So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク


手作り アレンジ ブログトップ
前の10件 | -

地中海風?チャーパン。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170810_124104.jpg

またチャーパンを作ってみました。

今回もチャーハンではなくチャーパンですが、今回に関してはお米を買うタイミングを逃してしまって、朝からご飯を炊いていると夜ご飯の分のお米がなくなってしまうのでパンを使ったんですよね。(゚∀゚;)

ただ、せっかくパンを使うなら、ご飯よりもパンに合う具材を使ってみようと思い、今回はちょっと変わったものを使っているんです。

上の写真だと、ひじきと大豆とにんじんを使った和風チャーハンのようにも見えなくない気もしますが、まずこの黒っぽいものはひじきではありません。



P_20170810_124348.jpg

以前にもチャーハンには何度か使ったことがありますが、これは紅茶の葉の出がらしなんです。

お茶の葉にはお茶の栄養成分などがたくさん残っていると言いますからね、毎回捨てるのはもったいないので、このようにチャーハンに使うことは多いんですよね。

気持ち渋くてさっぱりしたお茶の風味が残っているので、比較的こってりしたチャーハンには合うんですよね。(-ε-)

さらに今回は近所のスーパーで特売していたオリーブとムール貝のビネガー漬けなんかも使っているんです。

この写真だとちょっとわかりにくいかもしれませんが、一部がモスグリーンになっている塊がムール貝です。ムール貝なんて今まで食べたことがあったかどうか覚えていませんが、今回食べたものは牡蠣のような味がしましたね~。

安いからなのか缶詰だからなのかはわかりませんが、牡蠣よりは少しクセがあったでしょうか、それでも魚介の風味がしっかりと出ていたのと、オリーブも独特な風味がしますからね、いつもとはかなり印象の違うチャーパンが出来ました。

おそらくこの味は地中海あたりのレストランなどで出てくる味・・・・・だと個人的には思ったので、(゚∀゚) またスーパーで特売していたら作ってみようかなと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

キャベツとミモレットのパンケーキ。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170806_114245.jpg
【「おそとで楽しむ♪プレジデント チーズレシピ」モニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた チーズチップス プレジデント ミモレット を使って、チーズパンケーキを作ってみました。

盛り付けも何もあったもんじゃない、超シンプルな写真で申しわけありませんが、(゚∀゚;) これはチーズの入ったおかず仕様のパンケーキです。

おかず仕様のパンケーキというのは、今どき風にシャレて言うとケークサレということになるでしょうか、(-ε-) 甘いおやつ用のパンケーキではなく、チーズ以外にも野菜を混ぜ込んだ食事としても食べられるパンケーキです。

3等分になっているのは切ったからではなく、以前の記事で書いた三つ又のフライパンを使っているからです。

今回はおそとで楽しむレシピということだったので、この三つ又のフライパンでシンプルに焼いたパンケーキであれば、気軽に手で持ってパクパク食べられるかなと思い、このフライパンで焼いてみたんです。

ただ、このキャベツとチーズ入りのパンケーキ自体は、実は私は普段からよく作っているんですよね。

その割に多分一度も紹介したことはなかったと思うのですが、これは個人的にはとても気に入っているので、私の定番のパンケーキの一つなんです。

普段はよくあるシュレッドチーズなどを使っているのですが、今回はミモレットなんて言うちょっとオシャレで変わったチーズをいただきましたからね、せっかくなのでいつものチーズパンケーキをこのミモレットで作ってみることにしたんです。(-ε-)


<材料>3人分 約380kcal
キャベツ・・・90g
ミモレット・・・30g
ゆで大豆・・・30g
卵・・・30g
ホットケーキミックス・・・30g
小麦粉・・・10g
おからパウダー・・・5g
しょうゆ・・・3g
酢・・・3g
スパイス(コショウ、メース、オールスパイスなど)・・・少々


<作り方>
① キャベツを粗めのみじん切りにして器に入れ、しょうゆ、酢、スパイスを加えて軽く混ぜ、しんなりするまで5分くらい置いておきます。チーズは細かいみじん切りにしておきます。
② キャベツの器に卵とおからパウダーを加えてよく混ぜたら、水25gを加えてさらによく混ぜます。
③ 小麦粉、チーズ、大豆を加えてなじませるように軽く混ぜたら、ホットケーキミックスも加えてざっと混ぜ合わせます。
④ フライパンをあたためて生地を入れ、弱火~中火で表面にふつふつと泡が出てくるまで3分くらい焼き、裏返して弱火で2~3分くらい焼きます。
⑤ 器に盛り付けて、お好みでケチャップなどをかけてもいいと思います。



P_20170806_114720.jpg

今回はお手軽にホットケーキミックスを使っていますが、ホットケーキミックスだけだとちょっと甘くなってしまうので、小麦粉も少し足しています。

キャベツからも程よい甘みが出るので、本当は小麦粉だけで作ってもいいのですが、ホットケーキミックスを使った方がお手軽なので、(-ε-) 今回は併用しています。

粉の量に対して野菜と卵の割合が多いので、これだとパンケーキというよりは卵焼きかお好み焼きのような感じもしなくもないのですが、(゚∀゚;) しっとり系のパンケーキということで、冷めても美味しいのはポイントだと思います。

塩でなくしょうゆを使ったのは、コクのあるミモレットとしょうゆの発酵風味が合うんじゃないかと思ったからで、酢を入れたのも微妙な風味調整のためですが、どちらも多分微妙に効果があったんじゃないかと思います。(-ε-)

おからパウダーを入れているのも微妙な質感調整です。おからパウダーが余分な水分を吸いつつ、適度な水分を保持してくれるので、パンケーキを作るときには必ず少し入れることにしているんです。



P_20170806_114912.jpg

パンケーキにチーズを混ぜ込んで焼くと、チーズが少し焦げてとても香ばしい風味が出るんですよね。

いっそのこともう少し濃い焼き色が付くまで焼いた方が美味しいとも思うのですが、今回のミモレットはチーズ自体が濃くて、香ばしいコクのある風味がしますからね、普通に焼いただけでもとっても美味しかったですよ。(^。^)

塩気も結構あるので、今回はしょうゆを少々加えた以外は塩分を加えていないのですが、これだけで十分な味が出ていました。

色もオレンジ色なのでより美味しそうに見えますからね、これはちょっと特別な日の料理などに是非また使いたいと思いました。(^。^)




スポンサーリンク


nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

レンジでピー夏バターカレー。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170804_122018.jpg

引っ越しのドタバタで今年は未だにタイカレーやインドカレーを買っていないのですが、やはり暑いと日本のカレーではなく、そちら方面のカレーが食べたくなりますからね、今回は自分でそれらしいカレーを作ってみることにしました。(-ε-)

タイトルにピー夏バターカレーと書きましたが、これはルーにピーナッツバターを使っているのと、野菜にきゅうりとコーンを使ったので、夏野菜カレーという感じがしたからです。



P_20170804_122219.jpg

ご飯が薄紫色をしていますが、これは黒米が混ざっているからです。

黒米は白米に混ぜて炊くと紫色になるので、ちょっと変わった雰囲気のカレーには見た目にも合っているんじゃないかと思ったんですよね。

また、白くて粒々しているものが混ざっていますが、これはおからパウダーです。

ピーナッツバターカレーはちょっとしつこそうにも思ったので、一応ご飯にはおからパウダーを混ぜて、さっぱりさせようと思ったんですよね。



P_20170804_122112.jpg

今回のカレーは一応一から手作りしてはいますが、相変わらずのレンジを使った簡単ズボラカレーです。(-ε-)

手抜きと言えばまあその通りなのですが、(゚∀゚) 1人分のカレーを作るにはレンジの方が早いし、私が作るオリジナルのカレーはちょっと変わっているので家族は食べませんからね、レンジで作ることの方が多いんですよね。

レンジで作るカレーはこの辺にもレシピを書いていますが、プルーンピューレなどはなくても、基本的にカレー粉と適当な野菜があれば作れちゃうんですよね。(-ε-)

今回のカレーは油脂にピーナッツバターを使ったのですが、ピーナッツバターにはコクと旨みがありますからね、普通のサラダ油などを使うよりは濃厚な味が出るんですよね。

タイカレーにもピーナッツを使ったカレーがありますが、今回はそういうイメージにしたかったので、ちょっと反則なんですが、市販のトムヤムクン風調味料なども使っています。

最近では日本でもタイ料理がすっかり定着している感じなので、こういう調味料も簡単に手に入るようになりましたよね。1人分のなんちゃってタイカレーを作る分にはこういうものは本当に便利なんですよね。(-ε-)

ということで15分もあれば出来てしまうこのレンジカレーですが、それでも味は結構美味しかったですよ。

やはり決め手はピーナッツという感じで、ピーナッツ独特の香ばしさとコクが加わって、良く言えば濃厚、悪く言えばちょっと暑苦しいカレーでしたね。(゚∀゚;)

今回は小麦粉も使ってとろみをつけているのですが、サラッとした質感にしていれば、もう少しさっぱりとしたタイカレーらしくなったのかもしれません。

ということで、今回のカレーも多少うまくいかなかったところはあるのですが、レンジで作るカレーのいいところは、簡単に作り直すことが出来るという点です。

カレールーだけなら5分~10分で作り直すことが出来ますからね、レシピの試行錯誤をするのにもレンジカレーはおススメですね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

フローズンメロン&ストロベリーバナナスムージー。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170729_151733.jpg

この間iHerb(アイハーブ)で買ったプロテインスムージーを少しだけアレンジしてみました。

このプロテインスムージーは思っていたよりは美味しかったのですが、豆乳を加えるだけだとややケミカルというか甘味料っぽい味が気になったので、もう少しナチュラルな味にしたかったんですよね。

そこで、先日たまたまスーパーで特売していたメロンをこのスムージーに加えてみることにしたんです。

このメロンがまた超特大サイズで、半切りになっているものを買ってきたにも関わらず、あまりに大きくて食べきれなそうだったので、半分ぐらいは凍らせておいたんですよね~。(゚∀゚;)



P_20170729_151734.jpg

適当な大きさに切って凍らせておいたメロンを、さらに小さな角切りにして加えてみました。

淡いピンク色のスムージーに淡い黄緑色が入って、見た目にもとても涼しげできれいに見えますよね。(^。^)

表面には少しだけシナモンをトッピングしてあります。

今回は豆乳を加えてからしばらく置いておいたので、ヨーグルトぐらいの固さにはなっていたので、スプーンですくって食べてみることにしました。

メロンがこのスムージーの風味と合うのか若干不安ではありましたが、食べてみると特に違和感もなく、普通に美味しかったですよ。(^。^)

甘味料っぽい風味もメロンの自然な味で薄まった感じになったので、元よりは大分食べやすい味になっていました。

また、凍らせたメロンが氷の代わりになってくれているので、いつもだったら混ぜているうちにちょっとぬるくなってしまうスムージーが、今回はひんやりしたまま食べられたので、これも思わぬ良い効果でしたね。

ということで、冷やした(凍らせた)フルーツなどを加えるとより美味しくなったので、メロン以外にも色々と加えてみるといいかもしれません。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

スキムミルクでチーズスナック?(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170622_142744.jpg

昨日の記事で書いたチーズスナックですが、今回はこれをちょっとアレンジしてみることにしました。

私は市販の食べ物を自分好みにアレンジして食べることが多いのですが、それはお菓子でも同じなんですよね。(-ε-)

特に最近スナック菓子をよく食べるようになったので、スナック菓子もどうにかアレンジできないかと考えて、ちょっといいことを思いついたんです。

私が料理のアレンジに使うスキムミルクが、スナック菓子にも使えるんじゃないかと思ったんですよね。

スキムミルクには甘みとミルクのコクがありますからね、これをそのままスナック菓子にまぶしたら、チーズのような風味が出るんじゃないかと思ったんです。

ただ、スキムミルクだけでは塩味やおかず風味が足りませんからね、ここはひとつ市販の粉末調味料の力を借りることにしました。

最近は何とかの素などという粉末調味料が色々ありますからね、それも少し加えてみたんです。

スナック菓子の袋にスキムミルクと粉末調味料を適量加えて、あとはよく振るだけです。スナック菓子には油脂が含まれているので、粉末の調味料がうまい具合によく絡むんですよね。



P_20170622_143355.jpg

ということで、このアレンジしたチーズスナックを食べてみると、これが思っていた以上に美味しかったんですよ~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

スキムミルクが見事にチーズのようなまろやかさとコクを出しているし、日本の調味料はよくできていますからね、入れ過ぎさえしなければ自然で美味しい味になるんですよね。

粉末調味料は何を使ってもいいとは思いますが、例えば市販のコンソメなどは顆粒状になっていることが多いので、そういう場合は事前にすりつぶしてキメの細かいパウダー状にしておくときれいにまぶさります。

塩を使う場合は塩をすりつぶすのはちょっと大変かもしれないので、沖縄の雪塩のようなパウダー状の塩を使うといいと思います。

こういうアレンジはむしろ今回のような薄味のスナックの方が向いているので、これはまたiHerb(アイハーブ)で仕入れておいてもいいかなと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりのチャーパン。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170622_114712.jpg

久~しぶりにチャーパンを作ってみました。

チャーパンは随分前に作って以来、結構気に入っているのですが、基本的には私はパンよりもご飯の方が好きなので、作る頻度はあまり多くないんですよね。

ただ最近は暑いですからね、ご飯だとちょっと重いと感じることがあるので、比較的軽い感じに仕上がるチャーパンにしてみたんです。

チャーパンは全ての材料をフードプロセッサーなどでみじん切りにして、フライパンで焼くだけで出来ちゃいますからね、引っ越しでバタバタしている最近の朝ご飯にはもってこいなんですよね。(-ε-)



P_20170622_114808.jpg

出来上がりは言われなければチャーハンそっくりですが、ご飯ではなくパンで出来ているので、チャーハンよりもしっとりしているんですよね。

しっとりはしていますが、決してベチャっとしているわけではなく、むしろパラッとしている感じもあるので、チャーハンらしい食感なんですよ。(^。^)

簡単に作れるし、ご飯は常備していないけど食パンならあるという方には結構おススメじゃないかと思っているので、みなさんもよかったらチャーパンを作ってみてくださいね。(-ε-)

スポンサーリンク


nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豆乳 de シンガポールチリクラブ。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170607_114148.jpg

先日食べたシンガポールチリクラブを少しアレンジしてみました。

このラーメンは味はとても美味しかったのですが、汁ありで食べるとかなり辛かったので、豆乳を加えたらいいんじゃないかと思ったんですよね。



P_20170607_114202.jpg

前回と同じようにお湯を指定よりも少なめに入れて麺を戻したら、そこに温めた豆乳を加えて、レンジで加熱した野菜と大豆たんぱくを合わせてみました。

野菜や大豆たんぱくは濃いめに戻したラーメンのスープで煮ればより美味しく出来ますが、今回は手軽さを優先しました。(-ε-)



P_20170607_114222.jpg

一番上の写真だとスープがないように見えますが、ちゃんと入っています。

見た目からしてマイルドそうに見えますが、食べてみると元のスープの辛みがかなり和らいでいて、だいぶ食べやすくなっていました。(^。^)

豆乳を加えるとコクは増すのにしつこくならないし、より美味しくなるので、このアレンジは私はよくやるんですよね。

ちなみに、汁なし麺の場合はスキムミルクと少量の水を加えると、同じようにマイルドさとコクが増しますよ。

真夏は基本的に辛くてさっぱりした麺の方が食が進みますが、時々冷えたりお腹の調子が悪い時なんかもありますからね、そういう時にこのマイルドアレンジはオススメですよ。(-ε-)

スポンサーリンク


nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ナン de キーマカレー風ピザ。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170615_124038.jpg
【「おうちでカフェ風♪デルソーレ「手のばしナン」&「ブランナン」のアレンジレシピ」レシピモニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた デルソーレ「手のばしナン」 を使って、ナン de キーマカレー風ピザを作ってみました。

ナンと言えばやはり私の大好きなカレーと合わせたかったのですが、ただカレーのつけ合わせにするだけでは芸がないかなと思い、ピザ風にアレンジしてみることにしました。

また、キーマカレーといえば普通はお肉を使うと思いますが、これを大豆と卵で代用し、火も使わずに出来るレシピにしたので、比較的お手軽に作れるんじゃないかと思います。

盛り付けは相変わらず微妙な感じですが、グリーンレタスがちょうどナンよりも一回り大きいサイズだったので、そのまま敷いてしまったんですよね~。(゚∀゚)



P_20170615_124127.jpg

今回はアーモンドミルクシナモンをトッピングした飲み物なんかも添えてみましたが、付け焼刃でシャレてみても、やはり無理があるようです。(゚∀゚;)

ということですが、早速レシピです。(-ε-)


<材料>1人分 約350kcal
デルソーレ「手のばしナン」・・・1枚
レタス・・・20g

●キーマカレー風
にんじん・・・30g
高菜の漬物・・・20g
ゆで大豆・・・15g
卵・・・30g
ケチャップ・・・5g
ソース・・・5g
カレー粉・・・1.5g
にんにく、しょうがのすりおろし・・・少々

●トッピング
チーズ・・・15g
パプリカ・・・少々


<作り方>
① にんじん、高菜、チーズはみじん切り、にんにくとしょうがはすりおろしておきます。
② にんじんを器に入れて、ふたをして500W のレンジで1分15秒くらい加熱します。
③ キーマカレー風の残りの材料を全て加えてよく混ぜ、ふたをせずにレンジで1分くらい加熱し、いったん取り出してムラのないように混ぜたら、さらに1分くらい加熱して混ぜておきます。
④ ナンに③の具をのせ、表面にチーズをトッピングしたら、魚焼きグリルで弱火で焼き色がつくまで4~5分焼きます。
⑤ パプリカをふりかけ、プレートにレタスと盛り付けたら完成です。


基本的に全部の材料を合わせてレンジで加熱するだけなので、これから暑くなる時期にもコンロの前に立って暑苦しい思いをせずに作れると思います。(-ε-)

レンジでの加熱時間はあくまで目安ですが、3回目の加熱でほぼ卵が固まっている状態になっていれば大丈夫です。

また、うちにはトースターがないので魚焼きグリル(両面焼き)を使っていますが、トースターやオーブンなどでも出来ると思います。



P_20170615_124120.jpg

今回は野菜に高菜の漬物を使っていますが、高菜に塩気があるので塩などは加えなくてもちょうどいい味が出るんですよね。

また、漬物には酸味や旨味もありますからね、カレーに複雑な味が加わってより美味しくなるのでおススメです。(^。^)

ただ、ものによっては塩気が強いものもあると思うので、その場合は20gだとちょっと味が濃くなってしまうかもしれません。

ということで、肉なしの上にカレー自体はノンオイルなので、さすがにどうかなとも思ったのですが、チーズをトッピングしてあるので全然物足りないということはありませんでした。

また、このデルソーレの手のばしナンはそのまま焼いて食べるだけでも美味しいのですが、特に分厚い部分は焼くと表面はサクッと、中はしっとりふんわりと仕上がるので、本当に何もつけずにもごぉ~!と食べてしまったくらいです。(-ε-)

このナンはおかずと合わせる以外にも、スイーツ系アレンジなども紹介されていたので、次回は何かスイーツ系のものも作ってみようと思います。(^。^)




スポンサーリンク


nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

あいがけカレー&シチュー。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170511_122127.jpg

この間食べたサーモンチャウダーを少しアレンジしてみました。

真ん中はご飯なので、両サイドがサーモンチャウダーをアレンジしたものです。

アレンジと言っても、相変わらず私が色々と所持している粉類を混ぜただけの簡単アレンジなのですが、パウダー状になっている調味料って本当に便利なんですよね~。

色々とそろえておけばいつでも手軽に使えるし、傷むのとかもほとんど気にしなくていいし、ちょっと加えるだけで料理の味がひと味もふた味も美味しくなることが多いですからね、まさに魔法の粉なんですよね。(-ε-)



P_20170511_122420.jpg

今回は何の粉を加えたのかと言えば、こちらは想像がつくかもしれませんが、カレー粉を加えています。

元々がスパイスの効いたスープですからね、カレー粉さえ加えればカレーになるだろうと思って入れてみたのですが、間違いなくこれはカレーでしたね。(-ε-)

カレー粉を加えてレンジで加熱しただけですが、言われなければ元々こういうカレーだったとしか思えないくらいに違和感はなく、美味しいシーフードカレーになっていました。(^。^)

カレー粉を加えた分、若干ですが濃度も増したので、よりとろみがついて味もはっきりしてカレーらしくなっていました。



P_20170511_122353.jpg

こちらは随分白っぽくなっていますが、こちらにはバターミルクパウダーを加えています。

バターミルクパウダーというと、名前からしてコッテリしていてカロリーが高そうにも思えますが、実際は私がよく使うスキムミルクとよく似たものなんですよね。

バターを作るときに分離して出てきた水分を乾燥させたものなので、スキムミルクほどではないものの脂質はかなり少なく、それでいてミルクのコクがあるところなどはスキムミルクに似ているんですよね。

これをやはりサーモンチャウダーに加えてレンジで加熱しただけなのですが、こちらはカレー以上に美味しくなっていましたね~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

サーモンチャウダーは一応スープだということもあり、少しコクが足りなかったのですが、バターミルクパウダーでミルクのコクが加わり、濃度も増したこともあって、かなり濃厚なシチューのような味になったんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

スキムミルクでも同じような感じになるので、このアレンジはとてもおススメだと思います。(^。^)



P_20170511_122402.jpg

ご飯にはいつものようにキャベツと大豆を混ぜ込んであります。

レンジで加熱しただけのキャベツは、それだけで食べると少しだけ青臭さのようなものが気になりますが、カレーやシチューなどと食べてしまえばほとんど気にならないんですよね。

レンジで加熱しただけでもキャベツの甘みは出るし、圧力鍋で煮込んだ大豆にも甘みがあるので、スパイシーで辛いカレーなどには特に合うと思います。

ということで、相変わらずレンジしか使わない簡単アレンジですが、(゚∀゚) 簡単な割にはとても美味しくなるので、みなさんも是非試してみてください。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スムージータイム。(^。^) [手作り アレンジ]

P_20170402_151535.jpg
【レシピブログの「キレイの力を持ち歩こう!スムージータイム」モニター参加中】


レシピブログさんからDoleスムージーGREEN BLEND、BANANA BLEND、BERRY BLEND の3種類をモニター商品としていただきました。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

色々なフルーツがミックスされているスムージーは健康に良さそうだし、美味しそうなので、出来れば毎日でも飲みたいくらいですが、自分で複数のフルーツを用意して作るのはちょっと大変ですよね~。

また、市販のものだと添加物などの人工的な風味が気になるのですが、これは人工甘味料、保存料不使用な上に、あらごし食感に仕上げているということで、自然なフルーツの美味しさが味わえそうですよね。(^。^)



P_20170504_134516.jpg

今回はこの緑がきれいなGREEN BLENDを試してみることにしました。

このスムージーは3種類ともパイナップル、りんご、バナナが入っているのは共通なのですが、GREEN BLENDにはぶどう、キウイ、大麦若葉も入っているようです。



P_20170504_134532.jpg

自然な感じの緑色がとてもきれいですね。(^。^)

少し泡立っているのは、よく振ってから容器に入れたからです。このスムージーはあらごし食感ということで、容器の底に果肉などが沈殿しているので、よく振ってから飲んだ方がいいようです。

よく振ると全体がとろりとしてきて、スプーンですくって食べても良さそうな感じがしたので、とりあえずスプーンで一口味見してみました。

すると、これは果実の甘みがしっかりとしているものの、不自然に甘過ぎることもなく、味もとても自然な感じがしました。

大麦若葉が入っているということですが、青汁のような青臭い味は全くなく、入っているのが全くわからなかったですね。

色々なフルーツが混ざっているので、特別目立った味はしませんでしたが、とてもバランスのいい甘酸っぱい味だと思いました。(^。^)



P_20170504_134921.jpg

ということで、味はとても美味しかったのですが、ゴクゴク飲むには少し甘いと感じたので、私の好きな豆乳で割ってみることにしました。

スムージー:豆乳=6:4くらいにしてみましたが、ちょうどいい甘さでまろやかさも加わり、とても美味しかったですよ。(^。^)

豆乳でなくヨーグルトを加えて、さらにシリアルやオーツなどを加えれば、お手軽フルーツグラノラヨーグルトなども楽しめるかもしれません。

飲むだけでなくアレンジも色々出来そうなので、残りの2種類も楽しみにいただこうと思います。(^。^)




スポンサーリンク


nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 手作り アレンジ ブログトップ