So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポンサーリンク


手作り アレンジ ブログトップ
前の10件 | -

スライス生チョコレートでマシュマロサンドクラッカーを作ったよ。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20180708_145702.jpg
【「スライス生チョコレートでつくる!かんたん朝食&おやつ」モニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた ブルボン スライス生チョコレート を使って、マシュマロサンドクラッカーを作ってみました。

最近カレーの記事ばかり書いているので、たぬぽオッサン疑惑が出ても困りますからね~、たまにはかわいらしいものを作ってみようと思ったんですよね。(゚∀゚)

今回のテーマは「かんたん朝食&おやつ」ということですが、この便利そうなスライス生チョコレートを使えば、時間に余裕がなくてもお手軽に手作りのおやつが作れそうですよね。

そこで、型抜きの手間だけはかかりますが、比較的簡単に作れて、そこそこ見栄えもするものを考えてみました。

ということで、早速レシピです。(-ε-)


<材料>3人分 約390kcal
スライス生チョコレート(プレーン、ホワイト、いちごミルク)・・・各1枚ずつ
マシュマロ・・・3個(12g)
クラッカー(直径5㎝)・・・12枚


<作り方>
① クラッカー6枚をクッキングシートに円形に並べ、半分に切ったマシュマロを乗せて、500Wのレンジで15秒くらい加熱します。(マシュマロがボワ~っとふくれてくるまで。)
② 残りのクラッカー6枚をマシュマロの上に乗せてサンドし、型抜きしたスライス生チョコレートを飾ります。
③ お皿に盛り付けて、お皿にも型抜きしたスライス生チョコレートを飾ったら完成です。


今回は作り方は本当に簡単ですが、いくつか注意点があるので挙げておきますね。

まずは、マシュマロは少なめにして、レンジで加熱する時も加熱しすぎないようにしてください。

マシュマロはレンジで加熱するとすごくふくらむので、大きいものを丸ごと1個使ってしまうと、クラッカーからはみ出して、片付けが悲惨なことになります。(゚∀゚;)

クッキングシートを敷いているのは、万一はみ出した時の対策でもありますが、それでも厄介なことになるのは間違いないので、加熱時間はあくまで目安として、レンジの中をうかがって様子を見て加減してください。

今回使ったマシュマロは比較的大きめ(2~3㎝。)だったので半分にしましたが、もっと小さいものもありますからね、重さを参考にした方がいいかもしれません。

また、クラッカーとマシュマロをレンジで加熱してから取り出すときに、クッキングシートからすべって落ちやすいので気を付けてください。

転落したマシュマロが床に貼り付きなどした日には、楽しいおやつが台無しになるので、(゚∀゚;) いっそのことレンジの中でサンドしてから取り出した方がいいかもしれません。

あと、これは作り立てでも食べられますが、マシュマロがやわらかすぎてビヨ~ンと伸びて食べにくいので、いったん冷蔵庫で冷やしてから食べるのがおススメです。

マシュマロには水分がほとんどないのか、冷蔵庫で時間を置いても、クラッカーが湿気てしまうことはないんですよね。

私はある意味、クラッカーが湿気た方が美味しいだろうと思い、次の日まで寝かせてみたのですが、それでも湿気てなかったんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?



P_20180708_145719.jpg

上からの写真だと見えませんが、ちゃんとマシュマロがサンドされています。

今は真夏でかなり室温が高いので、作業中にもスライス生チョコレートが少しダレてきてしまいましたが、常温であればまるでスライスチーズのようなので、とても扱いやすいと思います。

盛り付けた後も、このように温度差でチョコレートが汗をかいたようになっていますが、溶けてドロドロになってしまうということはありませんでした。



P_20180708_161532.jpg

断面にマシュマロが入っているのがちょっとわかりずらいでしょうか?

