So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


世界NO. 1社ラーメン ホワイトカリー麺 。ヽ(^o^)ノ ウマイ! [おかず]

P_20170523_121202.jpg

北野エースで買った世界NO. 1社ラーメン ホワイトカリー麺です。

このかわいくて変なパッケージがまず目を引いたのですが、世界NO. 1とか第1位ってどういうことなのかなって思ったんですよね。

説明書きを読んでみると、これは世界中のインスタントラーメンのランキングを毎年発表しているインスタント麺レビューサイト“The Ramen Rater(ラーメンレーター)で、2014年に第1位になったラーメンなんだそうです。

これ以外にもフレーバー違いのものが2種類あったのですが、どれも私が好きそうなエスニック系のヌードルだったので、とりあえず試しに1種類だけ買ってみることにしたんです。



P_20170523_121255.jpg

箱の中にはさらにこの変なキャラの袋が入っていました。

日本仕様って書いてあるのですが、これは味が日本仕様なのか、この絵柄が日本仕様なのか気になりますね。(-ε-)

辛さレベルは3となっており、おそらくMAXなんだと思います。



P_20170523_121420.jpg

袋の中には油揚げタイプの麺と調味料の袋が3種類入っていました。

透明の袋は油の混ざった調味料のペーストという感じで、残りの2つは粉末調味料なのですが、片方はよくある粉末調味料で、もう片方はクリーミングパウダーのようなものが入っていました。



P_20170523_123505.jpg

早速用意してみたのですが、今回は汁なし麺仕様にしたんですよね。

普通に汁あり麺でもよかったのですが、辛さレベルが3ということで、汁ありだと辛すぎる可能性もあるので、とりあえずはあまり辛さを感じずに済む汁なし麺にしたんです。

麺を普通にゆでた後に水気を全部切り、調味料を加減してまぶし、千切りにしたレタスとゆで大豆を混ぜ、ミニトマトをトッピングしてみました。

エスニック系の麺にはレタスとトマトの組み合わせが合うんですよね。(-ε-)



P_20170523_123608.jpg

辛さを警戒しつつ食べてみると、意外にも一口目はむしろ甘く感じたんですよね。

もちろん辛さもあったのですが、それと同時に甘みとまろやかさのようなものがあるので、それほどは辛く感じないんです。

そして味はエビやちょっとクセのあるお魚のような風味と、複雑なスパイスの風味もするので、これはまさに私が好きな東南アジア方面の風味がするんですよね~。

と言っても、食べにくいほどのクセがあるわけではなく、辛みもそれほど強くないし、甘みとコクがあってこれは予想以上にかなり美味しかったんですよ~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

少し化学調味料の旨みのようなものもあるかなとは思ったのですが、それでもこれほど美味しいインスタントラーメンは今まで食べたことがないような気がするし、最近の中では間違いなく一番のヒットだと思います。(^。^)

ただ、実はこの後、普通に汁あり麺仕様で食べてみたところ、甘みとまろやかさはありつつもすごく辛かったので、辛いものが苦手な人はまず食べられないと思います。(゚∀゚;)

それでも辛いものが好きな人なら、辛いよりも美味しいと感じると思うので、特にこれから夏の暑くなる時期にはこれはとてもおススメだと思います。(^。^)


        

スポンサーリンク


nice!(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

黒豚カレー 。(-ε-) [おかず]

P_20170428_111120.jpg

アマゾンで買った黒豚カレー です。

これで沖縄3兄弟(?)の最後になりますが、前回食べた軟骨ソーキ煮込みカレーのお肉がすごかったですからね、こちらも黒豚ということで期待して食べてみることにしました。(-ε-)



P_20170428_113220.jpg

見た目は特別変わった感じはなく、1つだけ大きなお肉が入っていたものの、あとは小さなお肉のかけらが2~3個入っているだけでした。

お肉は少なかったですが、角切りのジャガイモが結構入っていて、それ以外にもニンジンと玉ネギが入っているようでした。



P_20170428_113343.jpg

今回のご飯にもキャベツを混ぜ込んであります。

キャベツを混ぜ込むと彩りがとても良くなるし、カレーの味にあまり影響しないので、カレーに合わせるご飯にはよく使うんですよね。(-ε-)



P_20170428_113442.jpg

今回は黒豚カレーということで、ちょっと黒っぽい味(?)のする、大人向けなカレーを想像していたのですが、実際に食べてみたら、私の予想とは全く違う味だったんですよね~。(゚∀゚;)

まずこれには甘口とか辛口の表記がなかったのですが、これは明らかにお子ちゃま向けの甘口だと思います。

すごく甘いというわけではないのですが、マイルドでとても優しい味なので、これだと沖縄のお母さんが家庭で作る味という感じがしたんですよね。

お肉の赤身部分はほぐれる感じの質感なのですが、これはしっかりとした肉質と言えばそうなのですが、ちょっと固いような気がしたので、お肉はあまりお子ちゃま向けではないかもと思いました。

たっぷり入っているジャガイモも家庭のカレーを連想させて、普通に美味しいとは思ったのですが、私は黒豚の旨みの効いた大人向けなカレーを期待していたので、これだとちょっと物足りなかったですね。(-д-;)ウ~ン

ただ、パッケージのデザインを見れば、これが大人向けではなくお子ちゃま向けのカレーということは明らかな気がするので、(゚∀゚;) 勝手な思い込みで食べた私も悪いんですけどね。

ということで、今回のカレーは家庭的な至って普通の味だとは思いますが、パッケージがかわいい感じなので、お子様のいる家庭への手土産などに持っていくと喜ばれるかもしれません。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

にしきやのウニソースパスタ。(-ε-) [おかず]

P_20170419_104931.jpg

にしきやのクリーム仕立てのウニソースです。

私の大好きなインドカレーを取り扱っているにしきやでは、カレー以外にもこのようなパスタソースなども取り扱っているんですよね。

ただ、今回食べたこのウニソースは随分前に買ったものなので、今はもう終売になってしまったらしく、売っていないんですよね~。(-ε-;)

贅沢なパスタソースなので、とっておきにと食べずにいたのですが、とっておき過ぎて賞味期限も過ぎてしまっていました。(゚∀゚;)

とは言え、にしきやのパスタソースですからね、賞味期限が多少過ぎても美味しさにそう変わりはないでしょうからね、食べてみることにしました。(-ε-)



P_20170419_111344.jpg

ウニソースには特に具材は入っていなかったので、自分でほうれん草と大豆を加えてみました。

パスタも至って普通のスパゲッティですが、おそらくソースが美味しいので、これでいいんじゃないかと思ったんですよね。



P_20170419_111405.jpg

早速食べてみると、当たり前ですが、やはりこれはウニの風味がしてきましたね~。

ウニなんて滅多に食べませんからね、この独特の海鮮風味はやはり贅沢な感じがしますよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

市販の安いウニ風味の調味料などだと、な~んかうさん臭い風味がすることもありますが、(゚∀゚) こちらは本物のウニの風味がしっかりと効いている感じでした。

野菜を加えてしまったせいか若干ソースが薄まってしまい、クリームの濃厚さは思っていたほどはなかったのですが、それでもマイルドな風味とちょっとオシャレな風味がして美味しかったです。(^。^)

にしきやの商品はインドカレー以外はものすごく美味しいというわけではないと思うのですが、化学調味料などの不自然な味は一切なく、どこか丁寧に作られているのがわかるような味なんですよね。

このウニソースはもう売っていませんが、他にも美味しそうなパスタソースがいくつかあったので、またの機会に何か買ってみたいと思いました。(^。^)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

にしきや クワトロフォルマッジ 1人前(130g)
価格:392円(税込、送料別) (2017/4/28時点)



スポンサーリンク


nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

てらおか風舎の能登牛ハヤシ 。(´~`) ウマウマ [おかず]

P_20170413_102248.jpg

アマゾンで買ったてらおか風舎の能登牛ハヤシ です。

これはカレーではなくハヤシということですが、まあ系統は同じような食べ物ですからね、これもセールで半額近くになっていたので試しに買ってみたんです。(-ε-)



P_20170413_115251.jpg

盛り付けもいつものカレーと同じような感じにしてみました。

ハヤシなのでやや赤みがかったルーと、春キャベツの黄緑色のコントラストが思いの外きれいに出ました。(^。^)



P_20170413_115427.jpg

ご飯には大豆たんぱくも混ぜ込んでありますが、ターメリックを少し加えてあるので、より色が鮮やかになりました。



P_20170413_115504.jpg

見た目や質感はカレーに似ていますが、ハヤシということでこれはトマトベースのルーにスライスされた牛肉が入っているということでした。

市販のハヤシライスのルーは変に甘いことが多いので、これもちょっと警戒して食べてみたのですが、まずこれはかなり濃厚な味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

おそらく牛肉の脂が溶け出しているからだと思いますが、私は比較的さっぱりとしたハヤシを想像していたので余計に濃厚に感じました。

カロリーの表記がなかったのですが、これだと結構カロリーの高いカレーと同じくらいはありそうですね。(゚∀゚;)

味も甘みはそれなりにあるのですが、野菜の自然な甘みという感じなので甘過ぎることはなく、砂糖でつけたようなわざとらしい甘みでも嫌な甘みでもないんです。

甘みがあるので酸味は控えめで食べやすく、これなら大人でも子供でも美味しく食べられそうです。(^。^)

お肉は牛のバラ肉でしょうか、トロットロにとろけているので形としてはあまり残っていませんが、牛脂の旨みと甘みが溶けだしている感じなので、とっても美味しいんですよね~。(*´∀`*)

ということで、これは予想以上にかなり美味しくリッチな味だったので、定価の800円でも決して高くはないかもしれません。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

軟骨ソーキ煮込みカレー 。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! [おかず]

P_20170327_120443.jpg

アマゾンで買った軟骨ソーキ煮込みカレー です。

これは以前に食べたハブカレーと一緒に買っておいたものです。

ハブカレーの方は意外に普通でさっぱりとした味だったので、こちらのカロリーが高く、いかにもコッテリしていそうなカレーには色々と期待して食べてみることにしました。(-ε-)



P_20170327_123208.jpg

今回は比較的普通な感じに盛り付けてみました。



P_20170327_123414.jpg

ご飯はターメリックライスにしてキャベツを混ぜ込んでありますが、今回はおからパウダーも混ぜ込んであります。

何しろこのカレーはカロリーが100g あたりだと180kcal 以上もあるヘビー級カレーですからね、オカライス(おから入りのご飯のことです。)でさっぱりさせなければ食べられないんじゃないかと思ったんですよね。(゚∀゚;)



P_20170327_123328.jpg

さて、肝心のカレーですが、これはまず盛り付けた時点でちょっと驚きました。

ご覧の通り、大きなお肉がゴロっと入っていて、全体だとこれが4個も入っていたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

小さなお肉ならともかく、これだけ大きなお肉が4個も入っているレトルトカレーというのは、今まで食べたことがありません。

これはちょっと期待できるんじゃないかと食べてみると、ルーの味は結構スパイシーな感じはするものの、スタンダードな豚肉のカレーという感じで、特別変わっているとか美味しいということはありませんでした。

ただやはりこの豚肉がかなり特別な感じで、脂のとろけるような食感と、赤身のほぐれるような食感があり、それがこれでもかというくらいにたくさん入っていますからね~、すごく満足感も高いですよね~。(*´∀`*)

お肉は軟骨ソーキ(あばら肉)ということで、上の写真でも骨の穴のようなものが空いているのですが、軟骨自体は抜け落ちてしまっているのか、それともとろけるくらいにやわらかくなっていたのか、食感としては全く気付きませんでしたね~。

また、これだけお肉が入っているにも関わらず、これは意外としつこくはなかったので、オカライスと合わせなくても大丈夫だったかもしれません。

ということで、カレー自体の味は特別変わった感じはしなかったものの、お肉の存在感がすごかったので、このカレーに関してはそれだけでも十分価値があるように思いました。

カレーのお肉に物足りなさを感じている方には、これはかなりおススメだと思います。(-ε-)/



スポンサーリンク


nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

川俣シャモとひよこ豆のスパイシーカレー。(^。^) [おかず]

P_20170316_120231.jpg

楽天市場で買った川俣シャモとひよこ豆のスパイシーカレーです。

これは福島県のご当地カレーということで、川俣シャモという地鶏を使用しているそうです。

こういうご当地カレーというのは結構値段が高いことが多いですが、今回は賞味期限間近ということで、申し訳ないくらいに安い値段で買えてしまいました。(゚∀゚;)



P_20170316_123108.jpg

早速用意してみましたが、今回は豪華にゆで卵をトッピングしています。

この間のラーメンにも卵をトッピングしましたが、今月は私の誕生日ですからね、いつもよりも豪華な仕様なんですよ。(-ε-)

卵を飾ると色合いも鮮やかになっていいですよね~。(^。^)

この器も何気に卵型をしているので、全体的にも卵っていう感じが強調されて、結構この盛り付けは気に入ってしまいました。(-ε-)



P_20170316_123222.jpg

ご飯は今回は雑穀米にほうれん草を混ぜ込んでいます。

ほうれん草はレンジで加熱してから水で洗っているので、色は鮮やかなまま残りますが、気になるシュウ酸は減ってくれます。

ちょっとほうれん草を入れ過ぎた気もしますが、日本のカレーはやや甘いことが多いので、程よい苦味のあるほうれん草と組み合わせるのが好きなんですよね。(-ε-)



P_20170316_123206.jpg

肝心のカレーですが、これは本格インドカレーを意識しているようで、日本のカレーにしては比較的ルーがさらっとしていて、野菜でとろみをつけているような自然な質感でした。

お肉はあまり見えていませんが、中くらいのお肉が4個ぐらい入っていました。

早速食べてみると、これはスパイシーと書いてある割には、マイルドで甘みさえ感じる味がしたんですよね。

ですので、最初はこれだとインドカレーという感じは全然しないと思ったのですが、食べ進めていくうちに段々とスパイシーな辛みが出てきて、そこそこインドカレーという感じもしてきたんですよね。

とは言え、基本的には日本のカレーの味だとは思うのですが、味自体はとても美味しかったです。

ルーも美味しかったのですが、それよりもこのカレーに入っているお肉にちょっとビックリしたんですよね~。

地鶏ということで、もちろん鶏肉のはずなのですが、まるで豚肉でも食べているかのようなしっかりとした食感と味がしたんですよ~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

これは決して固いということではなく、キメが細かくて密度が高い感じでしょうか、豚肉はちょっと大味な感じもしますが、こちらは豚肉を繊細にしたような、ちょっと今まで食べたことのない質感をしていたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

このお肉はカレーに入れるのはもったいないくらいに美味しかったので、焼き鳥などのシンプルな調理法で食べてみたいと思いましたね~。(^。^)

また、このカレーにはひよこ豆も入っていましたが、ひよこ豆はほっくりとしていてジャガイモと似たような感じがしますからね、カレーには合うんですよね。

ただ、このカレーに関しては、このとても美味しいお肉をもっと食べたかったので、ひよこ豆を省いてでも、お肉の量を増やして欲しかったですね。(-ε-)





スポンサーリンク


nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

富山廣貫堂 やくぜんカレー ポーク。(-ε-) [おかず]

P_20170302_113902.jpg

アマゾンで買った富山廣貫堂 やくぜんカレー ポークです。

これは薬膳カレーということで、6種類の和漢素材と27種類ものスパイスが使われているそうです。

何だか体に良さそうだし、渋くて私好みの味がしそうだと思ったので、試しに買ってみることにしたんです。

ちなみに、このカレーはちょっと値段が高いのですが、私はこれもセールで定価の半額くらいで買えました。(-ε-)ニシシ



P_20170302_120647.jpg

早速用意してみましたが、見た目は至って普通のカレーに見えますね。

ルーはこれで半分くらいの量ですが、全体だとお肉はそこそこ大きいものが4個ぐらいは入っていました。



P_20170302_120753.jpg

ご飯には緑豆と大根を混ぜ込んであります。

大根はいつもレンジで加熱しているだけなのですが、葉っぱ(茎)の部分はとてもきれいな色が出るし、歯ごたえもしゃっきりとしているので、私はご飯に混ぜ込むのがすごく好きなんですよね。(^。^)



P_20170302_120720.jpg

カレーには野菜も使われているようですが、ルーに溶け込んでいるのか、目に見える具としては残っていませんでした。

その代わりに結構存在感のある豚肉を早速食べてみたのですが、これはすごくマットな肉質の赤身のお肉で、繊維感のあるほぐれるような質感をしていました。

脂身も少しだけ入っていのですが、こちらはトロトロにとろけていました。

そして肝心のルーですが、これは意外にもまろやかでやや甘めの味で、濃厚さもそこそこあるんですよね。

私はもっと渋くて辛く、ちょっと薬っぽい味すらするものを想像していたので、これはかなり肩透かしをくった感じというか、これだと至って普通のカレーな感じがしたんですよね~。(-ε-;)

ピリピリとした辛みがあってスパイシーな感じはするのですが、薬膳っぽい味や特別変わった味は全くしないんです。

味は市販のレトルトカレーなどよりは美味しいので、美味しさに不満があるわけではないのですが、薬膳カレーとしてはちょっと不満でしたね~。

まだ半分以上は残っているので、次回は何かしらのアレンジをして食べてみようと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ハブカレー。(-ε-) [おかず]

P_20170220_113508.jpg

アマゾンで買ったハブカレーです。

これは沖縄のカレーなのですが、今回これを含めた3点セットで売っていたんです。

沖縄の食べ物ってちょっと変わっていて美味しそうですからね、以前から興味はあったのですが、今回このカレーセットが何と半額以下になっていたので、これはもう買いだろうと買ってしまったんですよね。(-ε-)



P_20170220_113522.jpg

ちなみにこの箱なんですが、裏側の真ん中にこのような開け口が付いていて、



P_20170220_113551.jpg

これを開けるとこのままレンジで温められるようになっているんです。

日本の食品のパッケージのこういう親切、丁寧、便利な仕様には本当に感心してしまいます。

iHerb(アイハーブ)の商品などには、是非ともこういうのを見習ってほしいですね。(-ε-)



P_20170221_114156.jpg

さて、今回は至って普通に盛り付けてみましたが、ご飯の色がちょっときれいに出来ました。



P_20170221_114439.jpg

今回はご飯にキャベツと緑豆を混ぜ込んだのですが、キャベツは大外の葉っぱを使っているので、色が濃くて鮮やかに出たんです。

それに比べて、緑豆は重曹を入れて煮たせいなのか、色が赤黒くくすんでしまい、大きさと言い、色といい、まるで小豆のような見た目になってしまいました。(-ε-;)



P_20170221_114426.jpg

肝心のカレーですが、これはハブカレーとなっていますが、使われているお肉は牛肉なんですよね。(´д`ノ)ノエエッ!

ハブはお肉ではなくハブ酒として使用しているということで、それだと肉なしカレーになってしまうからか、牛肉を入れたのでしょうか?

それにしては、牛肉は小さなかけらがほんの少し入っている程度で、これなら入れなくてもよかったんじゃないかという気がしなくもなかったのですが、まあ気持ちでも入っている方が美味しくなるでしょうか。(-ε-)

ハブのお肉が入っているわけではないとはいえ、この派手なパッケージからして、いかにも奇抜な味がして辛そうですよね~。

ですので、カレーの見た目は普通に見えたのですが、結構警戒して食べてみると・・・・・、これ、見た目通りすごく普通なんです。(゚∀゚)

ハブ酒にはクセがあるのかなと思ったのですが、全くそういう変わった味はしないし、辛さも中辛と書いてあるのですが、これだと甘口と言った方がいいんじゃないかというくらい、全然辛くないんですよね~。

じっくりと煮込まれたような野菜が入っているせいか、むしろまろやかな味がするし、全く油っこくもない自然な味なので、普通に家庭で出てきそうな味だったんですよね。

ということで、カレーの味自体は結構美味しかったとは思うのですが、このパッケージから期待したような味は全くしませんでしたね~。

このカレーには普通じゃない奇抜な味を私はむしろ期待していたので、ここまで普通だと物足りなかったですね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

カレーマルシェスペシャリテ 仔羊とマッシュルームのカレー。(^。^) [おかず]

P_20170209_110722.jpg

ハウスのカレーマルシェスペシャリテ 仔羊とマッシュルームのカレーです。

少し前にこのシリーズの鴨肉のカレーを食べましたが、今回は仔羊を使ったカレーということで、こちらもちょっと変わったもの好きな私にはそそられるカレーだったんですよね。(-ε-)



P_20170209_114515.jpg

前回の鴨肉のカレーの時の盛り付けも変わっているとは思いましたが、今回は我ながらまた一段と妙な盛り付けになった気がします。(゚∀゚;)



P_20170209_114545.jpg

一番の問題はこの緑のお団子だと思いますが、これは前回も作ったおから団子なんですよね。

今回は刻んだほうれん草を混ぜ込んであるので、このようなちょっと変わった見た目になっているんです。

草が混ざると、ますます動物のえさ感が増しているような気もしますが、こう見えてこれは結構美味しいんですよ。(-ε-)



P_20170209_114721.jpg

ご飯はあまり見えていませんが、これは大根を混ぜ込んだターメリックライスです。

ちょっと派手な感じもしますが、これぐらいしっかり黄色いと見栄えはしますよね。



P_20170209_114644.jpg

カレーの見た目は前回によく似ていて、濃い赤茶色っぽい色をしていました。

妙につやがあって、見た目はかなり美味しそうに見えます。

やはり前回同様にお肉はあまり入っていないのですが、マッシュルームは今回もこのようにゴロゴロ入っていました。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

早速食べてみると、今回も基本的にはデミグラスソースのような味がして、コクがあってまろやかなとても美味しいカレーなのですが、どこかけもの臭い風味がしてくるんですよね~。(゚∀゚;)

これは間違いなく仔羊の風味で、このちょっとクセのある風味は苦手な人もいるんじゃないかと思うのですが、けもの臭いとは言っても、ちゃんとスパイスなどで上品な味に整えられているので、クセはあるけど美味しいんですよね。

また、今回も甘みはそこそこあったのですが、酸味も少し効いているせいか、前回よりは甘く感じませんでした。

お肉のクセや酸味は普通のカレーにはあまりない要素だと思いますが、私はちょっと変わったカレーが好きだし、それでいてかなり美味しかったですからね、今回のカレーは結構気に入りました。(^。^)

質感だけはどうも良く出来すぎている感じというか、若干不自然な感じがしなくもないですが、今回は慣れてしまったのか、それほどは気になりませんでした。

前回のカレーはもう終売になってしまったようですが、今回のものはまだ売っているので、ちょっと変わった高級なカレーが食べてみたい方は試してみるといいかもしれません。(-ε-)

    

スポンサーリンク


nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

神田カレーグランプリ マンダラ サグチキンカレー。(-ε-) [おかず]

P_20170126_104120.jpg

S&Bの神田カレーグランプリ マンダラ サグチキンカレーです。

これは少し前に食べた欧風ビーフカレーと一緒に買っておいたカレーで、「神田カレーグランプリ」優勝店のレトルトカレーシリーズの商品なんです。

前回の欧風ビーフカレーが結構美味しかったですからね、こちらは私の好きなインドカレーということで、さらに期待して食べてみることにしたんです。



P_20170126_111210.jpg

早速用意してみましたが、今回もな~んか怪しい見た目ですね。(゚∀゚;)

基本的にはいつものようにご飯は野菜を混ぜ込んだターメリックライスにして、そこにを合わせただけなのですが、この豆がいつもとはちょっと違うんですよね。



P_20170126_111428.jpg

すごく大粒で色も2色になっているのがわかるかと思いますが、これは虎豆といういんげん豆の仲間なんです。

ほっくりとした質感をしているので、いつも食べている大豆とは大分感じは違うのですが、こってりしたインドカレーにはこの豆がかえって合うんじゃないかと思ったんですよね。

ただまあこの大きさですからね、ちょっと存在感がありすぎましたね。(゚∀゚;)



P_20170126_111510.jpg

肝心のカレーですが、まず見た目からしてあまり緑色ではなかったんですよね。

サグチキンというのはほうれん草の入ったカレーなので、もう少し緑色というか、くすんだ色をしていても良さそうですが、これは結構茶色寄りの色をしていました。

食べてみても、結構スパイシーな味はするものの、あまりほうれん草の味はわからず、美味しいことには美味しいのですが、いまいちサグチキンカレーを食べているという感じがしなかったんですよね。

お肉は結構大きめのお肉が4~5個は入っていて、お肉はしっとりとやわらかかったので、その点は満足度は高いと思います。

ただおそらく、ほうれん草やカシューナッツの量が少ないんじゃないかと思うし、化学調味料なども使っていると思うので、これだと本場インドのサグチキンカレーの味ではないと思うし、お店の味とも違うんじゃないかと思うんですよね。

レトルトカレーにする上で色々と制約もあるのかもしれませんが、これだとあくまでレトルトカレー仕様にしたお店のカレーという感じがするし、ついでに万人受けするような味に整えられているんじゃないかという気もしました。

ということで、今回のカレーは決して美味しくないわけではなかったのですが、あまりインドカレーという感じがしなかったのと、やはりどこかレトルトっぽい味なのが気になりました。(-ε-;)




スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理