So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポンサーリンク


前の5件 | -

iHerb(アイハーブ)でココナッツベジタブルカレー。(^。^) [アイハーブ]

P_20181029_110024.jpg

iHerb(アイハーブ)で買ったTasty Bite, Indian, Coconut Vegetables, Hot and Spicy, 10 oz (285 g)です。

これはココナッツと野菜のカレーです。

少し前に食べたビンダルーと同じメーカーのインドカレーで、今回もお肉や魚は入っていないんですよね。

それでも、ビンダルーの方はとても美味しかったですからね、こちらも期待して食べてみることにしました。(-ε-)



P_20181112_130243.jpg

早速用意してみましたが、いつもながらあり得ない見た目なので、このブログによく来て下さる方は今さら驚かないかもしれませんね。(゚∀゚)

カレーの色もちょっと変わっていますが、それ以上にご飯と添え物が目立っていますよね。



P_20181112_130422.jpg

丸っこいものは最近おなじみのおから団子ですが、今回はおから団子とご飯の両方にハイビスカスで色を付けているんです。

乾燥したハイビスカスは水で戻すと、本来はこのご飯の中心にあるような鮮やかな赤紫色が出るのですが、今回はまたちょっと失敗してしまって、赤紫ではなくグレーのような色になってしまったんですよね~。(゚∀゚;)

特におから団子の方はこれではまるで石ころですが、どうしてこのような色になってしまったのかと言えば、それはおからパウダーのせいなんですよね。

どうもおからや大豆などはアントシアニン系の色を黒っぽく変色させてしまうようで、おからパウダーがたっぷりと混ぜ込んであるおから団子はグレーに、ご飯の方も大豆を混ぜ込んだせいで、くすんだ紫色になってしまったんです。

あまりに美味しくなさそうな色になってしまったので、最後に水で戻したハイビスカスだけをトッピングして、何とか鮮やかな色を加えましたが、石ころ団子の威力の方が強いですね。(゚∀゚)



P_20181112_130455.jpg

肝心のカレーですが、こちらもよくあるカレーに比べると、色がかなり黄色っぽいですよね。

黄色というかレモンイエローというか、少し白っぽい色をしていますが、これはヨーグルトとココナッツミルクが入っているからです。

また、お肉や魚は入っていない代わりに、野菜や豆がこれでもかというくらいにたくさん入っているんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

にんじんやおいもは大きくて存在感もあるし、豆も2種類入っているので、かなり具だくさんなんです。

見るからに期待出来そうだと食べてみると、これは意外にもこのマイルドそうな見た目に反して、結構辛くてスパイシーな味がするんですよ~。ヽ(`д´;)ノ

もちろん、マイルドさや濃厚さもあるのですが、酸味も少し効いているので、この見た目にだまされると、ちょっとビックリしてしまうかもしれません。(゚∀゚;)

味も具のグリーンピースが合うような、インドカレーっぽい独特の風味なのですが、それでいてかなり美味しいんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

具材にはココナッツをスライスしたものが入っているので、食感もシャキシャキとしたところがあり、日本によくあるカレーとは全くの別物ではあると思います。

インドカレーなどを食べ慣れていない方には、ちょっと奇抜な味に感じるかもしれませんが、味は至ってナチュラルな好感の持てる味なので、ベジタリアンや自然な食べ物が好きな方にはおススメだと思います。(^。^)

Tasty Bite の商品はこちらから。


iHerb(アイハーブ)で買い物をする方は、以下のプロモコードをクリックするか、買い物カートのコード欄に入力して、その右側にある利用するボタンをクリックして下さい。日本時間の12月18日(火)午前3時まで40ドル以上の注文で5%割引きになりますよ。(^。^)

プロモコード CHEER5

また、以下のプロモコードで80ドル以上の注文で10%割引きになります。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

プロモコード CHEER10

上記の2つのプロモコードには紹介コード HIZ293 も組み込まれているので、更に5%オフになりますよ!エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?


スポンサーリンク


nice!(21) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビンダルーとココアライス。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20181212_125250.jpg

先日ビンダルーというインドカレーを食べましたが、これもビンダルーなんです。

でも今回のビンダルーは市販のものではなく手作りなんですよ。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

と言っても、私が作ったわけではなくて、これはインドカレー好きの友人が作ったものなんです。

私の友人はインドカレーがとても好きで、それが高じて自分でインドカレーを研究しているうちに、遂に近々お店を出すにまで至ったんですよね。

お店を出すくらいですからね、このビンダルーはすご~く美味しいんですよ~。

私はビンダルーやそれ以外のインドカレーは結構食べてきましたが、この友人の作るビンダルーはその中でも一番美味しいかもというくらいなんですよね。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

もしそのお店を紹介できるようなことになれば、ここで宣伝しようかとも思っていますが、まだちょっと未定なところもあるので、今はまだ内緒にしておこうと思います。(-ε-)



P_20181212_125346.jpg

ところで、このカレーは友人が作ったものなのですが、添えてある茶色いご飯は私が用意したものです。

いかにも私がやりそうな怪しい見た目ですが、(゚∀゚) 以前に何度か作ったことのあるチョコレートチャーハンの簡易バージョンのようなものですね。

要するにご飯にココアを混ぜ込んでいるわけですが、ココアは甘みや香料の入っていない純ココアなので、決して甘いバニラの香りがするご飯というわけではありませんよ。(-ε-)

ココアの他にはカレーに合うようにターメリック、フェネグリーク、ジンジャーパウダーなどを加え、野菜はゴボウとセロリを混ぜ込んでいます。

ゴボウとセロリはそれだけでもスパイスのような独特な風味がするので、個性の強いインドカレーなどには合うと思ったんですよね。

トッピングしてあるのはカラフルペッパーの粒で、見栄えのためにたくさん乗せましたが、かなり刺激が強いのでこんなには食べない方がいいです。(゚∀゚;)

ビンダルーがかなり油リッチなカレーなので、ご飯の方には油脂は一切使ってなく、ご飯単品では決して美味しいものではないのですが、このビンダルーと一緒に食べると不思議と美味しく感じるんですよね~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

ビーフカレーのような黒っぽいコクのある味が加わるという感じで、個人的にはおススメだと思っているんですよね。

ただ、私の味覚は若干(?)変わっているとは思うので、万人受けする保証は全くありませんが、興味のある方は是非試してみてください。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

iHerb(アイハーブ)でダークチョコレートのココナッツ団子。(-ε-) [アイハーブ]

P_20180804_150348.jpg

iHerb(アイハーブ)で買ったThe GFB, グルテンフリーバイト、ダークチョコレート・ココナッツ、4 oz (113 g)です。

これはダークチョコレート風味ココナッツ団子です。

ココナッツ団子と言っても、私が勝手にそう呼んでいるだけなのですが、(-ε-) iHerb(アイハーブ)にはこういうお菓子が結構売っているんですよね。

色んなメーカーが出しているので、海外ではこういうのは定番だったりするんでしょうか?ララバーなどは日本でも比較的知られている感じですが、それのお団子状バージョンという感じなんですよね。



P_20181106_124205.jpg

袋の中にはこのような少しいびつなお団子状のものが入っていました。

表面にびっしりと張り付いているのはココナッツフレークですが、トーストされているので茶色くなっている部分もあります。

大きさは計り忘れましたが、(゚∀゚) 確か3cmくらいだったので、普通に食べやすいサイズだと思います。

数も数え忘れましたが、(゚∀゚) 10個くらい入っていたと思います。



P_20181106_124242.jpg

ナイフで切ってみると、断面はかなり濃い茶色をしていて、いかにもダークチョコレートという感じがしました。

ただ、こういう系のお菓子はデーツやレーズンの色で茶色っぽいことが多いので、これも最初はそうじゃないかと思ったんですよね。

ところが食べてみると、今回のものは本当にチョコレートの味が濃いんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

メインの食材はデーツなのでフルーティーな味もするのですが、フルーツよりもチョコレート味の方が強いような感じがしました。

それでも、油っこさなどはなく、甘さも控えめで味は結構美味しいんです。(^。^)

ただ、これは質感がちょっと微妙でしたね~。

表面のココナッツはフレークをびっしりと固めているので、食感が少し固めなのですが、トーストされている割にはサクッとはしておらず、むしろ湿気た感じがするんですよね。

中のチョコレート生地も密度が高い感じなのですが、よくあるねっちりした感じに固まっているのではなく、ボソボソとした食感なんですよね~。(-д-;)

今回のお団子はココナッツが生地に混ぜ込まれていないせいか、油脂のしっとり感があまりなく、食感も密度が高くなっていて固いんだと思います。

ココナッツと生地を分けた方がそれぞれの味はわかりやすいし、見た目にもいい感じな気はしますが、この食感はちょっと気になりますね。(-ε-;)

これだと、以前に食べたナッツごと生地に混ぜ込んだこちらの方が食べやすくて美味しかったと思うのですが、チョコレート感を重視するなら今回の方がいいかもしれません。

というか、この商品には他にも違う種類のものが売っているので、機会があればまた別の種類も試してみようと思います。(-ε-)

The GFB の商品はこちらから。


iHerb(アイハーブ)で初めて買い物をする方は、以下のプロモコードをクリックするか、買い物カートのコード欄に入力して、その右側にある利用するボタンをクリックして下さい。日本時間の12月11日(火)午前3時まで、何と20ドル割引きになりますよ!ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

プロモコード GIFT20

リピーターの方は以下の紹介コードで5ドル割引きになります。(^。^)

紹介コード HIZ293

スポンサーリンク


nice!(20) 
共通テーマ:グルメ・料理

ノーマッドスナック 85% デカデント エキストラダーク。(-ε-) [おやつ(海外)]

P_20181101_161147.jpg

この写真の左側チョコレートは先日紹介しましたが、今回は右側のカカオ分85%のビターチョコレートです。

この間のチョコレートはココナッツやピーナッツの入った具入りのチョコレートでしたが、今回は混ぜ物は入っていないシンプルなチョコレートです。

私は基本的にはこういう何も混ざりもののないチョコレートの方が好きなので、こちらも期待して食べてみることにしました。(-ε-)



