So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


噂の名店 南インド風チキンカレー。(´~`) モグモグ [おかず]

P_20190310_110941.jpg

S&Bの噂の名店シリーズ 南インド風チキンカレーです。

これは東京の八重洲にあるエリックサウスというインドカレー専門店のカレーを再現したレトルトカレーです。

先日、ハウスの選ばれし人気店シリーズの 魯珈 芳醇チキンカレーを食べましたが、そこの店主の斎藤絵里さんや以前に紹介した一条もんこさんも、このエリックサウスというお店で働いていたことがあるらしいんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

このお二人が働いていたお店なんて、すごいお店に決まってますからね~、これは食べてみなければと、実はハウスのカレーと一緒に買ってあったんですよね。(-ε-)



P_20190310_120616.jpg

このカレーを食べる直前に、もんこさんがかわいらしいハート型に盛り付けたカレーの写真を載せていたので、私もハート型にしてみようと思ったのですが、私がやるとやはり普通にかわいくはなりませんね。(-ε-)

小悪魔風を目指すつもりが、大悪魔風というか、なんだか食べるな危険!みたいな盛り付けになりました。(゚∀゚)



P_20190310_120803.jpg

ご飯はターメリックライスで、そこに大根と大豆たんぱくを混ぜ込んであるのですが、明らかに色がおかしいですよね。

この怪しい黒い色が何なのかと言えば、これは実はブルーベリーサプリメントの色なんです。

ブルーベリーなので本来ならば濃い紫色をしているのですが、それを大豆たんぱくと合わせると、黒っぽく変色するんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

アントシアニン系の色は大豆食品と合わせると黒っぽく変色することが多いのですが、今回も見事に黒くなりましたね~。

過去に思いがけず変色してしまったことも何度かあるのですが、今回はあえてこの黒と黄色の奇抜な色合いにしてみました。(-ε-)



P_20190310_120746.jpg

肝心のカレーですが、前回と同じくこちらもチキンカレーなのですが、見た目の印象はかなり違いました。

ご覧の通り、こちらの方がかなり油っこそうな、ある意味インドカレーらしい見た目だったんですよね。

鶏肉もこちらは結構大きめのお肉がそこそこ入っていたので、お肉の満足感はこちらの方が高いと思います。

早速食べてみると、今回もいかにもインドカレーらしいスパイスの独特な風味がしたんですよね。

ちょっと臭いようなこの風味はクミンかなと思ったのですが、もちろんそれだけではない複雑なスパイスの風味がして、一般的なレトルトカレーとは全然違う味がするんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

とは言え、苦味や渋味が目立った魯珈のカレーほどは変わった風味ではなく、油っこさは感じたものの、少しだけ市販のレトルトカレーっぽい甘っ濃い味もするので、味は比較的食べやすいと思いました。

ということで、前回も今回もレトルトとは思えないほどの本格的な味がして美味しかったのですが、どちらかと言えば、個人的には攻めてる感じがする魯珈のカレーの方が私は好きですね。(-ε-)

ただ、どちらにしろ今は市販のレトルトカレーでもこんなに美味しいカレーがあるということに、ちょっと感動しますよね~。

昭和の時代ではこんなに美味しいレトルトカレーや、本格的なインドカレーなんてあり得なかったと思うのですが、令和の時代を間近にしてレトルトカレーも日々進化しているということでしょうか。

令和の時代になったら、もっと美味しいレトルトカレーが食べられるかもしれないですからね、ハウスとS&Bのこのカレーシリーズには今後も期待したいですね。(-ε-)


        

スポンサーリンク


nice!(16) 

nice! 16