So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


チャジャンブルダック炒め麺 。(´~`) モグモグ [おかず]

P_20190512_103345.jpg

韓国のブルダック麺シリーズのチャジャンブルダック炒め麺 です。

これは以前に食べてものすごく辛かったけど、とても美味しかったブルダック炒め麺のフレーバー違いです。

ブルダック炒め麺にはこれ以外にも何種類かフレーバーがあるのですが、どれも自分でアレンジすれば似たようなものは作れそうだと思ったので、基本のブルダック以外は買ったことがなかったんです。

ただ、しばらくブルダックを食べていなかったのと、このチャジャンというフレーバーは聞いたことがなかったので、試してみようと思ったんです。(-ε-)



P_20190512_103547.jpg

袋の中には基本のブルダックと同じように、麺、ソース、かやくが入っていました。



P_20190512_103648.jpg

麺はいわゆる油揚げ麺だと思いますが、よく見るとこのようにぷく~っとふくれている部分があるんですよね。

日本の麺ではこのような状態になっているものは見たことがないのですが、微妙に製法が違うんでしょうか?(-ε-)



P_20190513_105928.jpg

今回も基本的にはパッケージの作り方通りに用意してみましたが、キャベツとガルバンゾーは自分で追加しました。

ただ、これも絶対に辛いと思っていたので、ソースは半分くらいの量しか加えていません。(゚∀゚)

見た目は日本の焼きそばに似ていますが、色が若干黒っぽいですよね。

ちょっと調べたところによると、チャジャンというのは黒味噌を使った甘辛い味付けが特徴のようです。



P_20190513_110125.jpg

前回ほどは辛くないらしいというのは知っていたものの、相当警戒しながら食べてみたのですが、今回は本当にそれほど辛くなかったんですよね。(-ε-)アレッ?

食べ進めていくうちに辛くなってくるかとも思ったのですが、結局最後までそれほど辛いとは感じず、食べ終わった頃にようやく口の中がヒリヒリしてくる程度でした。

味は前回と同じような甘辛い味ですが、日本のテリヤキ味などとは違って甘みはそれほど強くなく、少し黒っぽいコクのある風味がして、私好みの味がしました。

見た目は少しコッテリしているようにも見えますが、油っこさはあまりないし、化学調味料っぽいわざとらしい味もしないんですよね。

また、前回と同じく太めの麺のもっちりとした弾力がとてもいい感じで、これがコクのある濃い目のソースとすごく合っているんですよね~。(^。^)

前回のブルダックは辛過ぎてソースを減らしても無理なレベルでしたが、今回のは野菜さえ増量すれば、ソースを全部入れても何とかいけそうな気がしました。

とは言え、私は比較的辛さには強い方なので、普通の味覚の方にはこれでも十分辛いかもしれないので、食べるときは気を付けてくださいね。(-ε-)


        

スポンサーリンク


nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

漱石のと馬とカレー。(^。^) [おかず]

P_20190511_114659.jpg

アマゾンで買った漱石のと馬とカレーです。

レトルトカレーらしくない変わった色合いのパッケージが目を引きますが、これはトマトと馬肉を使ったカレーということで、中身もちょっと変わっていますよね。

でもこのカレーは着色料、化学調味料、保存料不使用ということで、何だかきちんと作られていそうな感じがしたので、試しに買ってみることにしたんです。

ちなみに、この記事を書いている時点でのアマゾンでの価格は977円ですが、私は270円の時に買ったんですよね。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

相変わらずアマゾンの価格設定はおかしいと思うのですが、タイミングが合えば今回のようにかなり安く買えることもあるので、少なくとも自分の納得のいく価格になるまでは買わない方がいいかもしれません。(-ε-)



P_20190511_121835.jpg

さて、今回は盛り付けというか、色合いがかなり奇抜ですが、これはパッケージのイメージと合わせて、ご飯の色を赤と黒にしようと思ったからなんです。

結果的には赤ではなくオレンジと黒になってしまいましたが、まあまあ思った通りに出来ました。(-ε-)



P_20190511_121757.jpg

ご飯には大根を混ぜ込んでありますが、こちらのオレンジのご飯にはターメリックも混ぜ込んであるんです。

ターメリックだけならもちろん黄色になるのですが、そこに毎度おなじみの重曹を加えて加熱するとあら不思議!黄色が赤く変色するんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

ただ、この変色はあまり安定性がないようで、別の食材と反応したり、時間が経つと色が戻ってきてしまうんですよね~。(-д-;)ウ~ン

今回も加熱直後だったら結構赤い色をしていたのですが、モタモタと写真を撮っているうちに、オレンジに変わってきてしまったんですよね。(゚∀゚;)



P_20190511_121735.jpg

こちらはかなりいい色に染まっていますが、これは何で色を付けたのかと言えば、ブルーベリーのサプリメントなんですよね~。ヽ(`д´;)ノ ナンデストッ!

ブルーベリーのサプリメントも溶かすともちろん濃い紫色をしているのですが、こちらも重曹を加えて加熱すると、このように真っ黒に変色してしまうんです。

よく見ると緑色がかっている部分もありますが、アントシアニン系の色は重曹で緑色に変色することがあるので、食材によってはこのように黒っぽくなったり、緑色がかったりするんですよね。



P_20190511_121715.jpg

ご飯が主役のような見た目になってしまいましたが、肝心のカレーはというと、まずはこの馬肉がたくさん入っていたんですよね~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

大きいものが5個くらいはあったでしょうか、牛スジならぬ馬スジという感じのコラーゲン質と赤身が混ざったようなお肉が、トロットロに煮込まれた状態で入っているんです。

赤身部分はまるで牛肉のような味がするのですが、牛肉よりもさらに渋いような、黒っぽいような味という感じで、かなり私好みの味がしました。(-ε-)

ただ、お肉と比べてルーはかなり甘く感じましたね~。

野菜や果物のピューレがふんだんに使われているようで、その甘みがすごく出ている感じで味は美味しいとは思うのですが、私はちょっと甘すぎるかなと思いました。

また、トマトも使われているということで、酸味は確かに感じるのですが、甘みの方が強いのであまりトマトカレーという感じはしないんですよね。(-ε-;)

ピリピリとした辛みもあるので、甘口カレーというわけではないかもしれませんが、馬肉をのぞけばルーはよくあるレトルトカレーの甘っ濃い味に近いと思います。

このルーにもう少し馬肉のいい意味での渋さが出ていると良かったんじゃないかと思いました。

とは言え、これは最近食べた日本のカレーの中ではなかなか美味しい方だったので、値段さえ妥当であれば、食べてみる価値はあると思いました。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(34) 
共通テーマ:グルメ・料理

海の幸 かにカレー。(-ε-) [おかず]

P_20190502_120823.jpg

アマゾンで買った海の幸 かにカレーです。

カニを使ったカレーと言えば、タイカレーではプーパッポンカレーというのがあり、私も何度か食べたことがありますが、日本のカレーでカニを使ったものは珍しいですよね。

カニということでパッケージにもちょっと高級感があり、美味しそうに見えたので、アマゾンでちょうどセールをしていたこともあり、試しに買ってみることにしたんです。(-ε-)



P_20190505_120732.jpg

今回のカレーは和風っぽい感じが漂っていたので、トッピングには三つ葉を飾ってみました。

いつものような奇抜な色合いにはせず、緑と白でまとめたらなかなかいい感じになりましたが、三つ葉がちょっと大きいですかね~。(゚∀゚;)



