So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


鳥肌の立つカレー キーマカレー。(-ε-) [おかず]

P_20190810_112205.jpg

アマゾンで買った鳥肌の立つカレー キーマカレーです。

このカレーは輸入食材店などでよく見かけることがあり、パッケージも目立つので気になってはいたのですが、なぜか一度も買ったことはなかったんですよね。

今回アマゾンで買い物をするついでに目に付いたので、ここいらで一度食べてみようと思ったんです。(-ε-)



P_20190810_113835.jpg

早速用意してみましたが、今回も変な盛り付けですね。(゚∀゚)

いつもと同じではつまらないなと思ったので、何となくおから団子をクロスさせてみたんです。

クロスさせると必然的に全体が4分割されますが、ご飯とカレーは2種類ずつあるわけではなく、1種類が2等分されているだけです。(-ε-)



P_20190810_114104.jpg

おから団子には大根と青汁を混ぜ込んでありますが、青汁だけだとくすんだような緑色になってしまうので、ターメリックを少し加えてあるんです。

ターメリックはかなり鮮やかな色が出ますが、青汁と組み合わせるとやはりとてもきれいな黄緑色になるので、最近この組み合わせはよくやるんです。(^。^)



P_20190810_114049.jpg

ご飯の方はハイビスカスで赤紫色にしようと思ったのですが、ついうっかり大豆たんぱくを混ぜ込んでしまったために、せっかくの鮮やかな赤紫色がくすんだ紫色に変色してしまったんですよね~。(-д-;)

大豆やおからパウダーなどは酸やアルカリの変色に影響するので、加えるときは気を付けなければいけないのですが、まあ大丈夫かなと思ったら全然大丈夫ではなかったですね。(゚∀゚;)



P_20190810_114024.jpg

カレーの方はというと、ご覧の通りかなり油リッチなんですよね~。(ノ゚⊿゚;)ノ ゲッ!

油が分離してしまっているインドカレーなどは、私は実は苦手だったりするのですが、私にはおからパウダーという強い味方がありますからね、今回もおから団子を添えることで、この油っこいカレーも問題なく食べることが出来ました。(-ε-)

細かく挽かれた鶏肉や野菜が入っているので、少しとろみがあるようにも見えますが、日本のカレーのように粉でとろみがついているわけではありません。

鳥肌の立つカレーということで、そんなに美味しいのか、それとも辛いのかと期待と警戒して食べてみたのですが、確かに一般的なカレーに比べればかなり辛いものの、鳥肌が立つほどには辛くありませんでした。

味の方もこのカレーは化学調味料などは一切使われていないということで、とても自然な味で好感が持てるのですが、いまいち旨みが足りないように感じたんです。

スパイスがしっかり効いている感じなので、鶏臭さがないのはいいのですが、なぜか鶏の旨みもあまり感じないんですよね。

甘みがほとんどないせいもあって、旨みを感じにくいのかなとも思ったのですが、旨みだけでなく塩分の割に塩気も弱く感じたんです。

ですので、辛みの効いたナチュラルなインドカレーという感じで、私はこういうのはとても好きだし美味しいとは思ったのですが、至って普通に美味しいという感じなので、やはり鳥肌は立ちませんでしたね~。(゚∀゚;)

ただ、この塩気に関してはもしかしたらこの多すぎる油が原因?とも思えたので、次回ちょっと違う食べ方で検証してみようと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

無印良品 プラウンマサラ。(´~`) モグモグ [おかず]

P_20190730_113058.jpg

無印良品のプラウンマサラです。

今回も無印良品のお店からではなくロハコで買いました。ロハコでは日用品を時々買うので、ついでに無印のカレーを買うことが多いんですよね。

無印良品のカレーは本格的で美味しいインドカレーがたくさんそろっていますからね~、今回のプラウンマサラは海老を使ったクリーミーなカレーということで、いかにも美味しそうだったので買ってみたんです。



P_20190730_121240.jpg

さて、今回も怪しい色をしていますね。(-ε-)

カレー自体はかなり明るいオレンジがかった黄色だったので、ご飯はそれと対比するような色にしてみたんです。



P_20190730_121452.jpg

ご飯にはいつものように大根と大豆たんぱくを混ぜ込んであるのですが、この黒っぽい色はブルーベリーエキスの色なんですよね。

そしてご飯の上にトッピングしてあるのは紅ショウガではなく大根ですが、この色もブルーベリーエキスの色なんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

ブルーベリーエキスなので、本来は濃い紫色をしているのですが、ご飯の方はそこに重曹を加えてあり、トッピングの大根にはクエン酸を加えているんです。

ブルーベリーの色素はアルカリ性では緑~黒っぽく変色し、酸性だと鮮やかなピンク色に変色するので、同じブルーベリーでもこのように全く違う色になるんです。



P_20190730_121412.jpg

カレーはエビのカレーということで、小さめのエビが3匹と、目に見える野菜としては大きめのたけのこが2個入っていました。

具の量としてはこれではちょっと少ないなあと思いつつ食べてみたのですが、これ味はとっても美味しいんですよね~。(^o^)

インドカレーということで、スパイスの効いた本格的な味がするのですが、ココナッツミルクが使われているので、あまり辛味がないどころか、むしろクリーミィでまろやかな味がするんです。

インドカレーにしてはとろみが強いので、このカレーはカロリーはそれほど高くないのですが、より濃厚に感じるんですよね。

具のエビは数こそ少ないのですが、濃縮したエビの旨みとカレーの風味が染みていて美味しかったし、何よりもルーにもこのエビの濃厚の風味がふんだんに溶け込んでいる感じなんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

時々、具の味とルーの味が一致しないどこか不自然なカレーを見かけることがありますが、(-ε-) このカレーはちゃんとルーにも海老のエキスが効いているので、まさにエビカレーっていう味がするんです。

この味だとご飯と食べても美味しかったですが、ナンとレタスなんかと食べても合うんじゃないかと思ったので、また機会があれば試してみたいと思いました。(^。^)


スポンサーリンク


nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

カレーの壺 チキンカレー。ヽ(^o^)ノ ウマ~イ [おかず]

P_20190606_145308.jpg

カレーの壺 チキンカレーです。

先日このシリーズのポークカレーの方を食べましたが、やはりチキンも外せないかなと、こちらも一緒に買っておいたんですよね。

ポークカレーの方が思いの外美味しかったので、こちらの定番のチキンの方はそれほどではないかなと思っていたのですが、これはいい意味でかなり期待を裏切られたんですよね~。(-ε-)



P_20190721_114428.jpg

今回もおから団子を合わせてみましたが、前回とは色合いが大分違いますね。

盛り付けは似たような感じなのですが、お皿も違うとイメージが変わりますよね。

このシリーズのカレーはややリッチでカロリーが少し高めなので、おから団子とは相性がいいんです。



P_20190721_114534.jpg

ご飯にはまたアイハーブで買った青いお粉で色を付けています。

ご飯というかまず大根に色を付けてからご飯と混ぜ合わせているのですが、これを夏らしいと取るか、奇抜な色と取るかは微妙ですよね。(゚∀゚;)

おから団子の方にはレタスと青汁を混ぜ込んでいます。

この組み合わせはやや渋い味になるので、決して美味しい味というわけではないのですが、おから団子にすると不思議と全然食べられるし、今回のようなリッチなカレーにはとても合うんです。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?



P_20190721_114619.jpg

カレーはチキンカレーということで、小さめの鶏肉がそこそこ入っていましたが、具としてはちょっと少ないかなという感じでした。

また、何か黒っぽい葉っぱの切れ端のようなものがたくさん浮かんでいたのですが、これはカレーリーフでしょうか?タイやインド、スリランカのカレーには葉っぱがよく使われている気がします。(-ε-)

ルーはサラッとした質感をしていたので、あっさりしていそうだと思いつつ食べてみたのですが、これ意外と濃厚なんですよね~。

質感がサラッとしていると、濃厚な感じも薄れてしまいますが、ココナッツミルクが効いているからでしょうか、まろやかさが加わってコクが出ている感じがしました。

ただ、ココナッツミルクはそれほど前面には出ていない感じで、基本的にはこのカレーは結構辛いです。

辛いですが絶妙なスパイス使いという感じで、ただ辛いだけではなく本格的な味がしてとっても美味しいんですよね~。(^o^)

ルーには鶏肉の旨みもすごく溶け込んでいる感じがするし、これはちょっと今まで食べたインドやそちら方面のチキンカレーの中では一番美味しかったんじゃないかと言う気がします。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

個人的にはインドカレーなどだとチキンカレーが一番好きで美味しいとも思っているのですが、これはかなり自分の理想のチキンカレーに近い感じがしたんですよね。

ということで、前回のポークもかなり美味しかったし、今回のチキンもすごく美味しかったので、このカレーの壺の商品はこれからも要チェックですね!(-ε-)/



スポンサーリンク


nice!(31) 
共通テーマ:グルメ・料理

選ばれし人気店 アルペンジロー 特製ビーフカリー。(-ε-) [おかず]

P_20190714_115347.jpg

ハウスの選ばれし人気店シリーズ アルペンジローの特製ビーフカリーです。

少し前に食べたこのシリーズの魯珈(ろか)のカレーは、市販のレトルトカレーらしからぬ攻めた味で美味しかったので、同じシリーズの他のカレーも食べてみたくなったんですよね。

このシリーズはいずれもちまたで人気のお店のカレーを再現したということで、どれにしようか迷ったのですが、今回は王道のビーフカレーを選んでみました。



P_20190716_122837.jpg

今回はインドやタイなどの変わったカレーではありませんからね、シンプルに盛り付けてみました。(-ε-)

いつも変な盛り付けばかりをしているので、これだと逆に何だか寂しい気がしてしまいます。(゚∀゚)



P_20190716_122926.jpg

ご飯にはターメリックで色を付けた大根と大豆たんぱくを混ぜ込んであります。

あまりにシンプルだったので、何か緑の葉っぱでも添えたかったのですが、なかったので赤いカイエンペッパーを振りかけて、気持ち彩りと風味のアクセントにしてみました。



P_20190716_123025.jpg

今回はビーフカレーということで、とろみのある一般的なビーフカレーを想像してしまいそうになりますが、このカレーはとろみがかなり少なく、スープカレーに近いサラッとしたルーなんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

色はビーフカレーらしい少し黒っぽい色をしていて、お肉はこの写真では小~中くらいのお肉が4個写っていますが、これは全量の半分なので、全部だと8個は入っていたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

アマゾンなどのレビューだとお肉が少ないと書いている人もいたので、もしかしたら私はラッキーだったのかもしれませんが、レトルトでこのお肉の量はすごいなと思いました。

食べてみると、まずこれは中辛と書いてある割にはちょっと甘いかなと思いました。

野菜の甘みという感じで不自然な感じはしなかったのですが、それにしてもちょっと甘みが強いなと思って原材料を見てみると、はちみつ、りんごペースト、砂糖、カラメルシロップ、チャツネ、加工黒糖など、何だか色んな甘味料が入っていました。

おそらく味に深みを出すために少しずつ入れているんだとは思うのですが、個人的にはこんなに入れなくてもいいような気はしました。(゚∀゚)

少し甘めではありますが、スパイスは適度に効いている感じで辛みも少しあり、牛肉らしい気持ち渋い風味や旨みも感じられます。

ルーがサラッとしている割にはコクもあると思うのですが、これは王道のビーフカレーということもあり、あまり特徴のあるカレーではないからか、もう一つ決め手に欠けるような感じはしました。

複雑な味はするし、バランスのいい味とも思えるのですが、前回のように印象に残る味ではなかったですね。

とは言え、比較的安いレトルトカレーでこのお肉の量と味なら私は特に不満はなかったので、アマゾンの辛口のレビューではちょっと気の毒だなと思いました。(^_^;)


        

スポンサーリンク


nice!(20) 
共通テーマ:グルメ・料理

黄色のカニー。(´~`) カニカニ [おかず]

P_20190606_145201.jpg

ちょっと珍しいカレーを楽天市場で買いました。

黄色のカニーという商品名通り、これはかにを使ったカレーなんです。

かにを使ったカレーは少し前にも食べたことがありますが、かにカレーと言うにはかに風味が弱くて、あまり満足できなかったんですよね。

それに比べて、今回のかにカレーはカニ専門店が作ったこだわりのカレーということで、パッケージや商品名からして何かいい感じがしますよね~。(-ε-)

それに、これは日本のカレーではありますが、ココナッツミルクやカルダモン、クローブなどのスパイスを使っているので、私の好きなタイカレーやインドカレーのような味がするのではないかと思ったんですよね。

贅沢にかにを使っているということで定価だとかなり高いのですが、前回のスーパーセールで半額になっていたので、思い切って買ってみることにしたんです。



P_20190706_113040.jpg

ということで、黄色いカニーです。(-ε-)

このネーミングを見たら、どうしても黄色いかににしなければいけない気がしたので、かなりテキト~な作りではありますが、黄色いカニーを再現してみました。



P_20190706_113135.jpg

かにの本体の部分は、いつものようにターメリックで色を付けた大根と大豆たんぱくを混ぜ込んだご飯です。



P_20190706_113148.jpg

手足もターメリックで色を付けた大根で、ハサミと目の部分はにんじんで作ってみました。

黄色いカニーなので黄色にしたわけですが、カレー自体もよくあるカレーよりは黄色っぽい色をしていたので、イマイチかにが目立っていませんよね。(゚∀゚)

肝心のカレーですが、かにはほぐし身としてそこそこの量がルーに溶け込んでいるようでしたが、目立った具はそれ以外にはありませんでした。

それでも食べてみると、これはかにの風味がすごく濃厚なんです!ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

紛れもないかにの風味がルー全体に溶け込んでいて、前回食べたカレーとは比べ物にならないくらいのかに風味がするんです。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

そこにココナッツミルクやスパイスも絶妙に効いているので、スパイシーだけどまろやかという、かなり私の好きな感じのカレーだったんですよね~。(^。^)

と言っても、特別タイやインドカレーのような独特な味というわけではなく、日本人好みの食べやすい味だと思います。

かにカレーとしては申し分ないし、カレーとしてもとても美味しいと思って、パッケージをもう一度確認してみると、なんとこのカレーの製造者はにしき食品とあるじゃないですか!ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

にしき食品はにしきやとして独自のカレーも作っていて、そのインドカレーなどは私はものすごく好きなのですが、まさかそのにしき食品が作っているとは、通りで美味しいわけです。(-ε-) ナルホド

このネーミングやパッケージも、もしかしたらにしき食品が考えたんでしょうか?この微妙ないい感じのセンスはにしき食品っぽい感じがします。

ということで、このカレーは味は本当に美味しかったのですが、定価1250円(送料込み)という価格はちょっとどうなのかなと思います。

私は今回半額の600円で買っていますが、それがギリギリかもしくはそれでもちょっと高いとは思います。

パッケージからして20~50代くらいの女性ターゲットだとすれば、この価格設定ではちょっと買わないんじゃないかという気がしてしまいます。(-д-;)ウ~ン

せっかく美味しいカレーなので、もっと買いやすい価格にして世の中に広めて欲しいなと、勝手な意見ですが切に思いました。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヤマモリ マンゴーカレー。(´~`;) アマ~イ… [おかず]

P_20190606_145334.jpg

ヤマモリのマンゴーカレーです。

ヤマモリのタイカレーシリーズはとても美味しいのでよく買うのですが、今回ちょっと変わったカレーが発売されているのを見つけたんですよね。

タイカレーには南国フルーツが使われていることがありますが、そのフルーツが主役のカレーなんて、ちょっと珍しいですよね~。

パッケージを見る限りでは、一応メインの具材は鶏肉のようですが、チキンカレーではなくマンゴーカレーと言っているあたり、マンゴーがふんだんに使われていそうですよね。

これはちょっとどんな味がするのかとても興味があったので、試しに買ってみることにしたんです。(-ε-)



P_20190628_120035.jpg

南国色と言うには赤が足りませんが、比較的明るい色合いの盛り付けになりました。

ご飯の色も明るいですが、今回のカレーはよくあるカレーに比べて、かなり黄色っぽい色をしていたんですよね。



P_20190628_120129.jpg

ご飯は日本の普通のお米で炊いたターメリックライスですが、そこにきゅうりと大豆を混ぜ込んであります。

ご飯にきゅうりを混ぜるなんて、酢飯以外では一般的にはあまりやらないんじゃないかと思いますが、クセがあって甘いタイカレーやインドカレーには私は合うと思っています。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

きゅうりは生ではなくレンジで加熱してあるのですが、レンジで加熱したくらいでは食感は残るし、ご飯と混ぜ合わせることで余分な水分をご飯が吸ってくれるので、生で食べるよりも水っぽくなくていいんですよ。(-ε-)



P_20190628_120151.jpg

カレーはいかにもマンゴーが入っていそうな黄色っぽい色をしているのですが、目に見える具は鶏肉のみで、固形のマンゴーの果肉などは全く入っていませんでした。

それでも食べてみると、かなりフルーティな味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

フルーティとは言っても、酸味はあまりなくて甘みの方が強いので、その辺はマンゴーっぽいかなと思いましたが、マンゴーの風味がするのかと言えば、それはそんなに強くない気がしました。

写真だとあまりわかりませんが、鶏肉が結構入っているので、メインの味は一応チキンカレーという感じで、そこにココナッツやスパイスの風味も効いているので、マンゴー風味はそこまで目立たないんですよね。

また、タイカレーっぽい風味はするものの、ヤマモリのカレーにしては少し味が単調というか、奥深さがあまりなかった感じがして、至って普通に美味しいかなという印象でした。

普通には美味しいですが、おそらく一般なカレーと比べてもかなり甘いと思うので、甘ちゃんカレーがお好みの方向けかなと思います。(-ε-)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマモリ タイカレー マンゴー(170g)
価格:356円(税込、送料別) (2019/7/13時点)



スポンサーリンク


nice!(22) 
共通テーマ:グルメ・料理

カレーの壺 ポークカレー。(´~`) ウマウマ [おかず]

P_20190519_115301.jpg

カレーの壺 ポークカレーです。

カレーの壺というのは自然食品などを取り扱っているお店で時々見かけたことがあったのですが、カレーペーストではなくてレトルトカレーは私は今回初めて見かけたんですよね。

インド人女性のような独特なイラストが目を引くのですが、これはインドカレーではなくてスリランカカレーなんです。

インドカレーではないけど近所の国ですからね、きっと私好みのカレーに違いないと思ったのと、これは豚肉とナスを使ったカレーでちょっと珍しいということもあり、試しに買ってみることにしたんです。



P_20190519_115925.jpg

久しぶりのおから団子カレーです。

おから団子はカレーによく合うと思うのですが、このちょっと変な見た目も私は気に入っているんですよね。(-ε-)



P_20190519_115939.jpg

ご飯は今回は日本の普通のお米を使っていますが、ハイビスカスで色を付けた大根とガルバンゾー(ひよこ豆)を混ぜ込んであります。

ガルバンゾーはほっくりとした食感さっぱりした味が油の多いインドカレーなどにはよく合うんですよね。



P_20190519_120107.jpg

カレーには小さめの豚肉が5かけらほど入っていましたが、ナスは目に見えてわかるものは1つだけで、どうやら大半はルーに溶けてしまっているようでした。

ルーの色は黄色っぽく、サラッとした質感をしていたので、特別美味しそうには見えなかったのですが、食べてみるとこれはちょっと今まで食べたことがないような風味がしたんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)ナニ?

酸味がそこそこあってスパイシーな味がするだけだったら、インドカレーなどではよくある味だと思うのですが、これはそれだけじゃない旨みがあったんですよね。

何かとてもマイルドな感じがするので、最初はココナッツミルクの味かなと思ったのですが、これはおそらく油を吸ったナスの味で、そのナスのまろやかさと豚肉の旨みやスパイスの風味が混ざり合って、独特な風味を出しているんだと思います。

独特な風味と言っても、決して奇抜な味などではなく、すごく美味しいんですよね~。(*´∀`*) ホワ~

スパイシーではありますが、辛みは穏やかな感じだし、とにかくマイルドな味ですからね、これならお子さんなどでも食べられるかもしれません。

ということで、具は若干少ないかなとは思いましたが、味は最近食べた中ではかなり美味しかったので、これは夏の間にもう一回くらいは食べてみたいと思いました。(^。^)



スポンサーリンク


nice!(27) 
共通テーマ:グルメ・料理

チャジャンブルダック炒め麺 。(´~`) モグモグ [おかず]

P_20190512_103345.jpg

韓国のブルダック麺シリーズのチャジャンブルダック炒め麺 です。

これは以前に食べてものすごく辛かったけど、とても美味しかったブルダック炒め麺のフレーバー違いです。

ブルダック炒め麺にはこれ以外にも何種類かフレーバーがあるのですが、どれも自分でアレンジすれば似たようなものは作れそうだと思ったので、基本のブルダック以外は買ったことがなかったんです。

ただ、しばらくブルダックを食べていなかったのと、このチャジャンというフレーバーは聞いたことがなかったので、試してみようと思ったんです。(-ε-)



P_20190512_103547.jpg

袋の中には基本のブルダックと同じように、麺、ソース、かやくが入っていました。



P_20190512_103648.jpg

麺はいわゆる油揚げ麺だと思いますが、よく見るとこのようにぷく~っとふくれている部分があるんですよね。

日本の麺ではこのような状態になっているものは見たことがないのですが、微妙に製法が違うんでしょうか?(-ε-)



P_20190513_105928.jpg

今回も基本的にはパッケージの作り方通りに用意してみましたが、キャベツとガルバンゾーは自分で追加しました。

ただ、これも絶対に辛いと思っていたので、ソースは半分くらいの量しか加えていません。(゚∀゚)

見た目は日本の焼きそばに似ていますが、色が若干黒っぽいですよね。

ちょっと調べたところによると、チャジャンというのは黒味噌を使った甘辛い味付けが特徴のようです。



P_20190513_110125.jpg

前回ほどは辛くないらしいというのは知っていたものの、相当警戒しながら食べてみたのですが、今回は本当にそれほど辛くなかったんですよね。(-ε-)アレッ?

食べ進めていくうちに辛くなってくるかとも思ったのですが、結局最後までそれほど辛いとは感じず、食べ終わった頃にようやく口の中がヒリヒリしてくる程度でした。

味は前回と同じような甘辛い味ですが、日本のテリヤキ味などとは違って甘みはそれほど強くなく、少し黒っぽいコクのある風味がして、私好みの味がしました。

見た目は少しコッテリしているようにも見えますが、油っこさはあまりないし、化学調味料っぽいわざとらしい味もしないんですよね。

また、前回と同じく太めの麺のもっちりとした弾力がとてもいい感じで、これがコクのある濃い目のソースとすごく合っているんですよね~。(^。^)

前回のブルダックは辛過ぎてソースを減らしても無理なレベルでしたが、今回のは野菜さえ増量すれば、ソースを全部入れても何とかいけそうな気がしました。

とは言え、私は比較的辛さには強い方なので、普通の味覚の方にはこれでも十分辛いかもしれないので、食べるときは気を付けてくださいね。(-ε-)


        

スポンサーリンク


nice!(21) 
共通テーマ:グルメ・料理

漱石のと馬とカレー。(^。^) [おかず]

P_20190511_114659.jpg

アマゾンで買った漱石のと馬とカレーです。

レトルトカレーらしくない変わった色合いのパッケージが目を引きますが、これはトマトと馬肉を使ったカレーということで、中身もちょっと変わっていますよね。

でもこのカレーは着色料、化学調味料、保存料不使用ということで、何だかきちんと作られていそうな感じがしたので、試しに買ってみることにしたんです。

ちなみに、この記事を書いている時点でのアマゾンでの価格は977円ですが、私は270円の時に買ったんですよね。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

相変わらずアマゾンの価格設定はおかしいと思うのですが、タイミングが合えば今回のようにかなり安く買えることもあるので、少なくとも自分の納得のいく価格になるまでは買わない方がいいかもしれません。(-ε-)



P_20190511_121835.jpg

さて、今回は盛り付けというか、色合いがかなり奇抜ですが、これはパッケージのイメージと合わせて、ご飯の色を赤と黒にしようと思ったからなんです。

結果的には赤ではなくオレンジと黒になってしまいましたが、まあまあ思った通りに出来ました。(-ε-)



P_20190511_121757.jpg

ご飯には大根を混ぜ込んでありますが、こちらのオレンジのご飯にはターメリックも混ぜ込んであるんです。

ターメリックだけならもちろん黄色になるのですが、そこに毎度おなじみの重曹を加えて加熱するとあら不思議!黄色が赤く変色するんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

ただ、この変色はあまり安定性がないようで、別の食材と反応したり、時間が経つと色が戻ってきてしまうんですよね~。(-д-;)ウ~ン

今回も加熱直後だったら結構赤い色をしていたのですが、モタモタと写真を撮っているうちに、オレンジに変わってきてしまったんですよね。(゚∀゚;)



P_20190511_121735.jpg

こちらはかなりいい色に染まっていますが、これは何で色を付けたのかと言えば、ブルーベリーのサプリメントなんですよね~。ヽ(`д´;)ノ ナンデストッ!

ブルーベリーのサプリメントも溶かすともちろん濃い紫色をしているのですが、こちらも重曹を加えて加熱すると、このように真っ黒に変色してしまうんです。

よく見ると緑色がかっている部分もありますが、アントシアニン系の色は重曹で緑色に変色することがあるので、食材によってはこのように黒っぽくなったり、緑色がかったりするんですよね。



P_20190511_121715.jpg

ご飯が主役のような見た目になってしまいましたが、肝心のカレーはというと、まずはこの馬肉がたくさん入っていたんですよね~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

大きいものが5個くらいはあったでしょうか、牛スジならぬ馬スジという感じのコラーゲン質と赤身が混ざったようなお肉が、トロットロに煮込まれた状態で入っているんです。

赤身部分はまるで牛肉のような味がするのですが、牛肉よりもさらに渋いような、黒っぽいような味という感じで、かなり私好みの味がしました。(-ε-)

ただ、お肉と比べてルーはかなり甘く感じましたね~。

野菜や果物のピューレがふんだんに使われているようで、その甘みがすごく出ている感じで味は美味しいとは思うのですが、私はちょっと甘すぎるかなと思いました。

また、トマトも使われているということで、酸味は確かに感じるのですが、甘みの方が強いのであまりトマトカレーという感じはしないんですよね。(-ε-;)

ピリピリとした辛みもあるので、甘口カレーというわけではないかもしれませんが、馬肉をのぞけばルーはよくあるレトルトカレーの甘っ濃い味に近いと思います。

このルーにもう少し馬肉のいい意味での渋さが出ていると良かったんじゃないかと思いました。

とは言え、これは最近食べた日本のカレーの中ではなかなか美味しい方だったので、値段さえ妥当であれば、食べてみる価値はあると思いました。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(35) 
共通テーマ:グルメ・料理

海の幸 かにカレー。(-ε-) [おかず]

P_20190502_120823.jpg

アマゾンで買った海の幸 かにカレーです。

カニを使ったカレーと言えば、タイカレーではプーパッポンカレーというのがあり、私も何度か食べたことがありますが、日本のカレーでカニを使ったものは珍しいですよね。

カニということでパッケージにもちょっと高級感があり、美味しそうに見えたので、アマゾンでちょうどセールをしていたこともあり、試しに買ってみることにしたんです。(-ε-)



P_20190505_120732.jpg

今回のカレーは和風っぽい感じが漂っていたので、トッピングには三つ葉を飾ってみました。

いつものような奇抜な色合いにはせず、緑と白でまとめたらなかなかいい感じになりましたが、三つ葉がちょっと大きいですかね~。(゚∀゚;)



P_20190505_120906.jpg

ご飯には大豆たんぱく、大根、三つ葉を混ぜ込んでありますが、ご飯は日本のカレーに合う普通の日本のお米です。



P_20190505_120811.jpg

ルーは野菜やカニが溶け込んでいるような感じで、塊として認識できる具は入っていませんでした。

カニもどうやら細かいほぐし身になっているようで、パッケージのような存在感はありません。

食べてみると、確かにカニの風味はするものの、カニの風味は弱く、基本的にはよくあるレトルトカレーのような味がしました。

辛味も控えめで、これだと甘口~中辛くらいな感じでしょうか、特にクセもないので無難に食べられる感じです。

よく言えば上品なカニの風味がするとも取れるのですが、これだとちょっとカニカレーとしては物足りない気がしました。(-ε-;)

カレーとしては普通に美味しいと思いますが、値段がかなり高いので、もう少し何かあって欲しかったですね。

ちなみに、アマゾンでの現時点での価格(722円)は、このカレーの一般的な販売価格より高いと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(18) 
共通テーマ:グルメ・料理