So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


にしきやのラジママサラとベンガルフィッシュ 。(^。^) [おかず]

P_20170830_102129.jpg

にしきやのラジママサラベンガルフィッシュです。

今年の夏はとても涼しくて、あまりインドカレーを食べたくなることがなかったのですが、それでもにしきやのインドカレーだけは食べておきたいですからね、まだ夏が名残っている今のうちに食べておこうと思いました。(-ε-)



P_20170905_115613.jpg

向かって左上の黄色っぽいのがベンガルフィッシュで、右上の赤っぽいものがラジママサラです。

ご飯は今回2種類用意しましたが、片方は日本のお米で、もう片方はジャスミンライスなんですよね。

基本的に本格的なインドカレーにはジャスミンライスやバスマティライスなどが合うと思いますが、今回はジャスミンライスが中途半端にしか残っていなかったので、半分は日本のお米になってしまったんですよね。(゚∀゚;)



P_20170905_115731.jpg

こちらの黄色い方が日本のお米です。今回も大豆と紅茶の出がらしを混ぜこんでありますが、緑色の野菜はキュウリではなくゴボウです。

この間もこの重曹で変色させたゴボウのことを書きましたが、今回はゴボウの変色がおからパウダーで戻るのかどうかを確かめるためにも、またゴボウを使ってみたんですよね。

その結果については後ほどということで、とりあえずカレーの感想を書こうと思います。(-ε-)



P_20170905_115752.jpg

まずはこちらのラジママサラですが、これはトマトベースのインゲン豆カレーということで、レッドキドニーの入ったいかにもインドカレーらしいカレーですね。

見た目からしてとても辛そうなのですが、豆がたっぷりと入っているのでマイルドさもあり、思っていたほどは辛くないんですよね。

ただ、トマトの酸味も効いているからか、辛さ指数は5段階中★3つの中辛ということになっていますが、その割には気持ち辛みが強く感じる気がしました。

味もやはり酸味が効いているのと、とろみが強いからでしょうか、かなり味が濃いように感じたんですよね。

油っこくはないのですが味は濃いので、かなりご飯が進むと思います。(-ε-)



P_20170905_115800.jpg

そしてこちらがベンガルフィッシュですが、先ほどのラジママサラとは対照的にサラッとした質感をしていました。

粉でとろみを付けていないからか、油がプカプカとかなり浮いていたのですが、(゚∀゚;) これはヨーグルトとマスタード風味の魚カレーということで、実際はカロリーはそれほど高くはなく、むしろヘルシーなカレーなんですよね。

魚はメカジキが使われているようで、小さくほぐれた塊がそこそこ入っていました。

こちらは見た目はとてもマイルドそうなのですが、食べてみると意外なほど酸味が強く、辛味もそこそこあり、お魚のややクセのある風味もするので、かなりインパクトのある味がするんですよね~。(゚∀゚;)

にしきやのインドカレーの中にはかなり奇抜な味がするものもありますが、これも結構特徴的なカレーだと思います。

ただし、それでも味はすごく美味しいんですよね~。(^。^) カロリーの割には濃厚に感じるし、味にメリハリがあって、かなり私が好きな感じの味なんですよね。

辛さ指数はこちらも5段階中★3つの中辛なので、それほど辛いわけではないのですが、やはりこちらも酸味が効いている分、やや辛く感じるような気はしました。



P_20170905_115742.jpg

最後にゴボウの変色についてですが、これはゴボウに重曹と水を少し入れて加熱したものに、ジャスミンライスとおからパウダーを混ぜたものなのですが、ご覧の通り、色は緑のままですよね。(-ε-?) アレッ

以前に紫いもにおからパウダーを合わせたときや、ターメリックにおからパウダーを合わせた時には、みるみるうちに色が戻ってしまったのですが、ゴボウの場合はおからパウダーと合わせても色が戻らないんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

食品の酸やアルカリでの変色はあまり安定性がない気がしますが、ゴボウの変色力には安定性があるんでしょうかね~。

理由はよくわかりませんが、緑色が戻らないなら安心しておからパウダーを混ぜることが出来るし、もう少し丁寧に混ぜれば、ご飯もきれいに緑色に染まる気がします。

これはまたもう一回くらい重曹ゴボウを試してみないといけないですね。(-ε-)







スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 15