So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


初夏の爽やかりんごのマリネライス。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20190601_121344.jpg
【レシピブログの「おなじみのさわやかハーブ あなたはどれがお好み?」レシピモニター参加中】


ハウス食品×レシピブログのモニターコラボ広告企画の商品としていただいたGABAN タイムを使って、りんごのマリネライスを作ってみました。

今年は5月なのに夏のような暑い日が続きましたからね、朝ご飯もさっぱりしたものが食べたくなることが多かったんですよね。

そこで、今回いただいたハーブの中でもまだ使ったことのなかったタイムを使って、さっぱり爽やかな洋風酢飯=マリネライスを作ってみようと思いました。(-ε-)


<材料>1人分 約245kcal
ご飯(固め)・・・100g
りんご・・・40g
レタス・・・15g
ガルバンゾー・・・20g
ココナッツオイル・・・3g(小さじ2分の1強)
塩・・・1g(1㏄スプーン1杯弱)
GABAN タイム、クエン酸、レモンオイル・・・少々

<作り方>
①りんごは2㎝幅のくし形に切ってから、スライサーでスライスするか、包丁で3㎜くらいにスライスします。レタスは太めの千切りにします。
② りんごとレタスを器に入れ、塩とクエン酸をまぶしてしんなりしてきたら、残りの材料を全て加えてよく混ぜ合わせたら出来上がりです。


と、ほぼ材料を混ぜるだけの簡単なレシピなので、これなら忙しい朝でもササッと作れると思います。
分量も今回は一応ちゃんと量っていますが、まあ目分量でもいいと思います。(-ε-)

ココナッツオイルは夏っぽさは出ますが、苦手な方はオリーブオイルや普通のサラダ油でもいいし、クエン酸とレモンオイルの代わりに、本物のレモン汁を使ってもいいと思います。

ご飯はやわらかいものを使うと、野菜などから出た水分でべチャッとしてしまうので、やや固めのご飯を使うか、麦飯など粘りの少ないものを使った方がいいです。

また、今回はりんごをスライサーで切ったのですが、それだとちょっと歯ごたえがなくなってしまうので、これは包丁でスライスした方がいいかもしれません。



P_20190601_121859.jpg

りんごとご飯を一緒に食べるのに抵抗がある方もいるかもしれませんが、これはいわゆる日本の酢飯と同じようなもので、甘みと酸味、香草の風味が効いているあたりは全く同じなんですよね。

酢飯だとしそやしょうがなどを使うことが多いですが、これをハーブやレモンに置き換えると、ちょっとオシャレな洋風のマリネライスになっちゃうんですよね。(゚Д゚ ) ヘェ~ッ

りんごは皮ごと使えば彩りもきれいですからね、レタスも今回は色の濃いものを使ったので、見た目も鮮やかになりました。

また、今回使ったタイムはまるで森林の香りのようなとても良い香りがするのですが、味は若干渋いというか、まるで木か草のような風味(?)がするので、りんごの甘みと合わせるくらいがちょうどいいと思いました。

ということですが、我ながらこれは夏にはぴったりなご飯だと思ったので、またバージョン違いを作ってみようと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(19) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 19