So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


豆と雑穀のチャーハン。(-ε-) [手作り アレンジ]

IMG_7188.JPG

先日紹介したiHerb(アイハーブ)で買った野菜と豆と雑穀の煮物を使って、今度はチャーハンを作ってみました。

個人的にはこれは味よりもペチョッとした質感の方が気になったので、質感をどうにかしようとして思いついたのが、私がよく作っているチャーハンです。

まずこれは具材が野菜と豆と雑穀ということで、私がいつも作るチャーハンと同じような材料なんですよね。それに、スパイスも効いていて少しだけ変わった風味もするので、チャーハンならちょうどいいと思ったんです。

また、チャーハンにしてうまく水分を飛ばすことが出来れば、このペチョッとした質感も何とかなると思ったんですよね。



IMG_7189.JPG

ということで、今回は一見同じように見えるかもしれませんが、2種類のチャーハンを作ってみたんです。

と言っても、加える材料を1つ変えただけなのですが、こちらにはを加えています。

チャーハンを作るときに、野菜から出る余計な水分を吸わせるために、おからパウダーを入れることがありますが、卵も野菜やご飯をコーティングしてくれるので、水分が出るのを防いでくれるんですよね。

また、卵は加熱するといい意味で乾燥して具材をパラっとさせてくれますからね、このペチョッとした質感を何とかしてくれるんじゃないかと思ったんです。



IMG_7190.JPG

こちらには卵の代わりに大豆たんぱくを使っています。

大豆たんぱくはおからパウダーと同じように野菜から出る余計な水分を吸ってくれるので、やはりこのペチョッとした質感をサラッとさせてくれるんじゃないかと思ったんです。

いつもはこの2つというか、おからパウダーもミックスして作ることが多いのですが、今回は敢えてそれぞれを単品で加えて、どのくらい差が出るのか試してみたかったんです。

ということで、それぞれを食べ比べてみたのですが、これは思っていたよりも差が出ましたね~。

どちらも元のペチョッとした質感は大分消えて、チャーハンと言ってもおかしくないような質感にはなっていました。

ただ、私の予想では卵を入れた方がサラッとなるのではないかと思っていたのですが、元々のペチョッとした質感と卵が混ざると、あまり水分が飛ばなくなってしまい、仕上がりもちょっとしっとりした感じになってしまったんです。(-д-;)

しっとりしつつパラっとしていればよかったのですが、しっとりというよりは若干のペチョッと感が残っていたので、これだとあまりチャーハンっぽくはなく、せいぜい炊き込みご飯かなという感じでした。

その点、大豆たんぱくを混ぜた方は余計な水分を大豆たんぱくが完全に吸ってくれたので、ペチョッと感はほとんどなくなり、チャーハンらしい質感になっていました。(^。^)

ただですねえ、味に関してだけ言えば、より美味しかったのは卵を混ぜた方だったような気はします。

食べ物ってなんでもある程度の水分があった方が味を感じやすくなるので、卵を入れた方が適度な水分が残っていて美味しかったんですよね。

それに、大豆たんぱくにはあまり旨みはないんですが、卵には旨みがありますからね、その差も微妙に出ていたんじゃないかと思います。

ということで、やはりいつものように卵と大豆たんぱく、もしくはおからパウダーを併用して作るのが、味も質感もそこそこうまく秘訣かなと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 19

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました