So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


カルディのパラックパニール。(^。^) [おかず]

P_20171228_111504.jpg

カルディで買ったパラックパニールです。

パラックパニールというのはインドのカレーで、ほうれん草とカッテージチーズを使ったカレーのことですが、日本の輸入食材店などではよく見かけますよね。

今回のものはカルディのオリジナルのレトルトカレーですが、以前に買ったカルディオリジナルのレモンチキンカレーがとても美味しかったですからね、こちらも期待して買ってみたんです。(-ε-)



P_20171228_122101.jpg

早速用意してみましたが、今回もちょっと怪しい感じがするでしょうか。(゚∀゚;)

パラックパニールは見た目はちょっと毒々しい感じがしますが、それに加えて、巨大なそら豆を並べているのがいけないんでしょうね。

インドカレーには豆が合うと思ったのと、レトルトカレーは私は一度に半分くらいしか食べないので、それだと肉というかタンパク質が不足してしまいますからね、今回はこの巨大なそら豆を添えることにしたんですよね。(-ε-)



P_20171228_122222.jpg

ご飯の方にはゴボウと大根を混ぜ込み、赤いココアで色を付けてあるのですが、量が少なすぎたのか、ゴボウの茶色の方が勝ってしまったのか、あまり赤い色が出なかったんですよね~。(-ε-;)



P_20171228_122204.jpg

カレーにはそこそこ大きめのカッテージチーズが入っていましたが、3個しか入っていなかったので、これはちょっと少ないかなと思いました。

インドのレトルトカレーだと、カッテージチーズはこれでもかというくらいにたくさん入っていますからね、そこまでとは言わないまでも、せめて5~6個は入れて欲しいところです。(-ε-)

それでも、このカッテージチーズはねっとりとしていて、適度に濃厚で美味しいんですよね~。(^。^)

インドのカレーでも時々このカッテージチーズが妙にパサパサしていることがあるのですが、今回のものは結構油リッチな感じがしました。

カレー自体もこのいかにも苦くてクセがありそうな見た目に反して、とってもまろやかな味なんですよね~。(*´∀`*)

ほんのちょっとだけ辛いですが、塩は控えめな感じだし、化学調味料などに頼っていない自然な味なので、本場のインドの味に近いんじゃないかと思います。

カレーが薄味めで比較的あっさりしているのに対して、カッテージチーズはやや塩分が濃い目で油感もあるので、このカッテージチーズのありがたみがよくわかるんですよね。

それだけに、やはりカッテージチーズをもう少しだけ増量して欲しかったとは思いましたが、全体的にはとても美味しかったので、これはまた是非カルディオリジナルのカレーを買ってみたいと思いました。(^。^)




スポンサーリンク


nice!(26) 
共通テーマ:グルメ・料理

フォン・ブランカレー。(-ε-) [おかず]

P_20171214_115158.jpg

西友ネットスーパーで買ったフォン・ブランカレー です。

これはみなさまのお墨付きという西友オリジナルブランドのレトルトカレーです。

私はカレーは大好きですが、こういうスーパーのオリジナルブランドの商品は、安いけどあまり味は美味しくないんじゃないかというイメージがあったので、今までは買ったことがなかったんですよね。(゚∀゚;)

また、こういう商品はド定番の無難な味しかないというイメージもあったので、あまり見ることがなかったのですが、新商品として紹介されていたこのカレーを含めて、西友にはちょっと変わったカレーが結構あることに気付いたんです。

今回買ったこのカレーもフォン・ブランなんて、ちょっと気取っていて美味しそうなネーミングでしたからね、どのようなカレーかはよくわからなかったのですが、試しに買ってみることにしたんです。(-ε-)



P_20171214_120753.jpg

早速用意してみましたが、今回も比較的普通な感じの盛り付けですね。



P_20171214_120930.jpg

ご飯はターメリックライスにして、ゴボウと大豆たんぱくを混ぜ込んであります。

最近カレーと合わせるご飯にゴボウを混ぜることが多いですが、それは市販のカレーが私には大抵は甘く感じることが多いので、渋い風味のゴボウを合わせているんですよね。

ただ、一番の理由は単に今の時期はゴボウが安いからです。(-ε-)



P_20171214_120920.jpg

さて、肝心のカレーですが、見た目はやや茶色が濃い感じで、よくある黄色っぽいカレーよりは美味しそうに見えます。

ただ、具はとても少なく、特にビーフと書いてある割にはお肉の塊は見当たらず、細かい肉片のようなものが少しだけ混ざっている程度だったんですよね。(-ε-;)

それでも食べてみると、お肉が少ない割には牛肉の風味は効いていて、デミグラスソースのような味がしたんですよね。

適度に濃厚な感じもするし、どこか上品っぽい味に仕上がっているので、いわゆる欧風カレーのような感じがして、思っていたよりはかなり美味しかったんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

ただし、これちょっと甘いんですよね~。(-д-;)

辛さレベルが5段階中の3ということでスパイシーさもあるのですが、結構甘みが強いので、これだとお子様向けかと思ったくらいなんですよね。

でも、この高級そうなネーミングとパッケージからして、ターゲットは大人ですよね~?だとしたら、味はもっと甘みを押さえて、落ち着いた味にした方がいいと思うんですけどね~。(-ε-;)

ということですが、甘口だったこと以外は150円というかなりお手頃な値段を考えると、価格以上には良く出来ていた感じはしたので、また他の種類も買ってみようかなと思いました。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

博多久松 本番おせち 。(^o^) ウマ~イ! [おかず]

P_20171231_145526.jpg

ダンボール箱に博多久松おせち舞鶴と書いてありますが、これは先月にモニター商品として食べたおためしおせちがとても美味しかったので、本番用に買ったおせちなんですよね~。(^o^)

このおせちは冷凍商品なので、お正月の前日に冷凍便で届いたものを、翌日まで冷蔵庫で解凍する必要があるんですよね。



P_20171231_145718.jpg

解凍するにはまずはダンボール箱から中身を出さなければいけないので、食べるのは翌日とは言え、ワクワクしながら箱をを開けてみると、中にはお正月用のお箸と商品の説明書きなどが入っていました。

お正月はこのようなお箸があるだけでも、それらしい気持ちになれますからね、こういうものを入れてくれるのはうれしいですよね。(^。^)



P_20171231_145840.jpg

また、このようなお雑煮用のだしなども入っていたのですが、おせちにお雑煮という食べる側のことを考えた配慮も感じられますよね~。




P_20171231_145945.jpg

その下には、このようにきれいなピンクの包みで包まれた3段重が入っていました。

もしこれが冷蔵庫に入らないようなら、3段に分けてラップをしてから冷蔵庫にしまうことになるのですが、今回はたまたま野菜室がガラ空き状態だったので、これをそのまま野菜室に入れて解凍することにしました。

室温が低い場合は室温(5〜10℃前後)で解凍してもいいとあったのですが、より確実にうまく解凍するには冷蔵庫が最適ということだったので、冷蔵室よりは微妙に温度の高い野菜室で解凍することにしたんです。



P_20180101_100741.jpg

ということで、お正月当日までこの中身はパンフレットでしか見ていなかったのですが、実際に広げてみると、思っていた以上に豪華な感じでうれしくなってしまいました。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

何しろ私はこのような3段のお重に入ったおせちなんて、今までの人生で一度も食べたことがありませんからね、この感動はやはりブログに載せておかねばと思ったんですよね。(-ε-)



P_20180101_100813.jpg

ただ、ちょっと解凍時間が短かったようで、本来24時間くらい解凍するところを、この時点では20時間も経っていなかったので、まだ凍っているものもあったんですよね。(゚∀゚;)

うちのリビングの室温は17度くらいはあるので、取り分けたりなんだりしてる間に解凍するかなと思ったので、ちょっと早めですが出してしまったんですよね。



P_20180101_100940.jpg

とてもきれいにクリッと巻いたタコなども入っていましたが、こういう密度がギュッと詰まったものなどはやはりもう少し解凍が必要だったようです。

とは言え、やはり常温ではみるみるうちに溶け始めるので、冷蔵庫から取り出してから1時間後くらいには、ほとんど問題なく食べられる状態になっていました。



P_20180101_101027.jpg

この辺も完全に解凍する前に写真を撮ってしまったので、あまり美味しそうには見えないかもしれませんが、(゚∀゚;) おためしおせちの時と同じく今回の本番のおせちも、どれを食べてもとっても美味しかったんですよね~。(*´∀`*)

この豪華な内容で値段は1万円ちょっとですからね、さすがにいつくかはテキト~な味のものもあるんじゃないかと思いますよね~。(思わない?(-ε-)

特に今どきの好みを考えてか、洋風の惣菜やスイーツまで入っていたので、その辺はあまりこだわりのない普通のものが入っているんじゃないかと思ったんです。



P_20180101_100835.jpg

ところが、この八女茶のロールケーキにしても、ガトーショコラにしても、どちらもきちんとした洋菓子店で売られているものと同等な感じの、とても美味しくて品質の高いケーキだったんですよね~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

もう一つ入っていたオーロラカスタード包みという、カスタードクリームの入った水まんじゅうがあったのですが、これなんかは新食感な感じで予想外に美味しくて、これだけ別に売ってほしいと思ったくらいです。(-ε-)

洋風の惣菜もどこかのデパ地下のオシャレな惣菜店のような味で、単調になりがちなおせちにはこういうものがあるとかえってうれしいと思いました。(^。^)



P_20180101_101135.jpg

こういう定番のおせちもどれを食べても美味しくて、手を抜くどころか、どれもこだわりを持って作られているのがよくわかるんですよね~。

しいて言えば、豆やきんとんだけはちょっと甘すぎるかなとも思いましたが、甘いけど美味しかったですからね、やはり特に不満な点ではないですね。

ということで、一生に一度になるかもしれないと思って買ったおせちですが、予想以上の満足度にまた来年も買いたいなどと今から思ってしまっています。(゚∀゚)

またこの美味しいおせちを食べられるように、今年一年、何事も努力していきたいと思います。(-ε-)/~~~ガンバレ~

※下記のリンクはすでに売り切れですが、参考までにどうぞ。



スポンサーリンク


nice!(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

直虎カレー。(-ε-) [おかず]

P_20171201_114837.jpg

アマゾンで買った直虎カレー です。

直虎というのは戦国時代の女領主である井伊直虎公のことで、このカレーは僧侶としての顔も持っていた直虎をモチーフに作られた、精進料理の要素を取り入れた薬膳カレーということです。

また、戦国時代に士気を上げるために特別に食べたという鹿肉も使っているということで、私好みのかなり特徴のありそうなカレーだと思ったので、これは買わねばと思ったんですよね。(-ε-)



P_20171201_121056.jpg

今回は比較的普通な感じの盛り付けですが、ご飯にもカレーにも具が多いように見えますね。



P_20171201_121153.jpg

ご飯にはゴボウとそら豆を混ぜ込んであるのですが、そら豆はそのまま盛り付けると存在感があり過ぎるので、(゚∀゚;) 今回は4等分に切ってご飯に混ぜ込んでしまいました。

今回のカレーは薬膳カレーということだったので、合わせるご飯にも渋い味わいのするゴボウと、ちょっとクセがあるそら豆が合うんじゃないかと思ったんですよね。

また、色も茶色くて地味目の方がそれらしいと思い、今回はターメリックや重曹などで色は付けませんでした。(-ε-)



P_20171201_121143.jpg

カレーはよくあるカレーよりはサラッとしていたでしょうか、スープカレーというほどではありませんが、ややゆるめのルーでした。

具は細かく刻まれた野菜がたくさん入っていて、鹿肉らしきお肉のミンチのようなものも見えました。

早速食べてみたのですが、まず一口食べて甘い!って思ったんですよね~。

これは薬膳カレーということで、私はかなり渋めの味を想像していたのですが、フルーツや野菜の甘みでしょうか、予想外にかなり甘みが強く、渋いどころかお子様向けかと思ったくらいなんですよね。(゚∀゚;)

また、油脂が多くて濃厚な感じもするので、私が思う薬膳カレーとはちょっと違う感じの味だったんですよね。

それでも、色々な素材が入っているからか複雑な味がして、味自体はとても自然な味で美味しいとは思いました。

ただ、鹿肉は量が少ないせいかあまり存在感がなく、これはもう少し入れて欲しかったなあという気がしました。(-ε-;)

おそらく万人に食べやすいように仕上げているんだと思いますが、もう少し薬膳や鹿肉の特徴を出した方が直虎カレーという感じがしてよかったんじゃないかという気がします。

ということですが、戦国時代と甘めのカレーが好きな歴女さんなどにはおススメだと思います。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

千曲のあんずインドカレー。(^。^) [おかず]

P_20171120_105526.jpg

アマゾンで買った千曲のあんずインドカレー です。

私はインドカレーが好きですが、市販されているインドカレーはあまりインドカレーっぽくない、なんちゃってインドカレーのようなものが多いので、なかなか本格的なものには出会えないんですよね。

今回アマゾンで見つけたこのカレーもどうなのかなあと思いつつ、カレー屋が手づくりした本格インドカレーとあるし、化学調味料などは使っていないようだったので、これはちょっと期待してもいいかなと買ってみることにしたんです。(-ε-)



P_20171120_111854.jpg

早速用意してみましたが、今回はとりあえず普通な感じの盛り付けにしてみました。



P_20171120_112021.jpg

ご飯にはターメリックで色を付けた大根の本体と、茎の部分、それに大豆たんぱくを混ぜ込んであります。

インドカレーというと、やはり黄色いご飯の方が感じが出ますよね。(-ε-)



P_20171120_112045.jpg

写真だと水分がほとんどないキーマカレーのように見えてしまっていますが、これはサラサラのカレーだった分、ご飯にかけたら染み込んでしまって、逆にルーというかスープがほとんどないような見た目になってしまったんですよね~。(゚∀゚;)

また、メインの具が野菜と豚ひき肉なので、余計にキーマカレーっぽく見えているのかもしれません。

見た目や香りはそれほど変わった感じはしなかったのですが、食べてみるとまずこれは意外にも甘みがあり、フルーティーな感じがしたんですよね。

野菜の甘みとはちょっと違うし、とても自然な甘みなのですが、おそらくこれはあんずの甘みなんでしょうね。

このカレーには千曲の美味しいあんずを使用しているということだったのですが、そのフルーティーな味と甘みが豚肉の旨みとすごく合っている感じで美味しいんですよね~。(^。^)

甘みはありますが、決して甘すぎることはなく、化学調味料などの不自然な味もしない自然で手作り感のあるカレーだと思いました。

豚肉はひき肉ですがそこそこ入っているので、サラッとしたカレーの割にはそれなりに濃厚さもあり、インドカレーというだけあってスパイシーな感じもしました。

ただ、インドカレーにしてはスパイス感は弱めで、味や香りにインパクトなどはないので、私には少し物足りない感じがしたんですよね。



P_20171120_105601.jpg

そこで、このカレーに添付されていたこの魔法のスパイスをかければ、よりインドカレーらしくなるかなと思い、カレーに混ぜて食べてみました。

すると、辛さはかなり増したのですが、やはりどこか物足りないんですよね~。(-ε-;)

おそらく私はもっとクセやインパクトのあるインドカレーの方が好みだからか、この比較的食べやすいインドカレーだと物足りなく感じるのかもしれません。



P_20171120_105623.jpg

最後にちょっと気になったので書いておこうと思ったのですが、この栄養成分表示が少し間違っているんじゃないかと思うんですよね。

100gあたりの栄養成分ということになっていますが、100gあたりのカロリーが221kcalもあるカレーというのは私は今まで一度も食べたことがありません。

生クリームや油脂たっぷりの超濃厚なカレーなら、100gあたりで200kcalを超えるものもなくはないのですが、このカレーは食べた感じではそこまで濃厚な感じではなかったんですよね。

それに、たんぱく質の量もこれだと多すぎる気もするし、カロリーの割には脂質が少ないし、塩分もここまで少なくはない気がします。

おかしいなと思ってアマゾンのサイトに載っている成分表示を見てみると、成分表示は今回私が買ったものと同じなのですが、原材料が少し違うんですよね。

もしかしたらこのカレーはリニューアルされる前のバージョンがあって、その時の栄養成分表示をそのまま載せてしまっているんじゃないかと思います。

私はこういう栄養成分表示を参考に、カレーの味や濃厚さなどを予想して買うかどうかを決めているので、この辺は正確にしてもらわないとちょっと困るんですよね~。

とか言って、これで合っていたら私がオマヌケさんということになりますが、(゚∀゚;) 原材料が違うのに栄養成分表示が全く同じということはないと思うので、何かしら間違っているんじゃないかと思うんですけどね。(多分。(-ε-;)

と、細かいことを書いてしまいましたが、このカレー自体は確かになんちゃってインドカレーなどではない美味しいカレーだったので、インドカレー初心者さんなどにはおススメだと思います。

が、現時点でのアマゾンの値段(716円)ではちょっと高いですね。私は441円で買いましたが、そのくらいが妥当ではないかと思います。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

博多久松 おためしおせち 。(^o^) ウマ~イ! [おかず]

P_20171116_145548.jpg

おとりよせネットさんから、とてもいいものをモニターさせてもらっちゃったんですよね~。(-ε-)

箱にも書いてありますが、これは博多久松というお店のおためしおせちという商品なんです。

最近はネットでも色々なおせちが売っているので、私も毎年気にはなっていたのですが、やはりおせちということで値段が高いので、どうしても買うのを躊躇してしまっていたんですよね。(-ε-;)

今年も眺めるだけで買うことはないだろうと思っていたところで、この「おためしおせち」にまさかのモニター当選したんですよ~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

おためしということなのですが、この商品には何と17品目ものおせちが入っているにも関わらず、お値段は500円ということで、ものすごくお得な商品なんですよね。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

ここまで安いと正直なところ、品質はどうなのかとかちょっと疑ってしまいますが、それを確認するための「おためしおせち」ですからね、とりあえずは食べてみることにしたんです。(-ε-)



P_20171116_145514.jpg

お試し商品ですが、結構見栄えのする黒い重箱に入っていました。

正方形の箱で一辺は約14㎝、高さは5㎝くらいです。

この商品は冷凍で届くので、説明書き通りに一晩冷蔵庫で解凍してからふたを開けてみると・・・



P_20171117_111953.jpg

冷凍とは思えないほどに色つやのいい、すごく美味しそうなおせちが出てきました~。ヽ(^o^)ノ

これは期待できるかもと、まずは冷凍だと食感が損なわれそうな数の子から食べてみたのですが、食感が悪いどころかコリコリ、プチプチとしたまさに数の子の食感で、味も上品な程よい味付けでとても美味しいんです。

伊達巻や高野豆腐なども冷凍すると食感がバサバサになりそうな気がしますが、伊達巻はしっとり、高野豆腐はジューシーで噛むと煮汁があふれ出てきて、どちらも言われなければ冷凍とは気付かないと思います。



P_20171117_112047.jpg

それではと、こちらも冷凍すると食感が悪くなりそうな焼帆立を食べてみたのですが、身はふっくらジューシーでとてもやわらかく、程よい甘辛味で美味しいんですよね~。(^。^)

鶏つくねや豚角煮なども甘辛味ですが、どれも甘すぎることがなく、程よい味付けなんですよね。

昭和の時代のおせちはやたらと甘っ濃い味付けだったので、私は最近まで実はおせちが苦手だったのですが、今回食べたおせちはどれも味が濃くなく、甘みが適度で、自然なだしの風味が効いていて、私のおせち嫌いが完全に吹っ飛びましたね~。(-ε-)



P_20171117_112106.jpg

おせちの定番の甘い豆などは昔は特に苦手だったのですが、今回入っていた白花豆や黒豆はしっかりと煮込まれているからか、豆の質感がねっとりと濃い感じで、それでいてどこか上品な味がしてとても美味しかったです。(^。^)

金柑や干しトマトなどというちょっと変わったものも入っていましたが、こういうのは食感や彩りのアクセントにもなっていいですよね。

きんとんだけは食事として食べるにはちょっと甘いかなとは思いましたが、後でトーストに塗って食べたらとても美味しかったです。(-ε-)

ということで、この「おためしおせち」は思っていたよりも遥かに質が高くて美味しく、このお値段で試せるのなら本当にお得だし、ありがたいと思いました。(^。^)

ものすごく美味しいとまでは言いませんが、私などが文句のつけようのない味付けだったし、全体的にとても丁寧に作られている感じがしたので、これだったら是非とも本番の商品を買ってみたいと思ったんですよね。

そこで、ネットでこちらのお店を検索してみたところ、何と私がよく買い物をしている楽天市場にも出店していたんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

私が今回試食した「おためしおせち」は現在はもうすでに売り切れてしまっていたのですが、本番の商品でいくつか気になるものがあったんですよね~。

その中で舞鶴というおせちが量的にも値段的にもうちにはちょうどいいと思ったので、実はすでに予約購入してしまったんですよ~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

この内容とボリュームで1万円ちょっとなら決して高くないと思ったし、味などはもう確認済みですからね~、これなら安心して買えるって思ったんですよね。

八女茶のロールケーキやガトーショコラなどが入っているのも何気にポイントでしたが、(-ε-) 基本的にクラシカルな内容の中にも、今どきっぽい洋風なお惣菜が入っているのも購入の決め手になりましたね。

ということで、このとってもステキなおせちがお正月に食べることが出来るのかと思うと、今からものすご~く楽しみです。(´ε`)




スポンサーリンク


nice!(19) 
共通テーマ:グルメ・料理

牛すじカレー 。(-ε-) [おかず]

P_20171104_115758.jpg

近所のスーパーで買った牛すじカレー です。

スーパーにはよく見切り品というのが売っていると思いますが、私がよく行くスーパーにも毎回そういうものが売っているんですよね。

これは牛すじとこんにゃくが入っているというちょっと変わったカレーだったのと、値段が見切り価格の150円ということで、ちょっと試してみてもいいかなと思ったんですよね。(-ε-)



P_20171108_113345.jpg

早速用意してみましたが、ルーの色はやや黒っぽく、サラッとした質感のカレーですが、温める前は煮こごりのような感じに固まっていたんですよね。

温めたらサ~っと溶けたので、おそらく牛すじのコラーゲンが固まっていたんでしょうね。お肌には良さそうな感じです。(-ε-)



P_20171108_113438.jpg

ご飯には大根、長ネギ、紅茶の葉の出がらしを混ぜ込んであります。

今回は和風な感じのカレーだったので、野菜も合いそうなものを選んでみました。



P_20171108_113535.jpg

メインの具は牛すじとこんにゃくということだったのですが、牛すじは微妙なかけらがいくらか入っていましたが、ほとんどはカレーと同化している感じでした。

こんにゃくもごく薄い角切りにされたものが数枚入っている程度で、ちょっとこれだと具が少なすぎる感じがしました。(-ε-;)

それでも食べてみると、これはオニオンソテーなどの野菜も入っているからか、味はそこそこ美味しいんです。

何となく甘っ濃いカレーをイメージしていたのですが、特別甘い感じでもしつこいこともなく、化学調味料のわざとらしい味もあまりしないので、個人的には結構好きな味でした。

ただやはり肝心の具材が少ないのが残念な感じがしてしまうので、牛すじが無理ならせめてこんにゃくはもう少し入れて欲しかった気がします。

後でネットで検索をかけてみたら、このカレーは普通に買うと安くても300円はするようなので、かなりお得に買えたことにはなりますが、300円だったらちょっと買わないかなと思いました。(゚∀゚;)

ということですが、一風変わったカレーとしては悪くはないとは思ったので、アマゾンで底値になったら買いかなという感じですね。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

醐山ゆばカレー 。(-ε-) [おかず]

P_20171031_104120.jpg

アマゾンで買った醐山(ござん)ゆばカレーです。

アマゾンには珍しいカレーが色々売っていますが、ゆばカレーというのは私も初めて見かけたんですよね。

私は豆腐、豆乳、大豆などがとても好きでよく食べていますが、もちろんゆばもすごく好きですからね、これはちょっと買ってみねばと思ったんです。(-ε-)



P_20171031_113139.jpg

早速用意してみましたが、カレーよりも目立ってしまっているものがありますよね。(゚∀゚;)

先日作ったカレーにも使いましたが、このデカくて怪しい物体はそら豆を圧力鍋で煮たものなんです。



P_20171031_113215.jpg

すごく大きい上に見た目もちょっとグロテスクな感じがしますからね~、ハロウィンカレーなどにはちょうどいいかもしれませんが、普通に食卓にあるとやっぱり怪しいですよね~。(゚∀゚;)

味というか匂いもちょっと独特ですからね、料理を選ぶかもしれない食材ですが、カレーは風味が強いので、クセのあるそら豆は結構カレーには合うと思います。

また、こんな見た目ですが、皮の中身はホクホクとしてジャガイモのような質感をしているので、その辺もカレーには合っているんじゃないかと思います。(-ε-)



P_20171031_113202.jpg

肝心のカレーですが、具はゆばの他にもジャガイモが入っていました。

ゆばはこの写真だとあまり入っていないようにも見えますが、底の方にたくさん溜まっていたので、かなりの量が入っていましたよ。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

これだけたくさんのゆばが使われていると、さぞかしマイルドな味がするのかなと食べてみたのですが、カレー自体はよくあるカレーよりは気持ちマイルドな感じはするものの、普通のカレーとあまり変わらない味だったんです。

それじゃあ、ゆばはどうかなと食べてみると、これもちょっと私が思っていた感じとは違っていて、短冊状に切られたゆばは食感がしっかりとしていて、とろりととろけるゆばとは全然違う食感だったんですよね。

味も特にマイルドとかクリーミィーな感じはなく、これだと何か歯応えのある野菜か何かだと思ってしまうかもしれません。(-ε-;)

カレー自体の味は悪くはないし、ゆばがたくさん入っているのはいいのですが、とろけるゆばのクリーミィーなカレーを期待していた私としては、これはちょっと違うかなと思ってしまいました。

今現在の時点で、アマゾンで千円以上という値段が付いていますが、ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?  興味がある方でも半額くらいになるまでは待った方がいいと思います。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

てらおか風舎の能登ワインカレー 。(-ε-) [おかず]

P_20171022_101851.jpg

アマゾンで買ったてらおか風舎の能登ワインカレーです。

以前にこれと同じシリーズのてらおか風舎の能登牛ハヤシ というのを食べたことがあるのですが、そちらがとても美味しかったので、今度はカレーを買ってみることにしたんです。

ちなみに、今回もセールで半額近くになっているものを買いました。(-ε-)



P_20171024_121708.jpg

早速いつものように盛り付けてみましたが、カレーはともかく、今回はご飯の色がちょっと変わっていますよね~。



P_20171024_121851.jpg

ご飯に混ぜ込んであるのは大豆たんぱくと大根なのですが、今回はさらにブドウの皮を刻んだものを加えてあるんです。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

紅茶の出がらしとか果物の皮とか、また貧乏臭いものを使ってると思うかもしれませんが、貧乏臭いんじゃなくて実際ビンボ~なんですよ!( ー`дー´)キリッ

というのは冗談かどうか微妙ですが、(゚∀゚) 今回ブドウ(デラウェア)の皮を使ったのは、このインパクトのある色を出したかったからなんですよね。

ブドウの皮にもアントシアニンが含まれていますからね、私の大好きな変色料理に使えると思ったんですよね。

こちらもちなみにですが、デラウェアなんて普段は高くて買えませんが、今回はスーパーの特売で1房100円で買えました。(-ε-)



P_20171024_120403.jpg

ブドウの皮を細かく刻み、大根と大豆たんぱくを合わせてレンジで加熱すると、この時点では紫というよりは黒っぽい色をしていますよね~。(゚∀゚;)

大根はともかく、大豆たんぱくが特に黒っぽくなっていますが、もしかしたらこれは大豆たんぱくの成分がアントシアニンの色に何かしらの影響を与えているのかもしれません。

何にしろこれだとちょっと思っていた色とは違っていたので、ここにさらにクエン酸を混ぜてみることにしました。



P_20171024_120713.jpg

すると、このようにかなり赤みがかったきれいな紫色になりました。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

ただ、相変わらず大豆たんぱくは黒っぽい感じだし、これをご飯と合わせてみたのが上から3番目の写真なのですが、ご飯と混ぜて色が薄まったというよりは、色が少し退色しているようにも見えますよね~。

どうも食品の変色というのは安定性がないというか、時間や他の食品の影響受けるようで、結構短時間で色が変わってしまうことがあるみたいなんですよね~。(-ε-;)



P_20171022_105443.jpg

とまあ、色の実験はともかく、肝心のカレーですが、これは能登の名産品のワインと牛肉のミンチを煮込んだキーマ風カレーで、具材にはマッシュルームも入っているということでした。

赤ワインを使っているので、パッケージのような赤黒いカレーを想像していたのですが、見た目はよくあるカレーとあまり変わらない感じでした。

マッシュルームも入っていましたが、そんなにたくさん入っているというわけではなく、お肉もひき肉なので、お肉としての存在感はあまりありません。

肝心の味はというと、確かに赤ワインの風味なのか、気持ち上品な感じがしなくもなかったのですが、基本的には普通のカレーとそれほどは変わらない味だったように思いました。

牛ひき肉が使われているので、ルーは牛のダシや脂が効いた適度に濃厚な風味がして美味しいとは思ったのですが、それも特別美味しいという感じではなかったように思います。

ということで、今回は定価ではちょっと買わないかないかなと思ってしまいましたが、半額ならばギリギリ納得かなという感じですね。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

野ぶたカレー。(-ε-) [おかず]

P_20171014_140832.jpg

アマゾンで買った野ぶたカレーです。

変わった名前だし巻物のように見えるので、本当にこれカレーなの?と思ってしまいそうですが・・・、



P_20171014_141150.jpg

包みを開いてみると、普通にレトルトパウチカレーが出てきました。(^_^;)



P_20171014_143730.jpg

いつものように盛り付けてみましたが、見た目も至って普通のカレーに見えますね。

野ぶたカレーということで、いくつか豚肉の塊が入っていましたが、このお肉は長野県小谷村で放牧によって育てられた小谷野豚という豚肉を使っているそうです。

また、小谷村産のサルナシを使っているのも特徴のようですが、サルナシは目に見える具としては残っていないようでした。

サルナシって何だっけ?と思って調べてみたところ、キウイによく似た植物なのですが、その実はキウイよりはかなり小さく、表面に毛がないのでそのままでも食べられるそうです。



P_20171014_143801.jpg

今回もご飯に混ぜ込んである野菜はキュウリではなく、重曹をまぶして加熱したゴボウです。

ご飯には紅茶の出がらしも混ぜ込んであるので、緑と茶色が混ざった微妙な色になってしまいました。(-ε-;)

見た目は微妙ですが特別変わった味がすることはなく、特にカレーと合わせて食べてしまえば、ほとんど気にならないと思います。



P_20171014_143828.jpg

肝心のカレーですが、豚肉はそこそこ入っていたのですが、赤身よりも脂身が多い感じだったので、温めると脂身はルーに溶け出してしまい、塊のお肉の存在感はあまりない感じでした。

赤身のお肉は繊維質のしっかりとした歯ごたえで美味しかったようにも思うのですが、量が少ないのとカレーに入っているとあまりそのお肉の価値がわかりにくいんですよね~。(-ε-;)

脂が多いのでカレー全体としては結構濃厚な感じなのですが、味はごくごく普通な感じで、市販のカレールーで作ったカレーとあまり変わらないような味でした。

商品説明にあったサルナシの甘酸っぱさなども特に感じられなかったのですが、まろやかでコク深い味わいというのは確かにそうかなとは思いました。

ということで、このカレーは普通には美味しかったのですが、その特産品ならではの特徴が感じられなかったのは残念でした。

その土地の特産品を使っているだけでもご当地カレーとして成り立つとは思うのですが、私はやはりその特産品ならではの個性を期待するので、これももう少し何かあればよかったかなと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理