P_20181101_161259.jpg

ちょっと光ってしまって見づらいですが、カカオ分が高いだけあって左側のカカオ分55%のチョコレートよりは大分色が暗いですね。

模様は前回と同じ斜めのストライプです。



P_20181101_161753.jpg

早速食べてみると、やはりこれはかなり甘さは控えめですね。

甘味よりも苦味や酸味の方が目立っていて、シャープでキレのあるビターな風味がします。

どこかコーヒーのような風味がする気がしましたが、特別目立った風味はありませんでした。

口溶けも少しだけざらつきがある感じはしましたが、カカオ分85%にしてはなめらかで食べやすいと思います。

ということで、このチョコレートも美味しいとは思ったのですが、もう一歩何か物足りないというか、カカオ豆の奥深さみたいなものを感じなかったんですよね。

もしかしたらこれはローチョコレートなので、カカオ豆を焙煎していない分、あまりカカオ豆の風味が出ていないのかなとも思いました。

そうなると、前回のように混ざりものが入っている方が、より複雑な味になって美味しく感じるので、今回に関しては私の好きなビターチョコレートよりも、前回のミルクチョコレートの方がおススメですね。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

iHerb(アイハーブ)のミニストロープワッフル、キャラメル。(´~`) モグモグ [アイハーブ]

P_20181029_113104.jpg

iHerb(アイハーブ)で買ったDaelmans, ミニストロープワッフル、キャラメル、5.29オンス (150 g)です。

これはストロープワッフルというオランダのお菓子で、キャラメルをワッフルでサンドしたクッキーのようなものです。

こういうお菓子は輸入食材店などでよく見かけますが、今回 iHerb(アイハーブ)にも入荷されているのを見つけたんですよね。

私も大分前にこのお菓子を食べたことがあり、確か美味しかったという記憶があったので、久しぶりに食べてみようと思ったんです。(-ε-)



P_20181104_145611.jpg

ストロープワッフルというお菓子は、一般的には大きいサイズのものが多いと思うのですが、これはミニサイズということで、直径は4~5cmしかありません。

クッキーであればこのサイズだと至って普通の大きさだと思いますが、このお菓子の場合、ちょっと特殊な食べ方をするので、このサイズは一般的ではないんですよね。



P_20181104_145637.jpg

その食べ方は後ほど紹介するということで、とりあえずはそのまま食べてみることにしました。

切ってみると断面には確かにキャラメルのようなものがサンドされていました。

この状態だと結構キャラメルは固めなので、切ってもベッタリしているとか、流れ出してくるようなこともありません。

ワッフル生地はクッキーのようにサックリしているわけではなく、最初から湿気ているような質感なのですが、これはこういう仕様なんですよね。

食べてみると、これは思っていた以上に生地が重く、クッキーというよりはまるでバターケーキのような質感なんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

厚みはあまりないですが、密度が高いので結構食べ応えがある感じで、味もバターの風味が効いているので、濃い~感じがするんですよね。

シナモンの風味もして、甘さも甘ずぎることはなく、これはそのままでも結構美味しかったのですが、やはり推奨されている食べ方でも食べてみることにしました。



P_20181104_151546.jpg

推奨されている食べ方というのは、このワッフルを熱い紅茶などを入れたカップにふたをするように乗せて、しばらく置いてから食べるというものです。

そうすることで、飲み物の蒸気でワッフル生地が少しやわらかくなり、熱でキャラメルが温まってとろけてくるんですよね。

ただ、今回のワッフルは小さいので、カップにはとても乗せられなかったので、私がいつもよく食べているおからのモフモフに乗せて温めてみました。

これはちょっと本来の食べ方とは違いますが、蒸気でしっとりさせて、キャラメルを温めてとろけさせることは出来るんですよね。

おからのモフモフが何なのかについては、話すと長くなりそうなのでここでは書きませんが、(-ε-) とにかくこのワッフルを温めることが出来れば、どんなやり方でもいいと思います。

そして温めたワッフルですが、上の写真でキャラメルがとろけているのがわかるでしょうか?

この状態のものを食べてみると、こちらの方が断然美味しくなっているんですよ~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

元々バターやシナモンの風味は効いていましたが、それがより引き出されて、本当に焼きたてのバターケーキのような風味がするんですよ~。(*´∀`*) ホワ~

バターケーキというか、シナモンが結構効いているせいか、まるでタルトタタンでも食べているかのような風味がしたので、これに酸味の効いているリンゴを合わせれば、本当にタルトタタンになりそうです。

ということで、これはもうリピート決定ですね。これ以外にも2種類あったので、そちらも試してみたいですね。(^。^)

Daelmans の商品はこちらから。


iHerb(アイハーブ)で買い物をする方は、以下の紹介コードをクリックするか、買い物カートのコード欄に入力して、その右側にある利用するボタンをクリックして下さい。初回購入、リピーターに関わらず、5ドル割引きになりますよ!(^。^)

紹介コード HIZ293

スポンサーリンク


nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -