられませんでしたからね、今回のチョコレートはとても楽しみにしていたんですよね。



P_20170403_154017.jpg

パッケージは丁寧にビニール袋に入れられており、外箱は高級感のある紙のパッケージで、このように上部から中の包み紙がのぞいていたんです。

包み紙が飛び出ているので、当然これを引っ張れば中身が出てくるものと思いきや、出てきませんでした。ヽ(´д`;)ノ ナンデ~?

どうやら下の方で外箱にくっつけてあるようで、そう簡単には出てこないようになっていたんですよね。(-ε-;)



P_20170403_153338.jpg

ということで、裏側からパカパカッと観音開きというか、オムツを開けるような感じで下、左右と開いてみると、こんな感じのとてもシンプルなチョコレートが出てきました。(-ε-)

まさにこれは中身で勝負!と言わんばかりのシンプルな見た目だったので、余計に期待が増してきました。

ホワイトカカオを使っているということで、色はカカオ分80%にしては気持ち明るいでしょうか。



P_20170403_153632.jpg

早速食べてみたのですが、これはまず質感から全然違うんですよね~。ヽ(`д´;)ノ

割った感じからして何と言ったらいいのか、かっしりとした乾いた質感と言うか、今までにちょっと食べたことがない感じのすごくマットな質感なんです。

マットとは言ってもザラついているのではなくて、サラついているとでも言ったらいいでしょうか、とても繊細で密度の高い砂の塊のような感じがしつつも、なめらかに溶けるんですよね~。

一見矛盾していることを言っているような気もしますが、でも本当にそういう何とも言い難い不思議な質感をしていたんですよね~。(゚∀゚;)

味もこれはとても繊細で落ち着いた感じがするのですが、そんな中にもスモーキーな風味が一番目立っていたでしょうか。

説明書きには、「通常のカカオよりも渋みや苦みが少なくまろやかな口どけ。芳醇なナッツの香、青りんごのような甘酸っぱさ、緑茶のアロマが口の中でふわつと広がる」とあったのですが、確かに緑茶を思わせるような落ち着きと、それほど強くはないものの、酸味もある程度ありました。

カカオ分80%にしては苦味も弱めで、甘いわけではないのですが、あまり苦味を感じませんでした。

全体的には前回食べたチョコレートとかなり印象が似ているのですが、こちらの方がより繊細でありつつ、複雑な風味がしたでしょうか、さすが幻のカカオ豆というだけのことはあると思いました。

ということで、今回食べたチョコレートも含めて、アメリカのチョコレートにもすごいチョコレートがあるということがわかったので、来年は違うフレーバーを是非食べてみたいですね。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トゥエンティーフォー ブラックバード ボリビア。(´~`) ナメナメ [おやつ(海外)]

P_20170401_095836.jpg

トゥエンティーフォー ブラックバードというメーカーの ボリビアというカカオ分75%のチョコレートです。

このチョコレートは先日紹介したチョコレートと一緒に買ったものなのですが、もう一種類買ったものも含めて、全部アメリカのメーカーのチョコレートなんですよね。

アメリカのチョコレートっていうと、何だかジャンクでマニアックな風味の甘~いものを想像してしまいますが、(偏見?(゚∀゚)こういうカカオ豆にこだわったチョコレートももちろんあるんですよね。(-ε-)



P_20170403_153441.jpg

ちょっと頼りなげな素朴な紙のパッケージを開けると、さらに和紙のような質感の紙に包まれていました。

今回のものは高級感があるという感じではありませんが、こういう何気ないパッケージの雰囲気も大事ですよね。(-ε-)



P_20170403_153503.jpg

中身はシンプルなチョコレートですが、メーカーのロゴが入っていました。

ただ、メーカーの名前が長すぎるからか、全部の文字は入っていませんね。(゚∀゚)



P_20170403_153538.jpg

早速食べてみましたが、これは前回のチョコレートとは全く違い、とても落ち着いた味がしました。

ややフルーティな香りがしていたのですが、味に酸味はあまり感じられず、カカオ分75%にしては苦味も少ないように思いました。

少しスモーキーな風味もあるのですが、どの風味も穏やかで強くない感じなので、際立った特徴はない感じでした。

また、質感は少しマットというか、若干ざらつきがある感じではあるのですが、このパッケージからイメージされるような、素朴だけどどこか洗練された感じもするというイメージと合っていて、特にマイナスな要素ではなかったですね。

ということで、今回のチョコレートは強烈なインパクトなどはなかったものの、カカオ豆本来の風味が感じられる美味しいチョコレートだったので、機会があればまた別の種類も食べてみたいと思いました。(^。^)

ただ、今年はもう終売なのか、私が買ったお店ではもうこのチョコレートは売っていませんでした。∑(゚д゚lll)ガーン


スポンサーリンク


nice!(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - おやつ(海外) ブログトップ