So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


北印度風ヨーグルトのスパイシービーフカレー。(-ε-) [おかず]

P_20171005_112831.jpg

ハウスの北印度風ヨーグルトのスパイシービーフカレーです。

ハウスのレストラン用シリーズのカレーはこれまで随分食べてきましたが、前回食べた北印度風バターチキンカレーはちょっと微妙な感じもしたので、同じく北印度風とついている今回のカレーも多少不安はあったんですよね。

それでもハウスのカレーが美味しくないことはまずないので、今回もとりあえずは食べてみることにしました。(-ε-)



P_20171005_115408.jpg

今回は最近の定番の器に普通に盛り付けてみましたが、ご飯には色々混ぜ込んであるので、見た目はややカラフルな感じでしょうか。



P_20171005_115503.jpg

ご飯は黒米を混ぜて炊いてあり、そこにキャベツと大豆たんぱくを混ぜ込んであるんです。

黒米は炊くとほんのり赤紫色が出るのできれいですよね。キャベツも今回は大外の葉っぱを使っているので、緑がとても鮮やかに出ました。(^。^)

大豆たんぱくは多少味にクセがありますが、カレーなどの味の強いものと食べるとあまり気にならないし、彩りも良くなるので、最近はゆで大豆の代わりにカレーのご飯に混ぜ込むことが多いんです。



P_20171005_115513.jpg

今回はビーフカレーということでしたが、やはりお肉は少なめでしたね。(゚∀゚)

すごく少ないとは言いませんが、もう少し入っていると満足感が増すんですけどね~、多少高くてもお肉がゴロゴロ入っているカレーが食べたいですね。(-ε-)

それでも食べてみると、相変わらずハウスのカレーはとてもまろやかな味がするんですよね~。(^。^)

それほどカロリーは高くないのですが、このまろやかさがあるので、カロリー以上に濃厚に感じるんですよね。

味も何かとバランスが取れた感じで美味しいのですが、これだと前回同様に北印度風という感じはほとんどしませんでした。(-ε-;)

スパイシーな感じはかろうじてありましたが、ヨーグルトは隠し味に入っている程度な感じなので、カレー全体にこれといった特徴がなく、北印度風というよりは普通によくある日本のカレーの味なんですよね~。(-д-;) ウ~ン

前回のように化学調味料などの味は特別は感じませんでしたが、北印度風というからにはもう少しその特徴を出して欲しい感じがしました。

とは言え、先日食べたにしきやのインドカレーのような個性的な味では万人受けはしないだろうし、ハウスのまろやかなカレーを期待している人にはこの方がいいんだろうという気もします。

味の好みは人それぞれですからね、今回も美味しいことは間違いなかったので、北印度風を期待しなければおススメだと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(15) 

たっぷりの大豆たんぱく 。(-ε-) [おかず]

P_20170917_110534.jpg

楽天市場の食べもんぢからというお店で買った大豆ミートです。

大豆ミートというのは大豆を加工して作られたお肉の代用品で、高たんぱく、低脂肪な上に食物繊維が多いので、とってもヘルシーな食材なんですよね。

別名ソイミートや大豆たんぱくなどという名前で売られていることが多いですが、私がこの商品を初めて知った時は大豆たんぱくという名前で売られていたので、私は大豆たんぱくと呼ぶことが多いですね。

この大豆たんぱくはおからパウダーと並ぶ私の必須食材なので、比較的安く売っていた iHerb(アイハーブ)でよく買っていたのですが、どうも最近アイハーブの大豆たんぱくが大幅に値上がりしたんですよね~。(-д-;)ウ~ン

それで、最近では日本でもよく売っているのを見かけるので、楽天市場で検索をかけてみたところ、何と私が時々買い物をしている食べもんぢからというお店でも取り扱っていたんですよね~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?



P_20170917_110552.jpg

それで、とりあえずは試しにと思ったので、私は100g のものを買ったんです。

でも届いたものはまるで座布団のように大きな袋に入っていて、どう見ても100g のものではなく、1kgのものが届いてしまったんですよね~。(ノ゚⊿゚;)ノ エエッ!

私が買ったのは間違いなく100g のものだったのですが、どうやらお店の人が間違えてしまったみたいで、問い合わせをしてみたところ、こちらの間違いなのでそのままお収めくださいということで、100g の値段で1kgのものを買えちゃったんですよね~。(゚∀゚;)



P_20170917_110752.jpg

大豆たんぱくにはいくつか種類がありますが、私が普段買っているのはミンチタイプのものです。

これは基本的にひき肉の代わりに使うもので、これ以外には唐揚げなどのお肉の代わりになるブロックタイプ、薄切り肉の代わりになるフィレタイプなどがあります。

大豆たんぱくは大豆を乾燥させて作られたものなので、常温でも保存出来るし、本来はお湯で戻したり調理して食べるものですが、そのまま食べることも出来るんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

私は油っこくなってしまった料理などにそのまま振りかけて食べたり、ヨーグルトなどにそのまま入れて、シリアルの代わりとして食べることもあります。

乾燥しているし、脂質がとても少なく、水分や油分をよく吸ってくれるところがおからパウダーとそっくりなので、私はこの間のように油っこいカレーと合わせるご飯に混ぜたりするんですよね。

ただ、大豆たんぱくは多少味にクセがあるので、カレーのように味の濃いものと合わせる分には全く問題ありませんが、薄味の料理に使う場合は、きちんとお湯で戻して、何度かすすいでから使った方がいいと思います。

ちなみに、こちらのお店のものは産地が書いてないので、おそらく中国か北米辺りのものではないかと思うのですが、品質は iHerb(アイハーブ)で買っていたものよりも断然こちらの方がいいんですよね~。

産地は海外だと思うのですが、加工しているのは国内なので、見た目からして粒が比較的大きくて色もきれいだし、そのまま食べた時の食感なんかもサクサクとして美味しいんですよね~。(^。^)

これで国産ならなおいいのですが、この品質なら私はリピートしてもいいかなと思っています。

今回は間違いで1kgになってしまいましたが、100g だと便利すぎてあっという間になくなってしまうので、1kgでも全然問題なかったですね。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(16) 

にしきやのアヴィヤルとパニールマッカニー 。(゚∀゚) スッパ! [おかず]

P_20170914_105653.jpg

にしきやのアヴィヤルパニールマッカニーです。

今年買ったにしきやのインドカレーの最後の2種類です。トータルではもう何種類食べたでしょうか、随分食べた気がしますが、まだ食べてないものもあるんですよね。

何しろ、全部で32種類もありますからね、冬にも食べないと全部食べ切れない気がします。(-ε-;)



P_20170914_113744.jpg

いつものプレートで用意してみましたが、向かって左上の白っぽいのがアヴィヤルで、右上の赤っぽいものがパニールマッカニーです。

パニール真っ赤に~、などとついついくだらないことを言いたくなります。(-ε-)



P_20170914_113908.jpg

ご飯はターメリックを入れて炊いたジャスミンライスに、キャベツと大豆たんぱくを混ぜ込んであります。

今回使った大豆たんぱくはいつも使っているアイハーブで買ったものではなく、日本で買ったものなのですが、アイハーブのものよりも品質がよかったので、これはまた別の機会に紹介しようかと思っています。(-ε-)



P_20170914_113806.jpg

まずはアヴィヤルですが、これはヨーグルトとココナッツ風味の野菜カレーということですが、見た目はまるでシチューのようですよね。

質感はシチューとは違ってサラッとしていましたが、見た目からしてマイルドそうだったので、これは無難に食べられるだろうと食べてみると、いきなりものすごく意表を突かれました。

というのは、これはこのマイルドそうな見た目に反して、かなり酸っぱいんですよ~。(゚∀゚;)

おそらくヨーグルトによるものだと思いますが、マイルドさやクリーミィーさはあるものの、酸味の方が勝っているので、シチューの味を想像していると全く違うし、カレーだと思って食べてもびっくりすると思います。

辛さ指数は5段階中★3つの中辛口ということになっていて、辛みもそこそこあるので、酸っぱくて辛い結構インパクトのあるカレーでした。(゚∀゚;)



P_20170914_113813.jpg

気を取り直してこちらのパニールマッカニーですが、これはトマトベースのカッテージチーズのカレーということで、今度こそマイルドな味がするかなと期待しつつ食べてみました。

具はほぼカッテージチーズのみですが、カッテージチーズは全部で8個も入っていました。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

早速このチーズから食べてみると、質感は少しだけねっとりとしていて、適度なマイルドさと濃厚さがあり、よくあるチーズよりはしつこくないんですよね。

チーズというよりは、水切りした木綿豆腐のような感じもして、やはり私はこのパニールカレーは好きだなと思いました。(-ε-)

カッテージチーズはそれほど濃厚ではないのですが、カレーのルーは結構濃厚な感じで、味も少し濃いように思ったので、全体的には何かと濃い~味だと思います。

辛さ指数は5段階中★1つの小辛口ということになっていますが、酸味も効いているからか、もう少し辛く感じる気がしました。

ということですが、本当にどれを食べてもにしきやのインドカレーは本格的で美味しいです。

こんなに美味しいカレーを来年の夏まで食べないのはもはや無理かもしれないので、今年はもう一回くらい買い足してしまうかもしれません。(゚∀゚;)







スポンサーリンク


nice!(14) 

にしきやのラジママサラとベンガルフィッシュ 。(^。^) [おかず]

P_20170830_102129.jpg

にしきやのラジママサラベンガルフィッシュです。

今年の夏はとても涼しくて、あまりインドカレーを食べたくなることがなかったのですが、それでもにしきやのインドカレーだけは食べておきたいですからね、まだ夏が名残っている今のうちに食べておこうと思いました。(-ε-)



P_20170905_115613.jpg

向かって左上の黄色っぽいのがベンガルフィッシュで、右上の赤っぽいものがラジママサラです。

ご飯は今回2種類用意しましたが、片方は日本のお米で、もう片方はジャスミンライスなんですよね。

基本的に本格的なインドカレーにはジャスミンライスやバスマティライスなどが合うと思いますが、今回はジャスミンライスが中途半端にしか残っていなかったので、半分は日本のお米になってしまったんですよね。(゚∀゚;)



P_20170905_115731.jpg

こちらの黄色い方が日本のお米です。今回も大豆と紅茶の出がらしを混ぜこんでありますが、緑色の野菜はキュウリではなくゴボウです。

この間もこの重曹で変色させたゴボウのことを書きましたが、今回はゴボウの変色がおからパウダーで戻るのかどうかを確かめるためにも、またゴボウを使ってみたんですよね。

その結果については後ほどということで、とりあえずカレーの感想を書こうと思います。(-ε-)



P_20170905_115752.jpg

まずはこちらのラジママサラですが、これはトマトベースのインゲン豆カレーということで、レッドキドニーの入ったいかにもインドカレーらしいカレーですね。

見た目からしてとても辛そうなのですが、豆がたっぷりと入っているのでマイルドさもあり、思っていたほどは辛くないんですよね。

ただ、トマトの酸味も効いているからか、辛さ指数は5段階中★3つの中辛ということになっていますが、その割には気持ち辛みが強く感じる気がしました。

味もやはり酸味が効いているのと、とろみが強いからでしょうか、かなり味が濃いように感じたんですよね。

油っこくはないのですが味は濃いので、かなりご飯が進むと思います。(-ε-)



P_20170905_115800.jpg

そしてこちらがベンガルフィッシュですが、先ほどのラジママサラとは対照的にサラッとした質感をしていました。

粉でとろみを付けていないからか、油がプカプカとかなり浮いていたのですが、(゚∀゚;) これはヨーグルトとマスタード風味の魚カレーということで、実際はカロリーはそれほど高くはなく、むしろヘルシーなカレーなんですよね。

魚はメカジキが使われているようで、小さくほぐれた塊がそこそこ入っていました。

こちらは見た目はとてもマイルドそうなのですが、食べてみると意外なほど酸味が強く、辛味もそこそこあり、お魚のややクセのある風味もするので、かなりインパクトのある味がするんですよね~。(゚∀゚;)

にしきやのインドカレーの中にはかなり奇抜な味がするものもありますが、これも結構特徴的なカレーだと思います。

ただし、それでも味はすごく美味しいんですよね~。(^。^) カロリーの割には濃厚に感じるし、味にメリハリがあって、かなり私が好きな感じの味なんですよね。

辛さ指数はこちらも5段階中★3つの中辛なので、それほど辛いわけではないのですが、やはりこちらも酸味が効いている分、やや辛く感じるような気はしました。



P_20170905_115742.jpg

最後にゴボウの変色についてですが、これはゴボウに重曹と水を少し入れて加熱したものに、ジャスミンライスとおからパウダーを混ぜたものなのですが、ご覧の通り、色は緑のままですよね。(-ε-?) アレッ

以前に紫いもにおからパウダーを合わせたときや、ターメリックにおからパウダーを合わせた時には、みるみるうちに色が戻ってしまったのですが、ゴボウの場合はおからパウダーと合わせても色が戻らないんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

食品の酸やアルカリでの変色はあまり安定性がない気がしますが、ゴボウの変色力には安定性があるんでしょうかね~。

理由はよくわかりませんが、緑色が戻らないなら安心しておからパウダーを混ぜることが出来るし、もう少し丁寧に混ぜれば、ご飯もきれいに緑色に染まる気がします。

これはまたもう一回くらい重曹ゴボウを試してみないといけないですね。(-ε-)







スポンサーリンク


nice!(15) 

グリーン&グリーンカレー。(-ε-) [おかず]

P_20170901_110423.jpg

業務スーパーで買ったグリーンカレーです。

業務スーパーは輸入食材を多く取り扱っているので、お菓子だけではなくこういう惣菜系の食品も色々売っているんですよね。

グリーンカレーは輸入食材店にはよく置いてあるので、業務スーパーにもあるかなと思って探してみたら、やっぱりありました。今回買ったのはグリーンカレーですが、レッドカレーも置いてありましたよ。

ちなみに、パッケージ写真に鶏肉のようなものやトマトが映っていますが、写真はイメージですとあり、実際はどちらも入っておらず、具はほぼ細切りのタケノコのみです。(-ε-)



P_20170901_114938.jpg

ということで用意してみましたが、実は今回このグリーンカレーを食べるのはもう5回目なんです。

何しろ一缶に400gも入っているので、私の一回分のカレー80gだと5回も食べられますからね、これで値段も158円なので、本当にお得なんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

味も本格的なタイのグリーンカレーという感じで、ココナッツや独特なスパイスの風味が効いていてとても美味しかったのですが、毎回同じ味ではさすがに飽きるし、より自分好みにしたかったので、今回はかなりアレンジを加えているんです。



P_20170901_115024.jpg

グリーンカレーはグリーンとは言っても、実際はねずみ色のような感じの、かなりくすんだ色合いなんですよね。

ですので、やはり色はもっと緑にしたいと思い、今回はルーに粉末の青汁とあおさを加えているんです。

青汁は私はインドカレーやタイカレーには結構よく使いますが、発色があまりよくないので、今回はより緑にするためにあおさも入れてみたんです。

さらに、茶色っぽい何かが浮いているのが見えるかと思いますが、これは納豆です。ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

基本的にはカレーに納豆が合うとは思っていないのですが、タイカレーのような個性的な味で、しかもグリーンカレーのような甘いカレーには納豆は合うと思ったんですよね。

特に今回のグリーンカレーは結構甘かったですからね、青汁、あおさ、納豆はどれも甘みを抑える意味でも加えているんです。



P_20170901_115007.jpg

そしてこちらのご飯ですが、これもまた怪しい感じに見えると思いますが、久しぶりに重曹ゴボウをやってみたんですよね。

ゴボウに重曹をまぶして加熱するとあり得ないことになるという記事を以前に書きましたが、久しぶりにゴボウが手に入ったのでやってみたんです。

ゴボウに重曹と少量の水をまぶしてレンジにかけ、その後でご飯を加えて混ぜたので、ご飯にも少し緑色が移っているのですが、いっそのこともう少し水を多く入れておいて混ぜれば、もっときれいにご飯にも緑色が付いたかもしれませんね。

ちなみに、一緒に入っている茶色の葉っぱは、最近おなじみの紅茶の出がらしです。(-ε-)

ご飯にゴボウと紅茶の葉を混ぜたのも緑色を出すためでもありますが、どっちも渋い味がしますからね、やはりグリーンカレーの甘みを抑えるという意味もあります。

ということですが、これだけ甘みを抑える食材を加えたので、今回のグリーンカレーは色も味もかなり私の理想に近い感じになりましたよ。

一見かなり変わっているし、実際味も普通の人が食べたらなんじゃこりゃ!と思う味かもしれないのですが、変わったもの好きの私には美味しかったんですよね。(-ε-)

ただ、このカレーはココナッツがたっぷり使われているからか、かなり油っこくて濃厚だったので、この後おからパウダーも混ぜて食べました。

なぜ最初から混ぜなかったのかと言えば、おからパウダーを混ぜると重曹の変色が元に戻ってしまう可能性があるので、写真を撮る前に加えたくなかったんですよね。

おからパウダーを加えてからはすぐに食べてしまったので、変色具合を確認することが出来なかったのですが、ターメリックの変色はおからパウダーで戻ってしまいましたからね、ゴボウもそうかもしれないですよね。

その辺についてはまたそのうち実験してみようと思いますが、アレンジなどしなくてもこのグリーンカレーはかなり美味しかったですからね、これはおススメだと思います。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(14) 

にしきやのココナッツチキンとキーライパップー 。(^。^) [おかず]

P_20170820_104648.jpg

にしきやのココナッツチキンキーライパップーです。

ついに今年もにしきやのインドカレーを食べましたよ~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

今年は引っ越しのドタバタですっかり買うのが遅くなってしまったのですが、夏が終わってしまう前に食べたいですからね、とりあえず6種類買ったうちの2種類を食べてみました。(-ε-)



P_20170820_113226.jpg

にしきやのインドカレーは2種類以上を組み合わせて食べるのがおススメということなので、カレーを半量ずつ盛るにはこの3つ又のランチプレートがちょうどよく、すっかり定番の食器になっています。(-ε-)

向かって左上の緑っぽい色をしたのがキーライパップーで、右上の黄色っぽいものがココナッツチキンです。

ご飯はターメリックで色を付けたジャスミンライスに大豆や野菜などを混ぜ込んであります。



P_20170820_113257.jpg

ご飯には色々と混ざっているので、これだとまた一見、日本の五目混ぜ込みご飯のように見えなくもありませんが、ひじきのような黒っぽいものは紅茶の出がらしで、よく見ると葉っぱが思いっきり入っていますね。(゚∀゚)

変わった風味のインドカレーには、紅茶のやや渋い出がらしの味も特に気にならないんじゃないかと思ったので、今回も使ってみたんですよね。(-ε-)



P_20170820_113354.jpg

まずはこちらのキーライパップーから食べてみることにしました。

キーライパップーというのはいかにもインドっぽい変わった名前ですが、豆ベースのほうれん草のカレーということで、トゥールダルという豆のペーストとインドでは定番のほうれん草を煮込んだカレーです。

ほうれん草を使ったカレーは見た目はどう見ても美味しくなさそうだし、いかにも苦そうな気がするのですが、(゚∀゚) 今までに食べたほうれん草を使ったカレーは、むしろマイルドで食べやすかったので、これもあまり警戒せずに食べてみたんです。

すると、やはりこのカレーもほうれん草の苦味などはほとんどなく、スパイシーさはあるものの、辛さも控えめで食べやすいんです。(^。^)

このカレーには豆を煮込んだペーストも入っているので、これが食感にも味にもマイルドさを出しているんですよね~。

トマトやスパイスの風味なのか、やや漬物っぽいような少しだけクセのある風味もしたのですが、油っこさはほとんど感じないし、塩気もやや控えめな感じの食べやすくて美味しいカレーでした。(^。^)

辛さ指数は5段階中★3つの中辛ということになっていますが、そんなに辛くは感じないと思います。



P_20170820_113329.jpg

そしてこちらがココナッツチキンですが、こちらは定番すぎて逆に今日まで買っていなかったんですよね。

何しろ、にしきやのインドカレーはとても変わったものが多いですからね、変わったもの好きな私としては、比較的普通そうなカレーは後回しになっていたんですよね。(-ε-)

こちらはココナッツがたっぷりと使われているということで、油も浮いていて見るからに濃厚そうだったのですが、食べてみると見た目通りにこれはとても濃厚な味でしたね~。ヽ(゚Д゚; )ノ オオッ!

ココナッツっぽい味はあまり感じないものの、ココナッツの濃厚さはすごく出ているので、これはかなり濃厚なカレーの部類に入ると思います。

ココナッツがたくさん入っているからか、クリーミィーでマイルドな感じはするのですが、それよりもスパイシーで辛いのが勝っている感じなんですよね~。(゚∀゚;)

お肉はほぐれるようにやわらかいチキンがそこそこ入っていて、全体的にもとても美味しかったのですが、辛さ指数は5段階中★4つの辛口ということで、これは辛いものが苦手な人にはちょっと厳しいかもしれませんね。

ということですが、一年ぶりに食べたにしきやのインドカレーはやはりとても美味しかったです。(^。^)

ただ、なぜか去年まで買っていたにしきやの楽天市場店は閉店してしまっていたのですが、エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ? その代わりにティラキタというお店でにしきやのインドカレーは全種類取り扱っているんですよね。

ティラキタにはジャスミンライスやインド以外のエスニック食材なども売っていて、2900円以上買えば送料無料にもなりますからね、見た目は少し怪しい?ですが、とってもおススメのお店です。(^。^)







スポンサーリンク


nice!(10) 

カップヌードル シンガポールチリクラブ。(^o^) ウマ~イ [おかず]

P_20170606_105936.jpg

カップヌードルシンガポールチリクラブです。

カップヌードルは色々なフレーバーが次から次へと発売されていますが、最近はエスニック系の変わったフレーバーが増えていますよね~。

私は辛くて変わったものが大好きですからね、こういう傾向は大歓迎なんですよね。(-ε-)



P_20170606_110052.jpg

ふたを開けてみると、具にはカニカマと卵のようなものが入っていました。

ここにお湯を入れて3分待ち、ふたの上にあったチリクラブペーストを加えれば普通に完成ですが・・・



P_20170606_113010.jpg

私は今回も汁なし麺にしてみました。(-ε-)

このラーメンはいかにも辛そうでしたからね、アツアツのスープで食べたら辛過ぎるんじゃないかと思ったので、とりあえずはあまり辛みを感じずに済む汁なし麺にしたんですよね。

カップ麺で汁なし麺を作る場合の基本的な作り方は、お湯を指定よりも少なめに入れて、1~2分して麺がほぐれたらすぐに取り出し、あらかじめ炒めておいた野菜などと合わせるだけです。

お湯を少なめにすると麺が少し濃い目の味になりますが、野菜などと合わせるとちょうどいい濃さになるんですよね。

戻す時間も短めにして麺を固めにしておけば、野菜と合わせた後にちょうどいいくらいの固さになるんです。

今回はチリクラブペーストが別に添付されていたので、これでもやし、納豆、卵を一緒に炒めておき、戻した麺と合わせました。



P_20170606_113056.jpg

早速食べてみると、まずこれは明らかにカニの風味がしてきたのですが、ちょっと日本にはないような独特の風味がしてきたんですよね。

おそらく魚醤などの風味だと思いますが、結構本格的なあちら方面の味がする感じがしましたね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

ベースの味はやはりカップヌードルの味がするのですが、予想以上にこのシンガポールチリクラブの味が再現されている感じで、とっても美味しかったんですよね~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

このラーメンには元々卵は入っていたのですが、さらに卵を加えたのと、納豆も入れてありますからね、まろやかさがかなり増していたので、辛味はあまり感じませんでした。



P_20170606_113135.jpg

ちなみに、これがお湯が少なめの濃い目のスープです。

これだとかなりすさまじい色をしていますが、これはトマトの色でもあるので、ものすごく唐辛子が入っているというわけではありません。

ただこの後、このスープだけをアツアツにして飲んでみたのですが、やはりかなり辛かったですよ。(゚∀゚;)

食べられないほど辛いというわけではありませんでしたが、程よい辛さで食べられる汁なし麺がおススメですね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(14)  トラックバック(0) 

馬鹿ヤローカレー。(-ε-) [おかず]

P_20170603_121324.jpg

楽天市場で買った馬鹿ヤローカレーです。

名前からパッケージデザインから何ともインパクトのあるカレーですが、(゚∀゚;) 馬鹿ヤローカレーというのは、思わず馬鹿ヤローと叫びたくなるくらいウマいというのと、材料に馬肉と鹿肉を使っているからなんですよね。

このパッケージですからね、前から気になってはいたのですが、珍しいお肉を使っているからか値段がちょっと高いので、買うのをためらっていたんですよね。

それが今回、メール便送料込みで600円で売っているお店を見つけ、これならポイントで買えるぞ!と試しに買ってみることにしたんです。(-ε-)



P_20170603_122900.jpg

早速用意してみましたが、パッケージはかなり奇抜でしたが、中身は普通のカレーと特に変わった感じはありませんでした。

写真でカレーの中にジャガイモに見えるものがあると思いますが、これはジャガイモではなくお肉です。

野菜も目に見えて入っているものはなかったと思いますが、その分お肉は大小かなりたくさん入っていました。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!



P_20170603_123016.jpg

ご飯は雑穀米を炊き、いつものようにキャベツと大豆を混ぜ込んであります。

キャベツは大外の部分を使ったので、色は鮮やかでいいのですが、レンジで加熱しただけだとちょっと食感が固かったですね。



P_20170603_123316.jpg

カレーの見た目はまあ普通だったのですが、これはルーが妙にドロッとしていて固めな質感だったんですよね。

とりあえず一口食べてみたのですが、これはルーが固いというよりは煮詰まってしまっている感じで、味も濃いんですよ~。(゚∀゚;)

あえてなのか何かの間違いでこうなってしまったのかはわかりませんが、市販の普通のカレーでも味が濃く感じる私としては、これはちょっと味が濃すぎましたね~。

それでもカレーの味自体はなかなか美味しくて、意外にもクセなどはほとんどなく、辛さも一般的なカレーの辛口くらいで、私にはちょうどいい辛さでした。

お肉も思っていたほどにはクセがなく、言われなければ牛肉の赤身の部分かなという感じだったのですが、やはり牛肉に比べると少しだけクセがあるというか、独特な味がするかなとは思いました。

馬肉と鹿肉の区別はつきませんでしたが、この味はコンビーフに似ているんじゃないかと思いました。

コンビーフって普通の牛肉よりもちょっとクセのある独特な風味がしますよね。あの風味に近いんじゃないかと思います。

とは言え、カレーに混ざってしまうとそのクセはほとんど気にならないし、味も普通以上には美味しかったので、ちょっと変わったカレーを食べてみたいという方にはおススメだと思います。(-ε-)





スポンサーリンク


nice!(13)  トラックバック(0) 

森のきのこカレー。(-ε-) [おかず]

P_20170528_124057.jpg

アマゾンで買った森のきのこカレーです。

私はきのこがとても好きなのですが、このカレーは名前もなんだかかわいいので、ちょうど値段も底値(264円)になっていた感じだったので買ってみたんですよね。(-ε-)



P_20170528_125604.jpg

早速用意してみましたが、今回のカレーは具がすごく多いのがわかるでしょうか?



P_20170528_125705.jpg

このカレーはきのこカレーというだけあって、きのこがこれでもか!というくらいに入っているんです。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

主に入っているのはしいたけですが、まいたけも入っているようです。

まずはこの大きなしいたけから食べてみたのですが、これだけ大きいと身がプリプリしているのがよくわかり、噛むととってもジューシーな感じがするんですよね~。(^。^)

具はきのこがメインなので、基本的にお肉は入っていないのですが、旨みを足すためか豚肉のひき肉のようなものが少しだけ入っていたのと、油脂も結構入っている感じなので、きのこのカレーにしてはそこそこ濃厚なんですよね。

また、これはルーの味が結構甘めで、全体的に甘っ濃い味なので、きのこのさっぱりした渋い味を期待していた私としては、ちょっと思っていたのとは違ったかなという感じでした。

これだとむしろお子様向けな感じなので、しいたけ嫌いのお子さんでもこれなら食べられるんじゃないかという味だと思いました。



P_20170528_125651.jpg

ご飯は雑穀米にターメリックで色を付けた大根と大豆を混ぜ込んでありますが、たまたまこの大根が先っぽの部分で辛かったので、この甘ちゃんカレーと合わせるにはちょうどよかったです。(-ε-)

ということで、カレーの味は私好みではなかったものの、きのこの量にはすごく満足したし、美味しいとは思ったので、底値ならば十分納得のいくカレーでした。

ちなみに、今時点の価格は898円となっていますが、アマゾンのこの価格設定はちょっと極端ですよね。

898円ではいくら何でも高すぎると思うのですが、値段を大きく変動させることで、安くなった時に買わせようという戦略でしょうか?

何も知らないで高値で買ってしまう人もいると思うので、変動させるにしても、もう少し適正な価格にして欲しいと思いますね。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(18)  トラックバック(0) 

セブンゴールド すみれ 札幌濃厚醤油 箱。(^。^) ウマ~イ! [おかず]

P_20170526_122159.jpg

セブンゴールドすみれ 札幌濃厚醤油 箱です。

以前に食べた同じセブンゴールドの一風堂 白丸元味 博多とんこつ 箱が結構本格的な感じがして美味しかったですからね、こちらもずっと気になっていたので、暑い夏が来る前に試してみることにしました。(-ε-)



P_20170526_122241.jpg

箱の中にはノンフライタイプの麺と液体スープの袋が入っていました。



P_20170526_125333.jpg

早速用意してみましたが、今回はチンゲン菜と大豆たんぱくをラーメンのスープで味付けしたものをトッピングしてみました。

今回は普通に汁あり仕様のラーメンにしましたが、麺の量は半分スープは4分の1くらいの量で作ってあります。

市販のスープは全部食べたら塩分が多すぎますからね、お湯を少なくしてスープも少なくしているんです。



P_20170526_125347.jpg

味のアクセントになるかなと、今回は柚子こしょうもトッピングしてあります。



P_20170526_125358.jpg

まずはこのスープですが、ご覧の通りのとても濃い色をしているんですよね。

私は黒っぽい色の食べ物は大抵好きですからね、これは期待できそうだと食べてみると、この色の濃さ通りの味と言うか、焦がし醤油のような渋くて深い味わいがしたんですよね~。(^。^)

渋い醤油の味なので一見さっぱりしているようにも思うのですが、これは脂も結構入っている感じなので、タイトル通りの濃厚な味もするんですよね。

スープを全部使っていたらもっと濃厚に感じたのかもしれませんが、私はスープの量は加減してあるので、ちょうどいい濃さで食べることが出来た感じですね。(-ε-)

また麺ですが、これは思っていた以上にコシがあり、とてもインスタントとは思えないような本格的な麺の食感だったんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

インスタントでもこんな質感に出来るなんて、最近の技術はすごいですよね~、こんなに美味しいラーメンが家でも食べられるなら、お店に行かなくても大丈夫な気がしてしまいます。(゚∀゚;)

ということで、今回のセブンゴールドのラーメンもかなり気に入ったので、他にも種類があるならまた食べてみたいと思いました。(^。^)


スポンサーリンク


nice!(21)  トラックバック(0)