So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


テヘペロ料理。(∀`*ゞ) [小ネタ]

以前に書いた記事の補足のようなことになりますが、性格によって向いている料理というのをちょっと挙げてみようと思います。

◯几帳面、慎重な人→ ケーキなどの手間のかかるお菓子作り、レシピを見ながらの料理。
理由・・・ケーキやお菓子作りはほとんどの場合正確な計量が必要になるので、それをキッチリできるこの性格の人には向いている。また、時間や分量もきっちり守るので、レシピさえちゃんとしたものであれば、かなり再現性が高い料理を作れる可能性がある。

◯のんびりした人、大雑把な人→ 煮物、汁物など。
理由・・・基本的にこれらの料理は材料を切って、鍋に入れて放おっておくだけで出来るので、何もしたくない、じっくり待つことが出来る人には向いている。

◯せっかちな人→ 炒め物、マリネなど。
理由・・・これらは比較的短時間で出来、炒め物はむしろ手際が要求される料理なので、ちゃっちゃと物事をこなしたい人に向いている。

とまあ、かなり大雑把な分類ではありますが(^_^;)、おおよそはこういう傾向があると思うんです。いつも同じような料理ばかり作ってしまう、というのにもこういう性格が現れているのかも知れませんね。



ただそうなると、せっかちな人は煮物をうまく作れないのかというと、それは必ずしもそうではないと思います。道具や作り方の工夫次第で不得意なことも簡単に出来るようになったりします。

例えば、圧力鍋を使えば短時間で調理できますから、待てない性格の人でも美味しい煮物を作ることが出来てしまうし、テフロン加工などのフライパンを使えば、お肉などをタイミングを外して裏返したとしても、くっつかずにきれいに仕上がります。

また、お肉や魚を触るのが苦手、または筋を切ったり、きれいに切りそろえるのが面倒くさいという方もいると思いますが、それならば切らずに丸ごと調理してしまうという方法もあります。(-ε-)

お肉や魚は加熱してしまえば簡単に身がほぐれるものもあるので、加熱した後でおはしやナイフなどで切り分ければいいんです。もしくは、切らないでそのまま食卓に出すという手もあります。その方が見た目が豪華(ワイルド?)な感じになり、男性やお子さんにはかえって喜ばれるかも知れません。


KURIMO(クーリモ)  ギフトサイト


また、丸ごと調理した方が食材のうまみが逃げないので、大抵の場合は質感がしっとりと、味も美味しくなることが多いので、まさに一石二鳥です。(^o^)/

料理を職業でされている方などには、こんなズボラでテキトーな方法はもちろん通用しないとは思いますが、(^.^;) 家庭で出す料理ならこれくらいの工夫という名の手抜きは許してもらえるでしょう。(∀`*ゞ)テヘペロ

要は最終的に美味しくなればいいんです。何か悪いことをしてるわけじゃない限り(お肉を柔らかくする怪しい化学物質を使うとか?^ ^;) どんなやり方で作ろうと、それは作る人の自由だと思います。

料理は必ずしもこうしなければいけないということはないと思うので、自分のやり方で楽しく作るのが一番だと思います。(^。^)/

スポンサーリンク


nice!(98)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 98

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました