So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク


手作り アレンジ ブログトップ
前の10件 | -

豆腐のオムライス風。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170429_123126.jpg
【レシピブログの「彩り華やか&かんたん朝ごはん」レシピモニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた GABANパプリカ<パウダー>とGABANフレンチハーブミックス<フリーズドライ> を使って、豆腐のオムライス風を作ってみました。

以前のレシピで豆腐のスクランブルエッグ風というのを作りましたが、それを改良して今度は豆腐でオムレツ風のものを作ってみたんです。

スクランブルエッグ風の時は豆腐と卵黄を使いましたが、卵黄だけわざわざ取り出すのはちょっと面倒なので、全卵でも出来るかどうか試してみたんですよね。

レンジで全卵を加熱するとボソボソの質感になって美味しくないというイメージがあったので、今まではレンジで作る料理に全卵を使うことはあまりなかったんです。

ただ、色々と混ぜ物をすれば出来そうな気がしたので、今回は豆腐+全卵+αで作ってみたのですが、これが結構いい感じに出来たんですよね~。(-ε-)

あくまでなんちゃってオムレツですが、レンジで簡単に出来るし、フライパンで作るオムレツのように技術もいらないし、見た目もそれらしくなってますよね?

ということで、とりあえずレシピです。(-ε-)


<材料>1人分 約330kcal
●コンビーフライス
ご飯・・・100g
玉ネギ・・・40g
コンビーフ・・・15g
塩・・・0.7g
パプリカ<パウダー>・・・0.7g
フレンチハーブミックス<フリーズドライ>・・・少々
コショウ・・・少々

●オムレツ風
絹ごし豆腐・・・60g
全卵・・・20g
スキムミルク・・・3g
マヨネーズ・・・3g
小麦粉・・・2g
塩・・・0.3g
ターメリック・・・少々

●トッピング
ケチャップ・・・10g
豆苗・・・10g


<作り方>
① 玉ネギをみじん切りにして器に入れ、スパイス類をまぶしたら、ふたをして500W のレンジで1分くらい加熱します。
② コンビーフとご飯も加えて、さらにレンジで1分くらい加熱してよく混ぜておきます。
③ 別の器にオムレツ風の材料を全て入れてよくかき混ぜ、ふたをして500W のレンジで1分くらい加熱します。いったん取り出してムラのないようによく混ぜ、さらに30秒くらい加熱してよく混ぜておきます。
④ お皿に②のご飯をラグビーボール型に盛り付け、③のオムレツ風を覆うようにのせます。ケチャップと豆苗をトッピングしたら出来上がりです。



P_20170429_123155.jpg

オムレツ風の加熱時間はあくまで目安ですが、全体がほぼ固まってくるまで加熱するといいと思います。

多少ゆるくても問題はないと思いますが、このレシピだとしっかり加熱したとしても、それほどボソボソにはならないと思うので、あまり神経質にならなくても大丈夫だと思います。

このレシピは小麦粉を少量加えてあるのがポイントで、これで豆腐から出る水分を固めつつ、卵のとろみっぽいねっとりとした感じも出しているんです。

豆腐+卵黄で作るよりも、かえって全卵の方が程よく固まってちょうどいい質感になった気がします。

ただ、前回もそうだったのですが、卵の量が少ないためにどうしても色が薄くなってしまうので、それをターメリックで補強したのですが、かえって色鮮やかになりました。(^。^)

また、マヨネーズとスキムミルクを加えることで、さっぱりとした豆腐にコクが加わっていると思います。

マヨネーズは今回カロリー65%オフのものを使いましたが、よりリッチにしたい方は普通のマヨネーズを使うか、マヨネーズの量をもう少し増やしてもいいかもしれません。



P_20170429_123324.jpg

もう一つ、今回試したかったのがこのご飯なのですが、これはコンビーフを混ぜ込んであるんですよね。

コンビーフはただご飯に混ぜるだけだと、どうしてもそのクセのある風味が気になってしまいますが、今回いただいたスパイスを使うことで、このクセを消せるんじゃないかと思ったんです。

フレンチハーブミックスはとても爽やかな香りがするし、パプリカはスパイシーな風味と赤い色も出ますからね、彩りもよくなってちょうどいいんじゃないかと思ったんです。

実際食べてみると、コンビーフのクセはほとんど気にならなくなっていて、むしろどこかオシャレっぽい風味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

スパイスを加えただけで、まるでどこかのお店のような風味になった感じがして、これは本当にスパイスサマサマだと思いました。(^。^)

ということで、風味にも彩りにも使える今回のスパイスはとても便利なので、これからもビシバシ使っていきたいですね。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コンビーフパンケーキ。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170424_113734.jpg

iHerb(アイハーブ)で買ったコーンブレッドミックスを使ってケークサレのようなものを焼いてみました。

ということで、本当はこのコーンブレッドミックスの紹介をしようと思っていたのですが、この商品は販売終了になってしまっていて、現在ではもう買えないんですよね~。(-ε-;)

このミックス粉を買ったのは去年なのですが、半年も経ってしまうとiHerb(アイハーブ)の商品は終売になってしまうことも多いんですよね。

これ以外にもリピートしようとしたミックス粉が販売終了になっていたので、気に入った商品はある程度まとめ買いをしておいた方がいいのかもしれませんね。



P_20170424_113950.jpg

今回使ったミックス粉には砂糖は入っておらず、少し塩が効いたものだったので、ケークサレに使ってみようと思ったんですよね。

ケークサレなどと気取っていますが、平たく言えばこれはおかずパンケーキですね。(-ε-)

いつもは大豆と何かしらの野菜を入れて作ることが多いのですが、今回は賞味期限の切れたコンビーフを使わなければと思っていたので、パンケーキに使ってみたらどうかと思ったんです。

コンビーフは一応牛肉だし、油脂もそこそこ含まれていますからね、パンケーキには合うんじゃないかと思ったんです。

野菜は今回は春キャベツを使っています。刻んでレンジで軽く加熱してから他の材料と合わせて、100円ショップで買った150円のミニフライパンごと魚焼きグリルで焼いてみました。

どうして普通のパンケーキのようにフライパンで焼かなかったのかと言えば、このミックス粉はコーンミールがたくさん入っているので生地がもろく、大きいサイズのものをフライ返しで裏返そうとすると、生地が崩れてしまうんです。(-ε-;)

ですので、裏返さなくて済む両面焼きグリルで弱火で8分くらい焼きましたが、普通の型に入れてオーブンやトースターでも出来ると思います。

こうしてできたコンビーフ入りのパンケーキですが、これはちょっと予想していなかったハンバーグのような風味がしたんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

コンビーフは結構味にクセがあるので、何に使ってもイマイチ美味しいとは思えなかったのですが、今回ハーブを効かせたせいもあるかもしれませんが、コンビーフのクセは全く気にならず、代わりに牛肉の風味と旨みだけが出た感じになったんです。

コンビーフの分量が少なめだったので、ややあっさりしてハンバーグ風味も弱めでしたが、もう少し分量を増やしたら、もっとハンバーグっぽい味になるかもしれないので、これはまたリベンジしてみようと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豆腐のスクランブルエッグ風のせパスタ。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170329_114208.jpg

先日作った豆腐のスクランブルエッグ風を今回はパスタにアレンジしてみました。

アレンジというか、この間のクリスケットがパスタに変わり、野菜がほうれん草に変わっただけなんですけどね。(゚∀゚;)

最近ようやくあたたかくなってきて、アツアツのものやコッテリしたもの以外でも食べる気になってきたので、あっさりとしたパスタの頻度も増えてきたんですよね。



P_20170329_114301.jpg

前回はこの豆腐のスクランブルエッグ風に卵黄は少ししか加えなかったのですが、今回は卵黄を増量してあります。

前回はクリスケットというややリッチな生地のパンと組み合わせたので、スクランブルエッグ風はあまりコクを出す必要はなかったのですが、今回はゆでただけのパスタですからね、卵黄を多くして少しリッチな感じにしてみたんです。



P_20170329_114348.jpg

パスタの方はこちらも先日紹介したiHerb(アイハーブ)で買ったカムット麦のパスタです。

このパスタはシンプルに食べた方が美味しいと思ったので、生ハムの塩気とスクランブルエッグ風の素材の味だけで食べたら合うんじゃないかと思ったんですよね。

スクランブルエッグ風と言うとリッチで濃厚そうな感じがするかもしれませんが、これは豆腐メインで作っているので、卵黄がそれなりに入っていても、やはりどちらかと言えばあっさりしているんですよね。

味付けも基本的に塩のみなので、全体的にとてもさっぱりした味になっていました。

冬だとおそらくこれでは物足りないと感じたかもしれないのですが、今の時期にはこのくらいの濃さでちょうどいい感じでした。

豆腐のスクランブルエッグ風は最近のマイブームなので、おそらくまた何か作ってみると思います。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

春色ちらし寿司。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170401_122826.jpg
【レシピブログの「和のスパイスで香り立つ、春の和食レシピ」モニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた ハウス本きざみ粗切りわさび、粗切り生しょうが、粗切り柚子こしょう を使って、春色ちらし寿司を作ってみました。

私はちらし寿司が好きでよく作るのですが、ちらし寿司は味はもちろんのこと、見た目が色鮮やかできれいなのが好きなんですよね。(^。^)

具材の色彩もきれいですが、ご飯自体に色を付けるのも楽しいので、私はご飯にも何かしらで色を付けることが多いんです。

今回も最初は紅麹パウダーでピンク色にしようかと思ったのですが、ふと目の前にあったケチャップを見て、これで色を付けたらどうかなと思ったんです。

というのも、ケチャップって甘味と酸味の両方がありますからね、酢飯にはちょうどいいんじゃないかと思ったんですよね。

色も赤いですからね、うまく使えばいい感じに出来るんじゃないかと思ったので、酢飯にケチャップを使うのは初めてだったのですが、試してみることにしたんです。


<材料>1人分 約335kcal
●酢飯
ご飯(固め)・・・120g
きゅうり・・・40g
ケチャップ・・・12g
酢・・・8g
塩・・・1g

●炒り卵風
たまねぎ・・・30g
豆腐・・・40g
卵黄・・・12g
みそ・・・2g
砂糖・・・1g

●トッピング
粗切りわさび・・・適量
粗切り生しょうが・・・適量
粗切り柚子こしょう・・・適量


<作り方>
① きゅうりは6枚飾り用に薄くスライスして型抜きし、残りは粗めのみじん切りにして器に入れ、塩をまぶしてしんなりするまで置いておきます。
② 別の器にたまねぎをみじん切りにして入れ、ふたをして500W のレンジで1分くらい加熱します。
③ 豆腐、卵黄、みそ、砂糖を加えて混ぜ、今度はふたをしないで1分くらい加熱し、いったん取り出してムラのないように混ぜ、さらに30秒くらい加熱して混ぜておきます。
④ きゅうりにケチャップ、酢、塩を加えて混ぜ、炊きたてのご飯か温めたご飯を混ぜ合わせます。
⑤ ご飯を3等分にしてお皿に丸く盛り付け、それぞれ粗切りわさび、しょうが、柚子こしょうをトッピングします。
⑥炒り卵風も3等分にしてご飯の周りに盛り付け、型抜きしたきゅうりを飾ったら出来上がりです。



P_20170401_122922.jpg

今回ちらし寿司に添えた炒り卵風は、前回のレシピで紹介した豆腐のスクランブルエッグ風とほぼ同じような作り方をしています。

前回は小麦粉を加えて少しねっとりとした質感に仕上げたのですが、今回は炒り卵風ということで、小麦粉は加えずに卵黄の量を多くして、さらにレンジでふたをしないで加熱することで、敢えて少し水分を飛ばすように仕上げてみました。

と言いつつ、卵黄だけでは豆腐から出る水分を抑えきれず、思いっきりペチャっとした質感になってしまったのですが、(゚∀゚;) 前回のようなねっとり感はないので、これでもまあいいかという気はします。(-ε-)

豆腐は前回と同じく絹ごしを使ってしまったのですが、今回の炒り卵風には木綿の質感の方が合っていたのかもしれません。

また、この炒り卵風にはみそと砂糖を入れているのですが、みそを加えるとよりコクが出て味わいが増す感じがするんですよね。

砂糖も少しだけ加えて、気持ち甘めにするとより美味しい気がします。



P_20170401_122941.jpg

肝心の酢飯の方ですが、こちらは結構うまく出来たんじゃないかと思います。

ケチャップの味は洋風な感じがするので、もしかしたら酢飯には合わないないんじゃないかとも思ったのですが、酢の風味の方が強いのと、きゅうりの風味が出ているのもあって、完全に和風の酢飯の味になっていたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

それでいてケチャップの甘みは効いているので、今回は酢飯に砂糖を加えていないにも関わらず、ちょうどいい甘みも出ていたんです。

色もややオレンジがかってはいますが、淡いピンク色でちょうどいい感じになったんじゃないかと思います。

また、このトッピングは粗切りわさびなのですが、ツーンとした辛味がアクセントになり、より酢飯の味を引き立ててくれている感じがしました。(^。^)



P_20170401_122959.jpg

こちらは粗切り生しょうがですが、こちらもしょうがのしびれる辛味がよく効いていて、これも酢飯にはとても合うんですよね~。



P_20170401_123016.jpg

最後に粗切り柚子こしょうですが、これも柚子の爽やかな風味と酢飯が合わないはずもなく、辛味もアクセントにはなっていますが、辛すぎることはなくてとても美味しかったです。

ということで、このトッピング3種は簡単に酢飯をより美味しくしてくれるので、とてもおススメだと思いました。粗切りなので素材感が残っているところも気に入りましたね~。(^。^)

ただ、後になって写真を見て思ったのは、これはちらし寿司なのか?ということです。(゚∀゚;)

ちらし寿司というよりはかたまり寿司というか、何だか前提を無視してしまっている気がしなくもないし、彩りもちらし寿司にしてはやや地味だったでしょうか?

粗切りスパイスはまだたくさん残っていますからね、また次回リベンジしてみたいと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豆腐のスクランブルエッグ風とクリスケットの朝ごはん。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170323_125133.jpg
【「甘くないデニッシュ クリスケットでカンタンおしゃれな朝ごはん」レシピモニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた「甘くないデニッシュ クリスケット」を使って、豆腐のスクランブルエッグ風と組み合わせた朝ごはんを作ってみました。

今回のテーマはカンタンおしゃれな朝ごはんということなんですよね。

簡単な方はいつも私はいかに手抜きして作る・・・ではなく、時間を節約して効率よく作るかを考えているので、(-ε-) それほど難しいことではないのですが、オシャレというのは私にはかなりハードルが高いんですよね~。

大体、ただのタヌッコロに盛り付けのセンスなんてあるわけもなく、オシャレな料理なんて無理に決まってるじゃないですか~。(゚∀゚)

それでもですね、素材自体がオシャレな感じのものを使えば、私のようにセンスがなくてもある程度は何とかなると思い、今回は生ハム、バルサミコソース、ラディッシュなんていう、普段はうちにないものを使ってみました。

また、今回のこのクリスケットも名称や見た目からしてオシャレな感じがしますからね、これだけ総動員すれば何とかなりそうなんですが、その結果が上の写真です。

・・・微妙~。という声が聞こえてきそうですが、とりあえずレシピです。(゚∀゚;)


<材料>1人分 約270kcal
クリスケット・・・1個

●スクランブルエッグ風
タマネギ・・・30g
セロリ(茎)・・・10g
絹ごし豆腐・・・50g
卵黄・・・5g
小麦粉・・・2g
ニンニク、ショウガのすりおろし・・・少々
塩・・・少々

●トッピング
レタス・・・40g
セロリ(葉っぱ)・・・少々
ラディッシュ・・・10g
生ハム・・・12g
バルサミコソース・・・10g
コショウ・・・少々


<作り方>
① レタスとセロリの葉っぱは千切りにして水にさらしておきます。ラディッシュは薄くスライスしておきます。
② タマネギとセロリの茎の部分をみじん切りにして器に入れ、すりおろしたニンニクとショウガ、塩を少々加えて、ふたをして500W のレンジで1分加熱します。
③ 豆腐、卵黄、小麦粉を加えてよく混ぜ、ふたをしてさらにレンジで1分加熱し、取り出して軽く混ぜておきます。
④ クリスケットを横半分に切り、トースターなどで焼き色がつくまで焼きます。
⑤ クリスケットに②のスクランブルエッグ風をのせ、バルサミコソースをかけて生ハムをトッピングし、コショウを振りかけます。
⑥レタスの水気を切って、こんもりと盛り付け、ラディッシュを飾ったら完成です。


ということで、今回は豆腐を使ってレンジでなんちゃってスクランブルエッグを作ったわけですが、それなりにはスクランブルエッグになっているかなと思います。



P_20170323_125430.jpg

小麦粉を少し加えることで豆腐の水分を固め、半熟卵のとろみ感を出しているのですが、あくまでなんちゃってですからね、コンビニで売っている怪しいオムレツのような質感に近いかもしれません。(゚∀゚;)

また、このスクランブルエッグ風には油脂は使っていないので、それだけで食べるとかなりさっぱりとした味なのですが、今回のクリスケットがデニッシュパンですからね、組み合わせて食べるとちょうどいいんですよね。

味付けも塩のみなのですが、今回のクリスケットにはほんのりとした甘みがあって、トーストしてそれだけで食べても十分に美味しいので、シンプルな素材を組み合わせるだけでも美味しく食べられるんです。

今回は生ハムやバスサミコソースを使っているので若干反則気味ですが、(゚∀゚;) これはツナ缶やケチャップなどで代用してもいいと思います。

ということですが、今回のクリスケットは思っていた以上に朝ごはんに合うし、デニッシュパンにしてはあまり油っこくないところも私はとても気に入りました。

これなら是非またこれを使って、オシャレ(?)な朝ごはんを作ってみたいと思いました。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

黒米パフチャーハン。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170308_132434.jpg

冬はカレーとかドリアとか、アツアツのものを食べることが多いので、私の好きなチャーハンを食べる頻度は減っているのですが、やはり好きなので時々は食べているんですよね。

いつも具材を変えたり、味付けを変えたりして、何かしら違う感じのものを作っているのですが、今回は味ではなく食感をちょっと変えてみたんですよね。

と言っても、最近買ったあるものを最後に加えただけなのですが、これが思いの外いい感じだったので、紹介しようと思いました。(-ε-)



P_20170308_132518.jpg

基本的にはこれは納豆キムチチャーハンなのですが、所々に黒い粒々が見えるかと思います。

これは黒米パフソフトという、黒米をパフ状に加工したものなんです。

そのままサラダにトッピングして使ったり出来るということで、便利そうだと思って買ってみたんですよね。

一見ポン菓子のように見えたし、パフソフトという名称からして、ソフトな食感のパフだと思っていたのですが、これは表面の皮が固いというか、カリっとしたクリスピーな食感だったんですよね。

ポン菓子のように味付けがされているわけでもないので、味は全く味のないおせんべいのような感じなのですが、もち米のような風味はするんですよね。

そこで、これはチャーハンに混ぜ込んだら合うんじゃないかと思って試してみたのですが、このクリスピーな食感が小気味よく、この食感だけでいつもよりも美味しくなった気がしたんですよね。(^。^)

ポイントは作っている途中に加えるのではなく、一番最後に火を止めてからか、食べる直前に振りかけて混ぜ込むくらいがいいと思います。

黒米の皮(殻?)があるせいか、そう簡単には水分が染み込まないので、食べ終わるまでクリスピーな食感がちゃんと残ってくれるんですよね。

私はチャーハンは食感もとても大事だと思っているので、いつもはご飯はしっとりしつつパラっとしていて、野菜はシャキシャキした食感が残るようにしているんです。

今回はそれに加えてクリスピーな食感まで加わっているので、何だかとてもにぎやかな食感でしたね~。(-ε-)

これだといつも以上によく噛まなければいけないので、食べ応えも増している感じがしました。

ということで、この黒米パフはとても気に入ったのですが、後になってよくよく商品情報を見てみたら、これは中国産の商品だったんですよね~。(゚∀゚;)

中国産の商品は未だに安全性にいまいち不安が残るので、あまり買わないようにしているのですが、もちろんちゃんとした商品の方が多いでしょうからね、これもそうだと信じたいです。(-ε-;)




スポンサーリンク


nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ナムルラーメン。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170314_131352.jpg

レシピブログさんからモニター商品としていただいた、ハウス スパイスクッキングシリーズのナムルを使って、ナムルラーメンを作ってみました。

ナムルは自分でもよくテキト~な味付けで作ることはあるのですが、それだとイマイチ何かが足りない感じの味になってしまうんですよね。(゚∀゚;)



P_20170314_130307.jpg

そこで、今回はナムルの味付けが簡単に出来るというこのお手軽パウダーを使って、簡単で本格的なナムルを作ってみることにしたんです。

このパッケージの中に2袋入っているのですが、お試し量としてはちょうどいいんですよね。



P_20170314_130230.jpg

お手軽材料を使っているとはいえ、3種類の野菜を別々に作るのは面倒では?と思うかもしれませんが、私にはこの便利な3つ又フライパンがありますからね、これで一度に出来ちゃうんですよね~。(-ε-)



P_20170314_131436.jpg

ということで、これはナムルラーメンなのですが、最初の写真だとラーメンが隠れてしまっていて見えませんよね。(゚∀゚;)

でもこのようにラーメンもスープもちゃんと入っているんですよ。

相変わらずスープは少なめですが、少な目くらいで十分だし、無駄に塩分を摂り過ぎずに済みますからね、具材で隠れてしまうくらいでちょうどいいんですよ。(-ε-)

また、今回は豪華に(?)卵をトッピングしていますが、この卵はゆるい半熟状になっているので、スープが多いとせっかくの卵黄がスープに溶け出して薄くなってしまうんですよね。

ですので、前半にまずこの少なめのスープとラーメンを食べてから、後半で卵黄と麺をからめて食べれば、2種類のラーメンを味わえるというわけです。

卵黄と野菜をからめたラーメンはまろやかでとっても美味しいんですよ~。しかも今回は味付けはこの便利な調味料を使っていますからね、いつもよりもひと味美味しくなっていました。(^。^)

このスパイスクッキングシリーズはこれ以外にもたくさん種類があるようなので、こんなに便利で美味しいなら、全部試してみたくなりましたね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

薬膳っぽさの増したカレー。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170307_114152.jpg

この間食べた富山廣貫堂 やくぜんカレー ポークを少しアレンジしてみました。

見た目はほとんどこの間と同じように見えますが、今回はルーにスパイスを足してみたんですよね。

スパイスを足しただけなので、アレンジと言うほどではないのですが、(゚∀゚;) スパイスは入れるものや量によっては結構風味が変わりますからね、時間がない時の簡単アレンジには便利なんですよね。

何しろ先週は珍しく急ぎの仕事の締め切りが迫っていたので、ゆっくり料理をしている時間もブログを書く余裕もありませんでしたからね~、(-ε-;) アマゾンで買いだめしておいたレトルトカレーが役に立ってくれました。



P_20170307_114317.jpg

カレーに何のスパイスを加えたのかと言えば、今回はジンジャーフェヌグリークを加えたんですよね。

ジンジャーはしびれるような辛味と苦味があり、フェヌグリークはカレーらしい風味と苦味がかなり強いですからね、薬膳カレーという割に薬膳っぽさがほとんどなかったこのカレーにはちょうどいいと思ったんです。(-ε-)

早速食べてみると、スパイスを加えた量がちょっと少なかったからか、想定していたほどには味が変わってはいなかったのですが、確かに苦味と渋みが増している感じはしました。

あまり入れ過ぎると変な味になってしまうこともありますからね、多少手加減したのですが、追加でもう少し加えたらいい感じに渋くなりましたよ。

追加で加えてしまったので、多少わざとらしいというか、馴染んでいない感じもしましたが、最初から加えてちゃんと加熱していれば結構自然になじむので、やはり即席アレンジにスパイスはとても便利だと思いました。(-ε-)



P_20170307_114304.jpg

ご飯には今回は緑豆とチンゲン菜を混ぜ込んであります。

私がよく使うキャベツは最近高くて買っていないし、大根もちょうど切らしていたので、珍しくというか、初めてかもしれないチンゲン菜を混ぜ込むことにしたんです。

普段チンゲン菜を使わない理由は、レンジで加熱すると水分がたくさん出てしまい、ご飯に混ぜ込むとべチャッとしてしまうからです。

そこで今回は最近あまり使っていなかったおからパウダーをご飯に混ぜ込むことで、チンゲン菜の水分を吸ってもらうことにしたんです。

チンゲン菜でなくても、野菜の水分を吸わせるためにおからパウダーを加えることはあるのですが、おからパウダーを加えると、カレーがかなりさっぱりと感じてしまうんですよね。

冬は濃厚なくらいのカレーがちょうどいいので、この時期はよほどコッテリしたカレーでない限りは、ご飯におからパウダーは加えないんです。

チンゲン菜自体の味もさっぱりしているし、おからパウダーを加えたことでよりさっぱりとしたご飯になっていましたが、かえってこのさっぱり感が薬膳カレーっぽい感じがしてよかったと思います。(^。^)

どうやら今週いっぱいはまだ寒いようだし、アマゾンで買いだめしたカレーはまだたくさんあるので、次回はどれか濃厚なものを食べてみようと思います。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひな祭り朝ご飯。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170303_121128.jpg

今日がひな祭りだということに昨日の夜遅くに気付き、朝ご飯に何かひな祭りっぽいものを食べたいと思ったのですが、何しろ気が付いたのが遅かったですからね、せいぜい3色にすることくらいしか思いつかなかったんですよね~。(゚∀゚;)

まあでも赤、緑、黄色の3色にするだけでもひな祭りっぽい感じって出ますよね。
自分一人の朝ご飯にはこれで十分でしょう。(-ε-)



P_20170303_121241.jpg

この3色を何でつけたのかと言えば、まずこの渋めのピンク色は紅麹パウダーでつけてあるんです。

紅麹パウダーはほんの少し使うだけで色が出るし、このようなちょっと落ち着いた色合いなので、お子様よりは大人向けの色合いな感じですね。



P_20170303_121304.jpg

こちらのご飯には大根の葉っぱ(茎)の部分を混ぜ込んでいます。

葉っぱものは加熱しすぎると退色してしまいますが、レンジで1~2分程度加熱するだけなら色がきれいに出るので、簡単朝ご飯には一石二鳥ですね。(-ε-)



P_20170303_121231.jpg

最後にこの黄色いご飯ですが、これはいつものターメリックではなく、iHerb(アイハーブ)で買ったレッドパームオイルを使っているんです。

レッドパームオイルはその名の通り赤っぽい色をしているのですが、赤というよりはオレンジ色で、さらに使う量を加減すればこのような淡い黄色になるんですよね。

ターメリックはとてもきれいな色が出ますが、風味もかなり独特なので、カレーと合わせるご飯以外にはあまり合いませんが、レッドパームオイルならばそれほど気になりません。

ちなみに、3種類のご飯には全て大根のみじん切りと緑豆も混ぜ込んでありますが、味付けは塩のみです。

これは私がビンボ~だからでも、面倒くさかったからでもなく、(゚∀゚) 炊きたての白いご飯は出来るだけシンプルに食べたいと思っているからです。

炊きたての白いご飯はそれだけでも美味しいですからね、むしろ味付けをしてしまってはもったいないので、せいぜい野菜の甘みと塩気だけで十分なんですよね。

ということで、シンプル過ぎるひな祭りの朝ご飯でしたが、こういうシンプルなものもたまにはいいものですよ。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(16)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

米ぬかで簡単朝ご飯。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20170201_123158.jpg

最近ますます時間に余裕がなくて、朝ご飯もかなり簡単なもので済ませることが多いんですよね。

本当は料理にはもっと時間と手間をかけたいんですけどね、なかなか思うようにいきません。(-ε-;)

ただ、簡単でも栄養バランスだけはきちんとしなければと思っているので、炭水化物、脂質、たんぱく質は必ず摂るようにしているんです。

これは少し前に紹介した米ぬかの混ぜご飯のバージョン違いですが、これは本当に簡単でバランスのいい食事になるので、最近よく食べているんですよね。



P_20170201_123534.jpg

材料は米ぬか、大根の葉、豆など、見た目から内容から地味で貧乏臭い感じがしなくもないですが、(゚∀゚;) こんなでも本当に味は美味しいんですよ。

作り方もほぼレンジで加熱して混ぜるだけでとても簡単なので、時間に余裕のない朝ご飯にはちょうどいいんですよね。

しいて言えば、これだとさっぱりして物足りないと感じることも時々あるのですが、その場合はこれに少しだけ何かしらの油脂を加えると、ちょっと濃い感じになって満足感が出るんです。

ごま油やオリーブオイルなどを混ぜるだけでもいいし、マヨネーズなんかも合います。角切りにしたチーズを混ぜたりするのも私は好きですね。(^。^)

とまあ、この朝ご飯自体には問題はないのですが、たまにはゆっくり時間をかけた朝ご飯とかも作ってみたいですね。(゚∀゚;)


スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 手作り アレンジ ブログトップ