P_20190505_120906.jpg

ご飯には大豆たんぱく、大根、三つ葉を混ぜ込んでありますが、ご飯は日本のカレーに合う普通の日本のお米です。



P_20190505_120811.jpg

ルーは野菜やカニが溶け込んでいるような感じで、塊として認識できる具は入っていませんでした。

カニもどうやら細かいほぐし身になっているようで、パッケージのような存在感はありません。

食べてみると、確かにカニの風味はするものの、カニの風味は弱く、基本的にはよくあるレトルトカレーのような味がしました。

辛味も控えめで、これだと甘口~中辛くらいな感じでしょうか、特にクセもないので無難に食べられる感じです。

よく言えば上品なカニの風味がするとも取れるのですが、これだとちょっとカニカレーとしては物足りない気がしました。(-ε-;)

カレーとしては普通に美味しいと思いますが、値段がかなり高いので、もう少し何かあって欲しかったですね。

ちなみに、アマゾンでの現時点での価格(722円)は、このカレーの一般的な販売価格より高いと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

ゴーヤーカレー。(-ε-) [おかず]

P_20190410_114811.jpg

アマゾンで買ったゴーヤーカレーです。

アマゾンはレトルトカレーのセールをしていることが多く、最安値辺りになれば結構安く買えるので、私は時々チェックしては気になるものを買っているんです。(-ε-)

このゴーヤーカレーも見た目からして以前から気になっていたのですが、私が見つけた時は183円になっていたので、(現時点での価格は570円です。)ちょうど他にも買うものがあったこともあり、一緒に買ってみたんです。



P_20190414_121441.jpg

いつものように盛り付けてみましたが、今回は比較的穏やかな見た目です。(-ε-)

ご飯に少し薄紫色が付いているのと、ガルバンゾーが混ぜ込んである以外は、まあ普通な見た目じゃないかと思います。



P_20190414_121521.jpg

ゴーヤーカレーということで、確かにゴーヤは入っていましたが、原形をとどめていたものはこの写真に見えているものくらいで、あとは小さなかけらなどが少し入っている程度でした。

ゴーヤ以外には角切りのジャガイモが結構たくさん入っていて、ルーはドロッとしたよくあるレトルトカレーのような質感でした。

早速食べてみると、基本的にはやはりやや甘くてとろみの強い日本のレトルトカレーのような感じなのですが、その中にそこはかとないゴーヤの苦味も確かに感じられるんですよね。

フルーティーな味もするのですが、辛味はそこそこあり、市販の中辛寄りの甘口くらいという感じがしました。

パッケージがファンシーな感じだったので、正直味はあまり期待していなかったのですが、これはゴーヤの食べにくさを消しつつ、それでいて適度にゴーヤの風味を味わえる、絶妙に整えられた味に仕上げてあると思いました。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

ただ、個人的にはゴーヤの苦味はこれでは全然足りませんね~。(゚∀゚)

私はゴーヤは苦くてナンボ!と思っているので、もう少し明らかにゴーヤの苦味が効いているものが食べたかったですね。(-ε-)



P_20190414_121551.jpg

ところで今回のご飯ですが、アップにするとちょっと怪しい質感をしているのがわかるでしょうか。

何だかヌメ~っとしていますが、これはご飯にヨーグルトを混ぜているからなんですよね。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

このカレーは甘みも私には少し強く感じられたので、酸味のあるヨーグルトで中和しようと思ったんですよね。

最近インドカレーの付け合わせに、野菜のヨーグルト和えのようなものを添えるのがマイブームなので、このカレーでもやってみたんです。

そうすると、確かに甘みは中和されたし、マイルドな風味にもなるのですが、どうも日本のカレーやご飯にヨーグルトを混ぜ込むのは少し無理があるというか、違和感がある気がしますね~。(-д-;)ウ~ン

インドカレーなどは風味やクセの強いものも多いですから、ヨーグルトのクセなどはほとんど気にならなくなるし、バスマティライスなどのパラパラのご飯にはヨーグルトのとろみもまあ合うんですよね。

ところが、日本のカレーにはほとんどクセはないので、ヨーグルトの風味が明らかにわかるし、やわらかい日本のご飯だと、質感がペチョッとしてしまって、ちょっと気持ち悪い感じもしてしまうんですよね~。(゚∀゚;)

同じカレーとは言っても、やはりインドカレーと日本のカレーは別物ですからね~、食べ方も同じように考えてはダメですね。(-ε-)


        

スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヤマモリ パネーンカレー。(^。^) ウマ~イ♪ [おかず]

P_20190403_121527.jpg

ヤマモリのパネーンカレーです。

ヤマモリの定番のタイカレーは昔からよく見かけますが、最近はタイカレーブームなどもあり、色んな種類が増えているんですよね。

このパネーンカレーも以前に別のメーカーのものは食べたことがありますが、信頼のヤマモリのを食べないわけにはいきませんからね、少し前に楽天で買っておいたんですよね。

ちなみに、楽天市場の楽天24というお店で買えば、2,500円以上(税抜)で送料無料になるので、他に買うものがあればお得なんですよね。(-ε-)



P_20190407_112442.jpg

早速盛り付けてみましたが、今回はやたらと派手ですね。(゚∀゚;)



P_20190407_112648.jpg

カレー自体がかなり赤っぽかったのに、この添えたおから団子ににんじんを混ぜ込んだので、オレンジ色がかぶってしまいました。

また、今回のおから団子は水分加減を間違えてしまったので、少し爆発気味になりました。(゚∀゚)



P_20190407_112612.jpg

ご飯も今回は黒米のターメリックライスな上に、そこに混ぜ込んだキャベツが大外の葉だったこともあり、予想以上に色が鮮やかに出たんですよね~。(緑を濃くするなどの画像加工はしていませんよ。)

混ぜ込んである豆は今回も大豆ではなくガルバンゾー(ひよこ豆)です。

大豆がしっとりとしているのに対して、こちらはとてもほっくりとした食感なので、タイカレーなどの油っこいカレーにはむしろこちらの方が合うと思います。

ちなみに、うちではガルバンゾーのことをがんばるぞ~!と呼んでいます。(-ε-)



P_20190407_112542.jpg

肝心のカレーですが、まず色がこのように赤いので、すごく辛そうに思えるかもしれませんが、実際はココナッツの甘みが効いているので、一般的なカレーの中辛くらいの辛さでしょうか。

また、これもココナッツがたっぷり入っているせいだと思いますが、ものすごく濃厚でまろやかな味がするんですよ~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

当然ココナッツの風味も強いので、甘辛くてスパイシーで独特の風味のする、まさにタイカレーという感じの本格的な味なんですよね。

そこそこ入ってた鶏肉もしっとりとしているし、旨みとしてもすごく効いているので、全体的にこのカレーは私はすごく美味しいと思いました。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

カロリーは100gあたりだと265kcalもあり、これは日本のカレーではまずないカロリーなので、個人的にはかなり油っこかったとは思ったのですが、それでも味は美味しいと思ったんですよね~。

ちなみに、表面に浮いている緑の葉はコブミカンの葉で、これは何度か食べたことはあるのですが、そのそばに丸っこいグリーンピースのようなものがあるのがわかるでしょうか?

私も最初はグリーンピースだと思って食べたのですが、噛んだらジャリっとした食感がする上に、なんだかほろ苦いような味がするんですよね。

一体これは何なのかと思ってパッケージを確認してみると、どうやらこれはマクワポァン(スズメナス)というタイの食材らしく、辛くない唐辛子か、ちっちゃくて丸いピーマンのような感じなんですよね。(゚Д゚ ) ヘェ~

コブミカンもスズメナスも食感がちょっと独特なので、このパネーンカレーは全体的にかなり個性的なカレーな気がしますが、私のようなちょっと変わったものが好きな人などにはおススメですよ。(-ε-)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タイカレー パネーン(160g)
価格:312円(税込、送料別) (2019/5/6時点)



スポンサーリンク


nice!(18) 
共通テーマ:グルメ・料理

エチオピア ビーフカリー。(´~`) ウマウマ [おかず]

P_20190323_114351.jpg

MCCのエチオピア ビーフカリーです。

私はMCCの業務用カレーは色々食べたことがあるのですが、MCCには家庭用の商品というのもあり、その中でも名店シリーズという有名店のカレーを商品化したシリーズがあるんですよね。

そう言えば、以前に食べたカーマ キーマカレーもこのシリーズでした。

今回のカレーはエチオピア ビーフカレーというタイトルですが、これはエチオピアのカレーというわけではないんです。

私も最初は勘違いしてしまったのですが、エチオピアというのはお店の名前なので、これはエチオピアのカレーでもなければ、私の好きなインドカレーでもないんです。(゚∀゚;)



P_20190327_122911.jpg

早速用意してみましたが、今回も前回と同じく、ハート型にかわいらしく盛り付けてみましたよ。

前回はかわいいというよりは怪しい見た目になっていましたが、今回は色合いを普通にしましたからね、たぬぽカレープリティースタイルという感じで、まあまあ女子力の高いカレーに仕上がったんじゃないかと思います。(-ε-)

今回はご飯のアップを取り忘れてしまったのですが、混ぜ込んであるのはキャベツとにんじん、それに水切りした木綿豆腐です。

時々私は豆腐をご飯に混ぜることがありますが、それはご飯をかさ増しするためと、辛いカレーにはマイルドな豆腐が結構合うからなんですよね。



P_20190323_121622.jpg

カレーにはこのように結構大きめの牛肉が3切れ入っていて、ややコラーゲン質の部分が多い気はしましたが、その分トロットロの質感なんですよね~。(^。^)
(※この写真は別の日に撮った写真ですが、間違いなくエチオピア ビーフカリーです。)

ビーフカレーらしいやや黒っぽい色をしていますが、食べてみると確かにビーフの旨みが効いていて、チキンやポークカレーとはひと味違うビーフ独特の味がしました。

ただ、これは結構辛くてスパイシーなのと、ルーが野菜のとろみだけという感じの比較的サラッとした質感なので、欧風ビーフカレーというよりは、私はインドカレーに近いようにも感じました。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

レトルトカレーによくあるドロッとしたとろみや、化学調味料の不自然な旨みなどもなく、私が今まで食べたことのある欧風ビーフカレーとは違いますが、これはかなり美味しいと思いました。(^o^)

ということですが、最近のレトルトカレーって本格的で美味しいものが本当に増えていますよね~。

実は今の時点で食べたけどまだ記事にしていないカレーが3つ、食べていない買い置きのカレーが7つもありますからね~、なかなか食べきれないのが悩みなんですよね。(゚∀゚;)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エチオピア ビーフカリー(200g)
価格:342円(税込、送料別) (2019/4/28時点)



スポンサーリンク


nice!(26) 
共通テーマ:グルメ・料理

噂の名店 南インド風チキンカレー。(´~`) モグモグ [おかず]

P_20190310_110941.jpg

S&Bの噂の名店シリーズ 南インド風チキンカレーです。

これは東京の八重洲にあるエリックサウスというインドカレー専門店のカレーを再現したレトルトカレーです。

先日、ハウスの選ばれし人気店シリーズの 魯珈 芳醇チキンカレーを食べましたが、そこの店主の斎藤絵里さんや以前に紹介した一条もんこさんも、このエリックサウスというお店で働いていたことがあるらしいんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

このお二人が働いていたお店なんて、すごいお店に決まってますからね~、これは食べてみなければと、実はハウスのカレーと一緒に買ってあったんですよね。(-ε-)



P_20190310_120616.jpg

このカレーを食べる直前に、もんこさんがかわいらしいハート型に盛り付けたカレーの写真を載せていたので、私もハート型にしてみようと思ったのですが、私がやるとやはり普通にかわいくはなりませんね。(-ε-)

小悪魔風を目指すつもりが、大悪魔風というか、なんだか食べるな危険!みたいな盛り付けになりました。(゚∀゚)



P_20190310_120803.jpg

ご飯はターメリックライスで、そこに大根と大豆たんぱくを混ぜ込んであるのですが、明らかに色がおかしいですよね。

この怪しい黒い色が何なのかと言えば、これは実はブルーベリーサプリメントの色なんです。

ブルーベリーなので本来ならば濃い紫色をしているのですが、それを大豆たんぱくと合わせると、黒っぽく変色するんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

アントシアニン系の色は大豆食品と合わせると黒っぽく変色することが多いのですが、今回も見事に黒くなりましたね~。

過去に思いがけず変色してしまったことも何度かあるのですが、今回はあえてこの黒と黄色の奇抜な色合いにしてみました。(-ε-)



P_20190310_120746.jpg

肝心のカレーですが、前回と同じくこちらもチキンカレーなのですが、見た目の印象はかなり違いました。

ご覧の通り、こちらの方がかなり油っこそうな、ある意味インドカレーらしい見た目だったんですよね。

鶏肉もこちらは結構大きめのお肉がそこそこ入っていたので、お肉の満足感はこちらの方が高いと思います。

早速食べてみると、今回もいかにもインドカレーらしいスパイスの独特な風味がしたんですよね。

ちょっと臭いようなこの風味はクミンかなと思ったのですが、もちろんそれだけではない複雑なスパイスの風味がして、一般的なレトルトカレーとは全然違う味がするんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

とは言え、苦味や渋味が目立った魯珈のカレーほどは変わった風味ではなく、油っこさは感じたものの、少しだけ市販のレトルトカレーっぽい甘っ濃い味もするので、味は比較的食べやすいと思いました。

ということで、前回も今回もレトルトとは思えないほどの本格的な味がして美味しかったのですが、どちらかと言えば、個人的には攻めてる感じがする魯珈のカレーの方が私は好きですね。(-ε-)

ただ、どちらにしろ今は市販のレトルトカレーでもこんなに美味しいカレーがあるということに、ちょっと感動しますよね~。

昭和の時代ではこんなに美味しいレトルトカレーや、本格的なインドカレーなんてあり得なかったと思うのですが、令和の時代を間近にしてレトルトカレーも日々進化しているということでしょうか。

令和の時代になったら、もっと美味しいレトルトカレーが食べられるかもしれないですからね、ハウスとS&Bのこのカレーシリーズには今後も期待したいですね。(-ε-)


        

スポンサーリンク


nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

選ばれし人気店 魯珈 芳醇チキンカレー。ヽ(`д´;)ノ オオッ! [おかず]

P_20190304_105132.jpg

ハウスの選ばれし人気店シリーズ 魯珈(ろか)の芳醇チキンカレーです。

ハウスのこのシリーズのレトルトカレーは、ちまたで人気のお店の味を再現したカレーということで、私も以前から気になってはいたんです。

ただ、以前に食べたことのある別のメーカーの同じようなコンセプトで販売されているカレーは、どこかレトルトカレーっぽい味で、あまりお店の味が再現されているとは思えなかったので、ハウスのこのシリーズも今まで買ったことがなかったんです。

それがどうして今回買おうと思ったのかと言えば、この魯珈(ろか)というお店の店主さんは、以前に紹介した一条もんこさんのツイッターによく登場している方で、もんこさんと同じく女性の方なんですよね。

もんこさんが相方、ダーリンなどと呼んで、とても親しくしている感じの女性なのですが、写真で見る限りではどう見ても20代後半に見えたんです。

こんなに若くして超人気カレー店の店主なんてすごいと思っていたら、この方ももんこさんと同じくとても若く見えますが、実際は35歳なんだそうです。(´д`ノ)ノェェエ

やはり意欲を持ってバリバリ仕事をしている女性は若く見えるんでしょうか、憧れるのと同時に、どんなカレーを作っているのかとても気になったので、今回は市販のレトルトカレーではありますが、是非とも食べてみたいと思ったんです。



P_20190307_112438.jpg

さて、今回も相変わらず不思議な見た目になりました。(-ε-)

