So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


チャジャンブルダック炒め麺 。(´~`) モグモグ [おかず]

P_20190512_103345.jpg

韓国のブルダック麺シリーズのチャジャンブルダック炒め麺 です。

これは以前に食べてものすごく辛かったけど、とても美味しかったブルダック炒め麺のフレーバー違いです。

ブルダック炒め麺にはこれ以外にも何種類かフレーバーがあるのですが、どれも自分でアレンジすれば似たようなものは作れそうだと思ったので、基本のブルダック以外は買ったことがなかったんです。

ただ、しばらくブルダックを食べていなかったのと、このチャジャンというフレーバーは聞いたことがなかったので、試してみようと思ったんです。(-ε-)



P_20190512_103547.jpg

袋の中には基本のブルダックと同じように、麺、ソース、かやくが入っていました。



P_20190512_103648.jpg

麺はいわゆる油揚げ麺だと思いますが、よく見るとこのようにぷく~っとふくれている部分があるんですよね。

日本の麺ではこのような状態になっているものは見たことがないのですが、微妙に製法が違うんでしょうか?(-ε-)



P_20190513_105928.jpg

今回も基本的にはパッケージの作り方通りに用意してみましたが、キャベツとガルバンゾーは自分で追加しました。

ただ、これも絶対に辛いと思っていたので、ソースは半分くらいの量しか加えていません。(゚∀゚)

見た目は日本の焼きそばに似ていますが、色が若干黒っぽいですよね。

ちょっと調べたところによると、チャジャンというのは黒味噌を使った甘辛い味付けが特徴のようです。



P_20190513_110125.jpg

前回ほどは辛くないらしいというのは知っていたものの、相当警戒しながら食べてみたのですが、今回は本当にそれほど辛くなかったんですよね。(-ε-)アレッ?

食べ進めていくうちに辛くなってくるかとも思ったのですが、結局最後までそれほど辛いとは感じず、食べ終わった頃にようやく口の中がヒリヒリしてくる程度でした。

味は前回と同じような甘辛い味ですが、日本のテリヤキ味などとは違って甘みはそれほど強くなく、少し黒っぽいコクのある風味がして、私好みの味がしました。

見た目は少しコッテリしているようにも見えますが、油っこさはあまりないし、化学調味料っぽいわざとらしい味もしないんですよね。

また、前回と同じく太めの麺のもっちりとした弾力がとてもいい感じで、これがコクのある濃い目のソースとすごく合っているんですよね~。(^。^)

前回のブルダックは辛過ぎてソースを減らしても無理なレベルでしたが、今回のは野菜さえ増量すれば、ソースを全部入れても何とかいけそうな気がしました。

とは言え、私は比較的辛さには強い方なので、普通の味覚の方にはこれでも十分辛いかもしれないので、食べるときは気を付けてくださいね。(-ε-)


        

スポンサーリンク


nice!(21) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 21