So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク


おやつ(国内) ブログトップ
前の10件 | -

明治 ザ・チョコレート 深遠なる旨味抹茶。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! [おやつ(国内)]

P_20170413_155935.jpg

明治 ザ・チョコレートの深遠なる旨味抹茶です。

明治 ザ・チョコレートはかなり人気のようですが、まさかまた新作が出るとは思っていなかったので、この抹茶が発売されるのを知った時はすごく驚きました。

抹茶は私がかなり好きなフレーバーなので、これはもう絶対買うぞ!と、いつもは特売になるまで待つ私が、発売日翌日にはコンビニで買ってしまいました。(-ε-)



P_20170413_160003.jpg

外箱や中身の袋のデザインは基本的に今まで販売されているものと同じですが、外箱の茶せんと湯呑みのイラストが何気にかわいいですよね。(^。^)



P_20170413_160207.jpg

そして中身ですが、これは以前に食べたジャンドゥーヤと同じデザインですね。

デザインは同じですが、こちらは濃いカーキ色という感じの、茶色と緑が混ざったような渋い色をしていました。

ジャンドゥーヤは、チョコレートの間にジャンドゥーヤが挟んであるという3層構造でしたが、こちらはダークミルクチョコレートの層と、ダークミルクチョコレートに抹茶を練り込んだ層の2層構造になっているんですよね。



P_20170413_160615.jpg

割ってみると確かに断面が2層になっているのがわかりますが、(写真向かって右側。)この2層の接着が弱いのか、割ると2層が分かれてしまうことが多かったです。(写真向かって左側がダークミルクチョコレートの層、真ん中が抹茶を練り込んだ層。)

ただ、この方が2層をあえて分けて味わいたいという私には、かえってちょうどよかったんですけどね。(-ε-)

ということで、まずはこの一体化している部分から食べてみたのですが、このチョコレートは思いの外濃厚でしたね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

抹茶フレーバーだと少しさっぱりしているのかとも思ったのですが、これはむしろ濃厚な部類に入る感じで、まったりと濃厚な味わいなんですよね。

最近は随分とあたたかくなってきたので、もしかしたら時期的な感じ方の違いでより濃く感じたのかもしれませんが、濃厚なのは間違いないですね。

また、これはカカオ分は58%なので、どちらかと言えば甘いと思っていたのですが、これ結構ビターなんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

ダークミルクというだけあって、確かにミルクのまろやかさがあるのですが、砂糖の配合は少なめなのでしょうか、カカオ分以上にビターに感じるんです。

最初は抹茶の苦味も効いているからかなとも思ったのですが、この2層に分かれているダークミルクチョコレートの層だけ食べてもやはりビターでした。

肝心の抹茶の味も、これは香料などのうさん臭い風味などは全くしない、本物の渋くて深い抹茶の風味がちゃんとしましたよ~。(^。^)

抹茶のいい意味での苦味も効いていますが、同時にまろやかさもあるので、ただビターなだけではないんですよね。

また、この抹茶風味はチョコレートの風味に負けることはなく、かと言って目立ちすぎることもなく、絶妙なバランスで仕上がっていると思いました。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

抹茶の風味があるので、チョコレートの風味はカカオ豆本来の風味がはっきりとわかる程ではないのですが、高品質なカカオ豆を使っているんだろうな思える美味しさがありました。(^。^)

ということで、今回の抹茶フレーバーも私が思っていた以上に美味しかったので、多分リピートしてしまうと思いますが、こうなると今からすでに次の新作を期待してしまいますね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

ハーゲンダッツ 華もち ごま胡桃(くるみ)。(^。^) [おやつ(国内)]

P_20170321_171625.jpg

ハーゲンダッツの華もち ごま胡桃(くるみ)です。

この華もちシリーズは2年前にも販売されていたのですが、その時は一回買いそびれたら二度と買えなかったという悲惨な過去があったので、(゚∀゚;) 今度こそは食べてみたいと思っていたんです。

ただ、このアイスは真冬に発売されましたからね、うちは冬にアイスを食べるなんてありえないくらいに寒いので、今の今までこのアイスに限らず、冬の間はアイスを全く食べられなかったんですよね~。(-д-;)

アイスは冬の方が断然濃厚で私好みのアイスが発売されるので、本当にもうやめてくれ!というくらいに食べたいアイスはたくさんあったのですが、その気持ちよりも寒さの方が勝っていましたからね、食べたくても食べられなかったんですよね。(ToT)

それが3月下旬になって、ようやくあたたかい日も増えてきて、ギリギリアイスを食べられるくらいの気温になってきたので、タイミングよくスーパーで特売していたこのアイスを買ってきたんです。



P_20170321_171650.jpg

ふたを開けてみると、表面にはドロッとした怪しげなソースがかかっていましたが、これは黒ゴマソースなんですよね。

見た目はあまり美味しそうという感じではありませんでしたが、味は間違いないだろうと期待して食べてみることにしました。(-ε-)



P_20170321_172043.jpg

黒ゴマソースのすぐ下にこのアイスのポイントになるおもちが入っているのですが、これが思っていたよりもかなり分厚い層になっていたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

私は雪見大福のような薄めのおもちの皮のようなものが入っているのかと思っていたので、この分厚いおもちはちょっとうれしい驚きでした。(^。^)

早速食べてみると、このおもちは冷凍庫から出したてでもそんなに固くなかったのですが、少し時間を置くとさらにやわらかくなるみたいですね。

本物のおもちとはちょっと違いますが、特に怪しい味や質感ではなく、黒ゴマソースと一緒に食べるとまさにおはぎでも食べているかのような味がしました。

その下のアイスは白ごまアイスということだったのですが、上の黒ゴマの風味が強いので、白ゴマの風味はよくわかりませんでしたが、ハーゲンダッツらしい上品なミルクの味がして美味しかったです。(^。^)

アイスに少しだけクルミが混ぜ込まれているのですが、これも香ばしさと食感のアクセントになっていてよかったと思います。

ただ、私には黒ゴマソースとおもちがかなり甘く感じたので、アイス部分の甘さが控えめだったとしても、全体的にこれだとちょっと甘かったですね。

あまり甘いと素材の風味をよく味わうことが出来ないので、もう少し甘さ控えめだとなおよかったかなと思いました。

とは言え、この華もちシリーズはなかなか美味しかったので、また違うフレーバー(抹茶希望!)でも出して欲しいですね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

プリン研究所 おすすめプリンセット。(´~`) ウマウマ [おやつ(国内)]

P_20170121_124302.jpg

今回、とてもいいものをいただいてしまいました。

プリン研究所という、プリンだけを専門に作っているお店のおすすめプリンセットなんです。

私はプリンが大好きですからね、プリン研究所なんていう名前を聞いただけでも、すごく興奮してしまうのですが、今回の商品にはプリン4種類に加えて、なんとソースが8種類も付いてくるということで、プリン好き、食べ比べ好きの私にとっては、これはもう夢のようなセットなんですよね~。(*´∀`*)



P_20170121_124325.jpg

こんな感じでコンパクトなのですが、ずっしりと重たい箱に入って届きました。

箱もとってもかわいい感じですよね~。(^。^)



P_20170121_124722.jpg

中にはこのようにビンに入ったちょっとオシャレな感じのプリンが4種類と、カラフルな8種類のソースにスプーンも付いていました。



P_20170121_143831.jpg

今回のお試しセットのソースには、ノーマル、スイート、ビターのカラメルソースが3種類、バニラ、ラム、ブランデー、チョコレート、ラズベリーのソースが入っていました。

この色とりどりのソースを見ただけでも、ワクワクしてテンションが上がりますよね~。(人´∀`)☆



P_20170121_143523.jpg

早速まずはこの基本の真・プリン「なめらか」から食べてみましたよ~。

このプリンの原材料は卵と牛乳と砂糖だけという、本当にシンプルで正統派のプリンなのですが、まさにそのまんまのとても自然な味なんですよ~。

本当に卵と牛乳の味しかしない感じなのですが、その材料にも良いものを使っているからでしょうか、素材の臭みなどは一切なくて、すごく好感の持てる味がするんですよね。

また、これはその名の通り、質感がとてもやわらかくてなめらかなんですよね~。(*´∀`*)

トロトロにとろけてしまう感じなのですが、ゼラチンなどで固めたプリンとは違うゆるい質感で、この質感もまたこのプリンの美味しさを最大限に引き出しているんじゃないかと思いました。

市販のプリンには添加物や香料などが使われているものが多いですが、これはそういうもので味をごまかす必要のない、本物のプリンだと思いました。(^。^)

ということで、プリン自体がとても自然な味なので、ソースもシンプルなカラメルソースが一番合うと思いましたが、このカラメルソースも手作りらしい自然な苦味がちゃんと効いているんですよね。

いつもだったら私はビターを選んだと思うのですが、今回のやさしい味のプリンにはノーマルの方がより合っていると思いました。



P_20170121_143405.jpg

次に紅茶プリン「アッサム」を食べてみましたが、質感はプレーンとほぼ同じですが、風味はとても上品な紅茶の香りがしました。

紅茶の風味は弱めだと思いましたが、このそこはかとない風味はやさしいプリン本来の風味を損なわず、それでいて格調高い風味になっていると思いました。

ソースはラムを加えるとより一層風味がよくなると思いましたが、ラズベリーも華やかでフルーティーなフレーバーティーのような味になるのでおススメだと思います。



P_20170121_143242.jpg

次にコーヒープリン「プリンブレンド」ですが、ちょっとこの写真のビンが汚くなってしまっていますよね。(-ε-;)

上記の2つもそうなのですが、これは私が不覚にも箱を開ける時に手を滑らせて、箱を横倒しにしてしまったせいで、やわらかい質感のプリンが崩れてしまったからなんです。

まあ、それくらい質感がやわらかいということがわかってもらえるでしょうか。。。(゚∀゚;)

味の感想に戻りますが、このコーヒープリンはちょっと予想以上に美味しかったんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

本格的なコーヒーを使用しているということで、コクのあるコーヒーの風味がハッキリとしていて、とても濃厚な味がするのですが、それでいて嫌な苦味はないんです。

本格的なコーヒーの美味しさと、プリンのまろやかな美味しさがとても合っているので、これは特にコーヒー好きな方は絶対に食べた方がいいと思うくらい美味しかったです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

甘みもしっかりと感じられたので、これは正直ソースは全く必要ないんじゃないかと思ったのですが、しいて言えばチョコレートソースを加えると、より濃厚さが増すのでおススメだと思いました。



P_20170121_143151.jpg

最後にバニラプリン「マダガスカル」を食べたのですが、これだけ明らかに他とは質感が違っていたんですよね~。

とてもしっとりとなめらかな質感なのですが、プリンの質感というよりはクリームかペーストのような質感をしているんですよね。

ですので、これだけ横倒しにしても全く形が崩れていないし、食べてみてもプリンの食感とは大分違うのですが、とても濃厚な舌触りと香り高いバニラの風味がしてきて、これはかなり絶品だと思いました。(^。^)

正統派のプリンとはちょっと違うとは思いましたが、これはこれですごく美味しいので、こういうのもありかなとは思いました。

バニラの風味が絶大なので、ソースはシンプルなカラメルソースが合うと思いましたが、ラムやブランデーなどの洋酒系を加えると、よりバニラの風味が引き立つかなとも思いました。

ということで、今回のプリンは正統派の美味しさあり、他の素材との組み合わせを楽しむものあり、よりリッチな味にアレンジされているものありと、食べ比べセットとしては本当に価値のあるものだと思いました。(^。^)

さらにそれに合わせるソースもプリンの風味を最大限に生かすように研究されている感じがして、組み合わせて食べるのが本当に楽しかったです。

スプーンの形状やソースの容器などの使い勝手もよく、とことん食べる人のことを考えて作られている商品だと思ったので、これはプレゼントには最適な商品じゃないかと思いました。

見た目のイメージだと女性向けの商品にも思えますが、味は全体的に甘さが控えめだし、特にコーヒーは本格的な味で美味しかったので、バレンタインなどに男性にプレゼントしてもいいかもしれませんね。(^。^)

スポンサーリンク


nice!(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

明治 ザ・チョコレート ビター2種。(^。^) [おやつ(国内)]

P_20170125_162258.jpg

明治 ザ・チョコレートの力強い深み コンフォートビター(写真向かって左側)と華やかな果実味 エレガントビター(写真向かって右側)です。

最初にこのシリーズのミルク2種を食べてからずいぶん経ってしまいましたが、ようやくこちらのビター2種も買うことができました。

どうもタイミングが合わなくて買いそびれていたのですが、これは絶対食べておきたかったので、近所のスーパーで売り切れる前に買えてよかったです。(-ε-)



P_20170126_154858.jpg

形状はどちらもミルクなどと同じブロック状で、両方ともカカオ分は70%ということで、色もほぼ同じような濃い目の茶色をしていました。



P_20170202_162024.jpg

まずはコンフォートビターの方から食べてみたのですが、これは思っていたよりは穏やかな味がしましたね。

力強い深みとあったので、もう少しガツンと濃いカカオの風味が来るかと思いましたが、穏やかでおとなしい感じの苦味があって、木とかナッツの風味がするようなスタンダードな風味のビターチョコレートだと思いました。

特別な特徴がないので、地味な味にも感じなくもないのですが、カカオ豆本来の風味はちゃんとしているし、とても上品な風味がするんですよね。

市販のチョコレートでこのような質の高いチョコレートが比較的低価格で食べられるというのは、本当にありがたいことだと思いました。(^。^)



P_20170202_162650.jpg

それではと、今度はエレガントビターの方を食べてみたのですが、これは同じカカオ分のビターチョコレートなのに、風味が全く違うんですよね~。

華やかな果実味とありますが、まさにこれはその通りな感じの、かなり酸味が効いているフルーツのような風味がするので、これでフルーツが何も入っていないというのが不思議なくらいの果実感があるんです。ヽ(゚Д゚;)ノ オオッ!

先日食べたこのシリーズのフランボワーズのタイトルに鮮烈な香りと付いていましたが、私はむしろこちらにそのタイトルを付けた方がよかったんじゃないかという気がするくらい、こちらの方がインパクトのある風味だと思いました。

酸味が強いせいか、苦味もこちらの方がしっかりあるようにも感じるので、ビターチョコレートを食べ慣れていないと、ちょっと食べにくい味かもしれませんが、こういうインパクトのある風味は私は嫌いじゃないですね。

ということで、これで明治 ザ・チョコレートは全部食べましたが、(もう出ないですよね?(-ε-;) どれも期待以上に美味しくて、ちょっとビックリしましたね~。

去年もこのシリーズのビターチョコレートは販売されていましたが、今回はミルクやフレーバーのバリエーションも増えたので、食べ比べることでそれぞれの美味しさや特徴がよくわかり、より美味しく感じたのかもしれません。

特に、意外なところで私はフレーバー系の2種類がかなり気に入っていて、これは今まで食べたヘーゼルナッツチョコとフランボワーズチョコの中で一番美味しいと思ったので、もう一回は必ず食べたいと思いましたね~。(^。^)

うちの近所のスーパーやコンビニではすでに売り切れているものもあるので、後悔しないうちに買っておかなければと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

明治 ザ・チョコレート フランボワーズとジャンドゥーヤ。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! [おやつ(国内)]

P_20161224_115628.jpg

明治 ザ・チョコレートの鮮烈な香りフランボワーズ(写真向かって左側)と魅惑の旨みジャンドゥーヤ(写真向かって右側)です。

明治 ザ・チョコレートのシリーズから先月まさかのフレーバーチョコレートが2種類発売されたんですよね。

前回食べたミルクチョコ2種類と、未だに食べていないビターチョコ2種類だけにとどまらず、フレーバー系まで出してくるなんて、明治さんは何だかやる気に満ち溢れている感じですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

チョコレート好きの私にとってはうれしい限りなのですが、まだビターチョコの方を食べそこなったままなんですよね。(゚∀゚;)

ビターの方も必ず食べるつもりではあるのですが、とりあえずこちらの方が先に手に入ったので、先に食べてしまうことにしました。(-ε-)



P_20161224_115800.jpg

パッケージのデザインは基本的にミルクやビターと同じですが、とてもオシャレな感じがしていいですよね。(^。^)



P_20161224_115915.jpg

このように個包装になっているのも、劣化を気にせずに毎回美味しく食べられるようにとの工夫でしょうか。これだと持ち運びにも便利でいいんですよね。(^。^)



P_20161224_160007.jpg

こちらはフランボワーズの方ですが、形状は先日食べたミルクと同じように、形の違うブロックに分かれていました。



P_20161224_160334.jpg

早速食べてみたのですが、これはちょっと予想外の味がしたんですよね~。

何が予想外かと言えば、このフランボワーズの方には鮮烈な香りというサブタイトルが付いていましたからね、正直なところ、もっとわざとらしい香料の香りがして、味もクエン酸などで酸味を付けているんじゃないかとも思っていたんですよね。

ところが、これはそういううさん臭い風味は全くなく、鮮烈というよりはむしろ穏やかな優しい風味がしたんですよ~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

確かにベリー系の酸味や風味はあるのですが、フランボワーズの風味は弱めなので、優しいストロベリー風味のようにも感じるんです。

カカオ分が44%と前回食べたミルクチョコレートよりも低めなので、より優しい味に感じたのかもしれません。

ただ、市販のよくあるストロベリーチョコなどとは風味が全く違っていて、やはりこれはカカオ豆の風味やフランボワーズが効いているんでしょうね、とてもフルーティで洗練された美味しいチョコレートという感じがしました。(^。^)



P_20161224_160046.jpg

そしてこちらはジャンドゥーヤの方なのですが、これだけ他とはデザインや形状が違っていたんですよね。



P_20161224_160233.jpg

割ってみると、チョコレートの間にジャンドゥーヤが挟んであったので、他のと同じ形状にするのは難しかったんでしょうかね~。

早速こちらも食べてみると、やはり予想外の味がしたんですよね~。

こちらは食べる前にまずヘーゼルナッツの濃厚な香りがしていたのですが、これがちょっと香料じゃないかとも思える風味だったので、こちらも最初はちょっとうさん臭い味がするんじゃないかと疑っていたんです。

ところが実際に食べてみると、これはまさにヘーゼルナッツという感じの渋くてナッティーな風味がして、適度な苦味もあってすごく美味しいんですよ~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

カカオ分は51%なので、そんなにビターではないはずなのですが、ヘーゼルナッツの渋い風味が効いているのか、カカオ分以上の苦味があるように感じるんですよね。

渋くてコクがあって濃厚で、これはまさに私好みの味でもあるので、今まで食べた市販のヘーゼルナッツチョコレートの中ではダントツで美味しかったですね。(^。^)

ということで、今回のフレーバー系2種類は前回食べたプレーンのミルク以上に美味しかったとも思ったので、これはちょっとリピートしてしまうかもしれませんね~。(-ε-)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治 ザ・チョコレート 魅惑の旨み ジャンドゥーヤ(3枚入)
価格:248円(税込、送料別) (2017/1/4時点)



スポンサーリンク


nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ハーゲンダッツ デコレーションズ チーズベリークッキー。(^。^) [おやつ(国内)]

P_20161211_130039.jpg

ハーゲンダッツのデコレーションズ チーズベリークッキーです。

先日食べたスペシャリテよりもこちらの方が早く発売されていたのですが、買い物のタイミングが合わずに食べそびれていたんですよね。

だがしかし!( ー`дー´) デコレーションズなどというけしからん新シリーズの商品ですからね、これは絶対に食べねばと、大分遅くなりましたが買ってきましたよ。



P_20161223_163538.jpg

ふたを開けてみると、何とピンク色の土砂が!ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

これはストロベリーとラズベリーの2種類のクッキーということなのですが、お上品なイメージのハーゲンダッツのアイスに、こんなにたっぷりとドシャッと入っているとは思いませんでしたね~。(-ε-)\(`∀´;)「オッサンか!」



P_20161223_164336.jpg

まずはクッキーから食べてみたのですが、これは見た目通りで食感までまさに土砂でしたね~。(-ε-)

サクサクというよりはザクザクという感じのハードな食感ですが、もちろん岩ほどは固くはなく、適度な噛み応えのあるいい感じの食感です。

味は見た目がカラフルな割には意外と薄味というか、とても自然なラズベリーの風味がして、それほど甘くも酸っぱくもない感じでした。

ただ、その下というか、カップのふち付近にひそかにベリーの練乳ソース?のようなものが入っていて、これは結構甘かったんですよね。

その下はベリーソース入りのチーズアイスクリームなのですが、このチーズにはカマンベールを使用しているということで、ちょっとだけチーズのクセのあるような濃厚な風味がしました。

ベリーソースは甘酸っぱい味でアクセントにはなっていますが、全体的にはミルキーな風味で、見た目や食感にインパクトはありますが、思っていたよりは全然マイルドな感じのアイスでした。

ハーゲンダッツはシンプルなものでも十分美味しいですが、こういうデコレーションされたものは見た目にも盛り上がりますからね、今後もこのシリーズは期待したいですね。(^。^)

スポンサーリンク


nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ハーゲンダッツ スペシャリテ ピスタチオ ベリー。(´~`) ナメナメ [おやつ(国内)]

P_20161204_153046.jpg

ハーゲンダッツのスペシャリテ ピスタチオ ベリーです。

毎年この時期になると、ハーゲンダッツはコンビニ限定の特別なバージョンを出してきますが、今年もやっぱり出ましたね~。

かなり高級なアイスなので、確か去年はクオカードがなくて買えなかった気がしますが、∑(゚д゚lll)ガーン 今年は少し前にクオカードをゲットしましたからね、早速買ってきましたよ。(-ε-)



P_20161204_153140.jpg

ふたを開けてみると、淡い黄緑色のきれいなアイスが出てきました。(^。^)

表面には粉砂糖がかかっていてきれい・・・と思ったのですが、ここに何と銀箔も使われていたみたいなんですよね~。ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

てっきり私は粉砂糖だと思っていたので、せっかくの銀箔に気づかず、ちょっともったいなかったですよね。(-ε-;)



P_20161205_151550.jpg

今回はピスタチオベリーということですが、もう一種類、下の方にブロンドチョコレートのアイスが入っているんですよね。

ブロンドチョコレートは独特なまろやかな風味が私も気に入っているのですが、それを使ったアイスというのは今回初めて食べると思います。

まずはピスタチオアイスから食べてみたのですが、相変わらずのまったりと濃厚な質感で、口どけがすごくなめらかですね~。(*´∀`*)

これぞハーゲンダッツ!という上品な質感なのですが、そこにピスタチオの独特な風味とまろやかさが加わり、さらにリッチで濃厚な感じが増しているんですよね~。

お口がまったりとしたところで、その下にあるベリーのハッとするような果実の酸味が広がり、これが見た目だけでなく味のアクセントにもなっている感じでした。

一番下のブロンドチョコレートアイスもやはりまったりと濃厚な風味で、ブロンドチョコレートらしいちょっとだけクセのあるバターのような風味がすると思ったら、ここにはグラハムクッキーも入っていたんですよね。

ブロンドチョコレートの風味かクッキーの風味のどちらかはわかりませんが、このそこはかとない独特な風味はやはりちょっと違うぞという感じがしました。

最近はハーゲンダッツでなくても、4層構造などになった凝ったアイスが結構ある気がしますが、やはりハーゲンダッツ、高いだけあって品質というか格が違うという感じがしましたね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

全体的には穏やかな風味なので、インパクトのある美味しさではないのですが、じんわり、じっくり味わってみると、このアイスの良さがよくわかる感じがするので、優雅なティータイムにどうぞという感じですね。(-ε-)

スポンサーリンク


nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シュプールモンシェール モンブラン&キャラメル。(^。^) [おやつ(国内)]

P_20161204_153058.jpg

赤城乳業のシュプールモンシェール モンブラン&キャラメルです。

ようやく近所のスーパーにこのシュプールモンシェールシリーズが3種類入荷したのですが、これ発売日は9月なんですよね。

うちの近所のスーパーはどうもマイペースな感じなので、新商品をすぐに入荷してくれることがあまりないんですよね~。(-ε-;)

ただ、アイスのセールの日にはこれが半額で買えるので、私は今回これを65円で買えてしまいました。(-ε-)ニシシ



P_20161204_153113.jpg

ふたを開けてみると、まさにモンブランそのもののアイスが出てきました。

ただ、第一印象としてはこれだとちょっとシンプルなので、ここにもうワンポイント何かがあって欲しかった気はしますが。(-ε-)



P_20161205_150417.jpg

早速この上に乗っているマロンペーストを食べてみたのですが、これがかなり濃厚なんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

油脂で濃厚というよりは栗が濃いという感じで、甘さもしっかりあるので、まるで栗のあんでも食べているような感じなんですよね。

と思ったら、原材料に白あんなども使われているようなので、まさにそのまんまの味でしたね。(^_^;)

その下のアイスはどうかなと食べてみると、これも思っていたよりは濃厚で美味しかったですね。

というのも、このシリーズのアイスはどうもさっぱりしているという印象だったので、これもそうかと思いきや、今回のものは濃厚とまではいかないものの、それなりには濃い感じもしたんですよね。

おそらくアイスにもマロンペーストが混ざっているからじゃないかと思うのですが、さっぱりしているアイスは私は基本的にはあまり好みではないので、今回くらいの濃さなら満足な感じがしました。(^。^)

一番下はキャラメルアイスのようなのですが、上のマロンペーストと食べるとマロンが強くてキャラメルの風味はあまりわからなかったのですが、見た目的にも2層に分かれているのはポイントが高いですよね。

また、マロンアイスとキャラメルアイスの間にはカシスソースが入っているのですが、この甘酸っぱい味が単調な味になりがちなマロンアイスのアクセントになっていてよかったと思います。

全体的には洋酒が少し効いているからでしょうか、どこか上品な味がする感じもして、これはなかなか美味しかったです。(^。^)

今まで食べた中ではこれが一番美味しかったので、見かけた方は買ってみてもいいんじゃないかと思いますよ。(-ε-)

スポンサーリンク


nice!(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

PABLO(パブロ)mini アイスバー。(^。^) [おやつ(国内)]

P_20161120_152428.jpg

赤城乳業のPABLO(パブロ)mini アイスバーです。

PABLO(パブロ)のアイスシリーズはいつもとても美味しいので、今回は初のバータイプのアイスでしたが、安心して買ってみることにしました。

ただ、今年は11月からとても寒かったですからね、このアイスも買ったのは2週間くらい前だったのですが、寒くてなかなか食べられなかったんですよね。(-ε-;)

今日はかなり気温が上がっていましたが、天気予報によると月曜日くらいまではどうやら比較的あたたかいようなので、今のうちに買ったはいいけど食べていないアイスを食べてしまおうと思っています。(-ε-)



P_20161120_152510.jpg

袋を開けてみると、黄色いチョコレートでコーティングされてアイスが出てきましたが、これは特にカスタードアイスというわけではなく、ホワイトチョコレートみたいですね。

うっすらと中身が透けて見えていますが、中のアイスにはバタークッキーが混ぜ込まれているということで、この時点で期待が高まります。(^。^)



P_20161120_152611.jpg

ナイフで切ってみると、断面にはバタークッキーだけでなく、とろ~りとしたチーズソースが入っていました。

これは見るからに美味しそうと早速食べてみると、まず質感は外側のチョコレートはパリッとしていて、アイス部分は適度に空気感のあるふっさりとした質感でした。

空気感のあるアイスにはちょっと味は安っぽい感じがするものもあるのですが、これはちゃんとアイスクリームとしての濃厚さもあってとても美味しいです。(^。^)

そこにさらにホワイトチョコやバタークッキーの濃厚さも加わるので、全体的に結構濃厚なアイスではあるのですが、チーズソースにやや酸味があるので、濃厚過ぎない感じになっているんですよね。

パブロのアイスはいつもチーズの風味がうさん臭い香料などの風味ではなく、自然なチーズの風味がするのもとても好感が持てます。

すごく美味しいというほどではなかったものの、全体的にとても良くできている感じで、チーズタルトを食べているのに近い味だったので、これは結構おススメじゃないかと思います。(^。^)


