So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


おからパウダーで油っこくないキーマカレー。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20190811_120514.jpg

この間食べた鳥肌の立つカレー キーマカレーをアレンジしてみました。

このカレーはなかなか美味しかったのですが、分離している油が少し気になったんですよね。

また、味が薄いというか感じにくかったのも、おそらく油が多いせいだと思ったので、この油を何とかしようと思ったんです。

きれいに油が分離していればすくい取ることも出来ますが、今回のようなキーマカレーだとちょっと難しいので、今回は取り除くのではなくおからパウダーに吸い取ってもらうことにしました。

おからパウダーは余計な水分を吸い取るのにもよく使いますが、水分だけでなく油分もグングン吸いますからね~、私には必須の食材なんですよね。

もう10年くらいは愛用していると思うのですが、最近のおからパウダーブームのおかげで、少し前までは手に入りにくくなったり、値段も随分上がってしまったんですよね~。(-д-;) ウ~ン



P_20190811_120543.jpg

ということで、前回のカレーにおからパウダーを混ぜてみたのですが、もう全くの別物と言っていいくらいに見た目も質感も違います。



P_20190810_114024.jpg

こちらが前回のおからパウダーを混ぜていない方ですが、油がはっきり分離しているのがわかりますよね。

それに比べて今回のおからパウダーを混ぜた方は油感などは全くなく、まるで卯の花のようなもそっとしつつもしっとりとした質感になるんです。

おからパウダーを混ぜた分、色も少し白っぽくなっていますが、これは多分ですが少し変色も起こっているんだと思います。

おからパウダーを入れると赤い色が黄色く変わることがあるので、今回もオレンジ色が薄い黄色に変色したんじゃないかと思います。(多分。(-ε-)



P_20190811_120543.jpg

おからパウダーなんか入れたら美味しくなくなるんじゃない?と思うかもしれませんが、これだけたっぷりの油が入っていると、おからパウダーを入れてもしつこさは減っても美味しさは減らないんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

しっとり感もちゃんとあるし、キーマカレーというよりはドライカレーという感じになるとは思いますが、美味しさはある意味増しているとも思います。

今回のような辛いカレーに加えれば、辛みを抑えてまろやかな味になるし、余計な水分や油分が減ると、かえって味は濃く感じるんですよね。

ただ、おからパウダーの種類と加える量によっては、少しもそもそ感が気になるとは思うので、カレーに直接加える場合はキメの細かいタイプのおからパウダーの方がいいかもしれません。

キメの細かいタイプだとまるでマッシュポテトのような食感になり、キメの粗いタイプだと卯の花のような食感になります。

どちらにしろ、元のカレーとは別物のような食べ物になるので、カレー本来の味を味わいたい時はカレーには直接加えずに、前回のようにおから団子を添えたりするんですよね。



P_20190811_120630.jpg

ちなみに、ご飯は前回のおから団子と同じように青汁&ターメリックで色を付けてみました。

どちらもややクセのあるパウダーですが、クセの強いインドカレーなどと食べれば全く気にならないし、やはりこの鮮やかな色は見栄えがしますよね。

というところで、私はカレー以外にもおからパウダーは多用するので、さっきも買い足したところなんですよ。

以下のリンクのお店は国産のおからパウダーを取り扱っているので、私もよく買うんです。

キメの細かいタイプと粗いタイプを両方取り扱っていて、500gというお手頃な量で値段も最安値に近いです。

安くても国産ではなかったり、国産だとやたら高いお店もありますが、こちらのお店はおからパウダーの値段が高騰した時も良心的な値段で売っていたし、品質も間違いないのでおススメだと思います。(^。^)





スポンサーリンク


nice!(19) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 19