So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


無印良品 ジンジャーパネン。(´~`;) アマウマ [おかず]

P_20190213_114556.jpg

無印良品のジンジャーパネンカレーです。

私は無印良品の店舗に行くことはほとんどないのですが、ネットでも私がよく買い物をするロハコアマゾンで無印のカレーは売っていますからね、セールなどを狙って買っているんですよね。

今回はアマゾンのセールで買いましたが、今現在のアマゾンの価格だとやたらと高かったので、ネットで買うならロハコで買った方がいいですね。(-ε-)



P_20190215_114511.jpg

早速用意してみましたが、今回のカレーは実は食べるのはもう2回目なので、1回目の味を踏まえて、ちょっとアレンジしてみたんですよね。



P_20190215_114616.jpg

この写真だと、カレーにひき肉かひきわり納豆のようなものが入っているように見えると思うのですが、これは私が加えた大豆たんぱくなので、本来のこのカレーには入っていません。

このカレーには豚肉が使われているのですが、バラ肉だと思われるかなり脂の多いお肉で、しかもかなり薄切りのお肉だったので、パッケージ写真にあるようなお肉の存在感があまりなかったんですよね。(-ε-;)

また、ココナッツミルクもふんだんに使われているからか、ルーはかなり油リッチな感じだったので、それならばと、いつもはご飯に混ぜ込む大豆たんぱく(脱脂タイプ)を今回はカレーに直接加えてみたんです。



P_20190215_114711.jpg

ご飯の方も今回はちょっといつもとは違うものを混ぜ込んであります。

バスマティライスに豆と野菜を混ぜ込んであるのはいつもと同じなのですが、そこにさらにヨーグルトを加えてあるんですよね。

ご飯にヨーグルトなんて日本の料理ではまずやらないと思いますが、今回のカレーにはこれはかなり合っていると思いました。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

というのは、このカレーはすご~く甘かったんですよね~。(-ε-;)

タイカレーにはこういう甘っ濃い味のものも多く、甘いからといって口に合わないとか美味しくないわけではないのですが、油リッチなこともあり、これ単品だとちょっとお口がクドくなってしまうんですよね。ヽ(´д`;)ノ

そこで、カレーに大豆たんぱくを加えることで油っこさを抑え、ご飯にヨーグルトを加えることで、酸味で甘みを中和しようと思ったんです。



P_20190215_114616.jpg

カレーにはたっぷりのジンジャーやタイカレー独特の調味料などが入っているので、かなり個性的な味がすると思いました。

かなり甘いこともあり、辛みはあまり感じませんでしたが、この独特の味だと好みは分かれそうですね。

それでも、私はこれはこれで全然嫌いではないし、甘いけどとても美味しかったので、無印のカレーはまた機会があれば(セールを狙って?)買ってみたいと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 17