スポンサーリンク


nice!(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

明治 ザ・チョコレート ミルク2種。(^。^) [おやつ(国内)]

P_20161117_121203.jpg

明治 ザ・チョコレートの濃密な深みと旨味ベルベットミルク(写真向かって左側)と優しく香るサニーミルク(写真向かって右側)です。

明治からは最近毎年のようにカカオ豆にこだわったチョコレートが発売されていたので、今年も何か出るのかなと期待していたら、今年は一段とこだわりを感じる商品が発売されたんですよね。

しかも、今年はビターとミルクが各2種類ずつの4種類もあり、パッケージのデザインからしても、とてもオシャレでこだわりを感じるチョコレートになっていたんですよね。

ですので、これはもう私などは今年一番食べたいチョコレートだと思っていたのに、色々と事情があって今月までおあずけをくらってしまい、ようやく今回食べることが出来たんです。(-ε-;)



P_20161117_121254.jpg

パッケージの裏側にはこのようにチョコレートの産地や風味の説明などが詳細に載っていて、このチョコレートに対する明治のかなりのこだわりが感じられますね。



P_20161117_121242.jpg

こちらは原材料のところにカカオ豆の産地の記載がなかったのですが、ベネズエラ産のカカオを中心に使っているようです。



P_20161117_121344.jpg

パッケージを開けてみると、このように個包装になった3枚のチョコレートが入っていました。

板チョコレートは一度に全部は食べませんからね、このように個包装になっていると、毎回フレッシュなチョコレートの香りや味を楽しめるのでありがたいですよね。(^。^)



P_20161117_121449.jpg

袋もこのようにオシャレな感じのデザインになっているので、食べる前から気分も盛り上がりますよね~。



P_20161117_121800.jpg

袋から出してみると、これまたちょっと変わったステキな形になっていたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

これは見栄えだけでなく、形状によって味に違いが出る(ドーム型は濃厚感を楽しむ、ギザギザ型は香りが際立つなど。)ということで、このような形状になっているみたいなんですよね。

高級チョコレートのブランドでもこのような形状のチョコレートがありますが、そちらもそういう理由があるんでしょうか?私は食べたことがないのでわかりませんが。∑(゚д゚lll)ガーン



P_20161117_122023.jpg

ということで早速食べてみようと、いつものナイフでつい切ってしまったのですが、ナイフだとかえってうまく割れず、手で割った方がきれいに割れました。(゚∀゚;)

まずは紫のパッケージのサニーミルクの方から食べてみたのですが、これはやはり普通のミルクチョコレートとは違う風味がしましたね~。

それほど強い風味ではないものの、カカオ豆の酸味というか、少しだけフルーティでフローラルな感じの風味がしたんですよね。

そのカカオ豆の風味とミルクの風味が合わさると独特な風味が生まれ、これはちょっとだけクセのある風味のようにも思えるのですが、一般的なミルクチョコレートとは違う、独特の美味しさがあると思いました。

また、これはミルクチョコレートですが、カカオ分54%ということで、一般的なミルクチョコレートに比べると甘さが控えめな感じで、カカオの風味も濃く感じられました。



P_20161117_122120.jpg

次に赤のパッケージのベルベットミルクの方を食べてみたのですが、こちらもカカオ豆の風味を感じる味なのに、やはりサニーミルクの方とは違った風味なんですよね。

こちらはまるでアーモンドでも入っているかのようなナッティな風味がしてきて、より濃厚な味がしたんですよね。

カカオ分は49%とサニーミルクよりは低めなので、その分ミルクが多いのかもしれませんが、このナッティな風味がより濃厚さを出しているんじゃないかと思いました。

両方に共通するのは、カカオ豆とミルクの風味が合わさった時に生まれる独特でややクセのある風味がするということなのですが、これは海外のミルクチョコレートに時々あるような強烈なクセではないので、むしろ美味しいと感じるんですよね。

ということで、これは期待に違わぬ美味しさだったので、ビターの方も近いうちに必ず食べようと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - おやつ(国内) ブログトップ