若くてステキな女性店主さんのカレーということで、かわいいイメージに盛り付けようと思ったのですが、ちょっと色が微妙ですよね。



P_20190307_112530.jpg

今回のご飯には以前に使った青い色素で色を付けているのですが、最初の写真だと白っぽく飛んでしまって、あまり色がわかりませんよね~。(-ε-;)

実際はこの写真よりもさらにもう少しだけ青色が濃いのですが、どちらにしろ青いご飯ではやはり多少不気味でしょうか。(゚∀゚)



P_20190304_113616.jpg

肝心のカレーですが、これはチキンカレーということでしたが、最初の印象ではお肉の量が少ないな~と思ったんですよね。

小さめのお肉のかけらがいくつか入っているだけという感じだったので、これでは物足りないんじゃないかと思ったんです。

それでも食べてみると、これはいきなりちょっと驚いたというか、今まで市販のレトルトカレーでは食べたことがないような味がしたんですよね。

何かしらのスパイスがかなり効いている感じの独特な味で、やや苦味があるようにすら感じる渋~い味がするんですよね~。

商品説明にはシナモンやクローブが使われているとあったのですが、マスタードの粒なども目立っているのと、炒めた玉ねぎの風味もあるんでしょうか、とにかく一般的なカレーとは全然違う風味なんです。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

市販のレトルトカレーっぽい、甘くてねっとりした感じも多少あるとは思ったのですが、基本的にはお店の味が再現された本格的な味なのではないかと思いました。

鶏肉も形としてはあまり残っていないのですが、旨みとしては十分効いているし、何よりもこの独特のスパイスの風味がかなり攻めてる感じがして、私はすごく好きですね~。(-ε-)

ただ、これだと万人受けする味とはとても思えないので、市販のカレーでよくここまで個性的なカレーを出したなと、ハウスのチャレンジ精神(?)に感心したのですが、このシリーズのカレーはみなこのような本格的な味がするんでしょうか?

そうだとしたら、このシリーズの他のカレーも食べてみたくなってきたし、今回食べた魯珈のカレーも、出来たらお店に行って食べてみたいと思いました。(^。^)


        

スポンサーリンク


nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

デリー ベンガルカレー。(´~`) ウマウマ [おかず]

P_20190219_105925.jpg

デリーのベンガルカレーです。

以前に食べたデリーのカシミールカレーコルマカレーがすごく美味しかったので、デリーのこのシリーズは全部食べてみたくなり、今回はこのベンガルカレーというのを買ってみたんです。(-ε-)



P_20190219_110053.jpg

箱の中には2つに折りたたまれたカレーの袋が入っているので、取り出すとこのように箱よりも大きな袋が出てくるんですよね。

容量は350gもあり、これは2人分のカレーソースということなのですが、具は全く入っていないんです。

このカレーソースにお好みの具材を加えてアレンジするといいということで、写真の右下の黒いミニ冊子にはレシピなどが書かれていました。



P_20190223_122838.jpg

ということで用意してみましたが、今回もカレーには何の具材も加えず、アレンジもしていません。(-ε-)

やはりこのカレーそのままの味を味わってみたいと思ったのと、朝から生のお肉や魚を用意するのは面倒だからです。(゚∀゚)



P_20190223_122927.jpg

ただ、実は今回はご飯の方にちょっと手を加えています。

いつものようにキャベツと大豆たんぱくを混ぜ込んであるのは同じなのですが、今回のご飯はチャーハンになっているんです。

いつもはレンジで加熱しただけのノンオイルの野菜などを混ぜ込んでいるのですが、今回のカレーソースは油脂の割合がとても少ないので、合わせるご飯には少し油脂を加えた方がいいんじゃないかと思ったからです。



P_20190223_122943.jpg

カレーには形として残っている野菜は入っていませんが、煮込まれた野菜が溶け込んでいる感じの、少しだけドロッとした質感をしていました。

今回はやや赤っぽい色をしていたのですが、これはトマトベースで作られているからのようです。

早速食べてみたのですが、相変わらずこのシリーズはルーだけとは思えないような複雑で奥深い味がするんですよね~。ヽ(`д´;)ノ

かなり油脂が少なく、お肉などの具材も入っていないのに、どうしてこのような味が出るのか不思議なくらいに美味しいんです。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

今回はトマトベースということで、確かに少し酸味が強めのややさっぱりとした味ではあるのですが、それでも深みとコクは感じられて、これはやはり他のカレーとはちょっと違うなと思いました。

辛さは星1つということで、今まで食べたものと比べると辛くないとは思いましたが、少なくとも日本のカレーの辛口くらいには辛いと思います。

また、カレーが比較的あっさりしている分、チャーハンにしたご飯と合わせるとより美味しかった(ただの白いご飯と比較しました。)ですよ。(-ε-)

夜ご飯などに食べるなら、鶏肉のソテーなどを合わせたら、きっとすごく美味しいカレーが出来るのではないかと思いました。(^。^)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デリー ベンガルカレ− 350g
価格:597円(税込、送料別) (2019/3/30時点)



スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

無印良品 ジンジャーパネン。(´~`;) アマウマ [おかず]

P_20190213_114556.jpg

無印良品のジンジャーパネンカレーです。

私は無印良品の店舗に行くことはほとんどないのですが、ネットでも私がよく買い物をするロハコアマゾンで無印のカレーは売っていますからね、セールなどを狙って買っているんですよね。

今回はアマゾンのセールで買いましたが、今現在のアマゾンの価格だとやたらと高かったので、ネットで買うならロハコで買った方がいいですね。(-ε-)



P_20190215_114511.jpg

早速用意してみましたが、今回のカレーは実は食べるのはもう2回目なので、1回目の味を踏まえて、ちょっとアレンジしてみたんですよね。



P_20190215_114616.jpg

この写真だと、カレーにひき肉かひきわり納豆のようなものが入っているように見えると思うのですが、これは私が加えた大豆たんぱくなので、本来のこのカレーには入っていません。

このカレーには豚肉が使われているのですが、バラ肉だと思われるかなり脂の多いお肉で、しかもかなり薄切りのお肉だったので、パッケージ写真にあるようなお肉の存在感があまりなかったんですよね。(-ε-;)

また、ココナッツミルクもふんだんに使われているからか、ルーはかなり油リッチな感じだったので、それならばと、いつもはご飯に混ぜ込む大豆たんぱく(脱脂タイプ)を今回はカレーに直接加えてみたんです。



P_20190215_114711.jpg

ご飯の方も今回はちょっといつもとは違うものを混ぜ込んであります。

バスマティライスに豆と野菜を混ぜ込んであるのはいつもと同じなのですが、そこにさらにヨーグルトを加えてあるんですよね。

ご飯にヨーグルトなんて日本の料理ではまずやらないと思いますが、今回のカレーにはこれはかなり合っていると思いました。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

というのは、このカレーはすご~く甘かったんですよね~。(-ε-;)

タイカレーにはこういう甘っ濃い味のものも多く、甘いからといって口に合わないとか美味しくないわけではないのですが、油リッチなこともあり、これ単品だとちょっとお口がクドくなってしまうんですよね。ヽ(´д`;)ノ

そこで、カレーに大豆たんぱくを加えることで油っこさを抑え、ご飯にヨーグルトを加えることで、酸味で甘みを中和しようと思ったんです。



P_20190215_114616.jpg

カレーにはたっぷりのジンジャーやタイカレー独特の調味料などが入っているので、かなり個性的な味がすると思いました。

かなり甘いこともあり、辛みはあまり感じませんでしたが、この独特の味だと好みは分かれそうですね。

それでも、私はこれはこれで全然嫌いではないし、甘いけどとても美味しかったので、無印のカレーはまた機会があれば(セールを狙って?)買ってみたいと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理