本当はもう少し分厚くなるようにしたかったのですが、マシュマロがあふれると悲惨なことになるので、ちょっと控えめにしたんですよね。(゚∀゚;)

ただ、スライス生チョコレートはそれほど甘くないのですが、マシュマロはとても甘いので、このくらいの分量の方が味的にはちょうどいいと思います。

クラッカーも甘みは気持ちある程度で、塩気が効いたものの方が合うと思います。ビスケットなどでも代用は出来ますが、すごく甘くなってしまうと思うので、お子様や甘ちゃんの方向けになると思います。(-ε-)

ということで、このスライス生チョコレートを使えば、簡単にちょっとかわいいお菓子が出来たので、これは夏休みなどにお子様と一緒に作ってもいいかもしれませんね。(^。^)




スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

濃厚好きのごちそう パルミジャーノ&チェダーのWチーズカレーで焼きカレードリアを作ったよ。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20180610_112457.jpg

S&Bの濃厚好きのごちそう パルミジャーノ&チェダーのWチーズカレーです。

もはやブログのタイトルを今日もカレーを食べるよ!に変えた方がいいんじゃないかと思ってきましたが、(゚∀゚) 今日は一応アレンジしているので、カレーではなくドリアなんです。(-ε-)



P_20180610_121150.jpg

アレンジをする前に普通にそのまま食べたのですが、このカレーはちょっと思っていた感じとは違っていたんですよね。

Wチーズということで、このカレーにはパルミジャーノがルーに溶け込んでいるようで、もう一つのチェダーチーズが具として入っているんです。

パッケージ写真のようにチーズは後乗せか何かで、温めるととろける仕様になっているのかと思っていたのですが、チェダーチーズは水分が抜けたチーズという感じなので、温めてもとろけることはなく、グニッとした歯ごたえのあるちょっと変わった質感だったんですよね。

上の写真に何かムニムニとした怪しい塊が入っていますが、これがチェダーチーズなんです。(-ε-)

それでも、ルーは確かにチーズが溶け込んでいるだけあって濃厚で、グニッとしたチェダーチーズもそれはそれで悪くはないんです。

ただ、ルーにはフランス産発酵バターも入っているということだったのですが、カレーの強い風味にかき消されて全く気付かず、味も美味しいことには美味しかったのですが、よくあるレトルトカレーの味という感じだったんですよね~。(-ε-;)



P_20180616_120209.jpg

そこで、これはそのまま食べるよりは、私好みにアレンジした方が美味しいかなと思ったので、今回は焼きカレードリアのような感じにしてみたんです。(-ε-)



P_20180616_120247.jpg

アレンジとは言っても、カレーの方にはオールスパイスとメース、コショウを少々加えただけなんですよね。

これをドリアのご飯の上にのせて魚焼きグリルで7~8分焼いたのですが、カレーが濃縮して風味も豊かになり、元のカレーよりもステキな味になって、とっても美味しくなったんですよね~。(*´∀`*)

スパイスは少し加えるだけでガラッと風味が変わりますからね~、今回のような普通のカレーのアレンジにはすごく効果を発揮してくれるんですよね。(-ε-)



P_20180616_120514.jpg

ご飯の方もなんちゃってドリアなので、作り方はとても簡単で、千切りにしたキャベツをレンジに1分ほどかけ、そこに戻した大豆たんぱく、ご飯、豆乳を入れてさらに1分ほど加熱しただけなんです。

それをさらに魚焼きグリルで焼くことで全体がよくなじみ、これだけでも結構美味しいドリアっぽいものが出来るんですよね。

味付けは微妙に塩、コショウをしたくらいですが、上のカレーがとても濃厚で味も濃いので、十分美味しく食べられるんですよね。(^。^)

ということで、このアレンジは思っていた以上に美味しかったので、また別のカレーでもやってみたいと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(19) 
共通テーマ:グルメ・料理

ブルダック炒め麺アレンジ チーズタッカルビ風?焼き飯。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20180219_114423.jpg

またブルダック炒め麺をアレンジしてみました。

と言っても、今回は麺は使っていないので、ブルダック炒め麺の面影はほとんどありませんが、あの激辛だけど甘みも強いソースで何か韓国料理っぽいものが作れるのではないかと思ったんですよね。

私は本格的な韓国料理は食べたことも作ったこともないのですが、少し前にネットなどでチーズタッカルビという料理を見かけ、とても美味しそうだったので、それらしいものを作ってみたくなったんです。

チーズタッカルビというのは、鶏肉と野菜をコチジャンなどで甘辛い味付けにして炒め(煮込み?)、チーズをのせた料理のようで、そこに韓国のお餅(トック)を加えることもあるようです。

そこで、私が時々食べている焼き飯を、甘辛いブルダックのソースを使って、チーズタッカルビ風にアレンジしてみることにしたんです。(-ε-)



P_20180219_114510.jpg

私の作る焼き飯はチャーハンと同じで、材料を全部混ぜ合わせて魚焼きグリルで焼くだけという、チャーハン以上に手抜き簡単な作り方なんですよね。(-ε-)

お餅とチーズだけは最後にトッピングしていますが、基本的には材料を全部混ぜて焼くだけです。

ご飯は今回は雑穀米を使い、大根の茎と本体の部分をみじん切りにしたもの、大豆たんぱく、ブルダックソースをよく混ぜ合わせ、5㎜角ぐらいに切ったお餅とチーズを表面にちらして、耐熱容器に入れて魚焼きグリルで7~8分くらい、少し焦げ目がつくまで焼くだけです。

分量も一応書いておくと、ご飯(100g)、大根(60g)、大豆たんぱく(8g)、ブルダックソース(8g)、お餅(20g)、チーズ(15g)、塩少々です。

こんなテキト~な作り方ではそれなりの味じゃないかと思いつつ食べてみたのですが、これが意外と美味しかったんですよね~。(^。^)

そもそもブルダックソースは激辛だけどとても美味しかったですからね、味付けはこれだけで間違いないんですよね。

そこにチーズとお餅の旨み、それに焦げた香ばしい風味も加わるので、こんなに簡単でも結構美味しく出来ちゃったんですよね~。(-ε-)

写真だとチーズが少ないように思うかもしれませんが、お餅と組み合わせることで、それほどチーズは入れなくても十分美味しくなるので、この組み合わせは必須かもしれません。

ということで、今回のアレンジは珍しくとても美味しく出来たのですが、ブルダックソースを控えめにしたにも関わらず、やっぱりすごく辛かったんですよね~。(>_<)

最初に食べた時のように食べられないほど辛いということはなかったのですが、食べられるギリギリの辛さくらいだったので、やはりブルダックは相当辛いのを覚悟してチャレンジした方がいいと思います。(゚∀゚;)




スポンサーリンク


nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

ブルダック炒め麺アレンジ ニャーグルト麺。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20180327_121715.jpg

少し前に食べたブルダック炒め麺をアレンジしてみました。

ブルダック炒め麺はそのまま食べるともうあり得ないくらいに激辛なので、何とか食べやすくしてみようと思ったんです。

辛いものを食べやすくするには、やはりマイルドにするのが一番なので、ネットでもアレンジ方法としてチーズをトッピングするという食べ方が紹介されていました。

確かにチーズでまろやかさは加わるので、それでもいいと言えばいいのですが、チーズだとさらにコッテリ感が増してしまうので、私の好みではないし、あまりヘルシーとは言えない感じですよね。(-ε-)

そこで、最初は私がカレーなどでもよくやるスキムミルクを混ぜるのを試そうかとも思ったのですが、ブルダック炒め麺のソースは辛いけど甘みも強いので、スキムミルクを加えると余計に甘くなってしまうと思ったんですよね。

それじゃあ何を使おうかと思いついたのがニャーグルトです。

ニャーグルトというのはこの辺に詳しく書いてありますが、ヨーグルトと豆乳を3:2ぐらいの割合で混ぜたものです。

どちらもマイルドでヘルシーな食材ですが、豆乳だけだととろみがないし、ヨーグルトだけだとちょっと酸味が気になりますよね。

その点、ニャーグルトならば適度なとろみと酸味がありますからね、甘辛いブルダックの味には合うと思ったんです。(-ε-)



P_20180327_121922.jpg

作り方は前回と同じように麺をゆでるのは2~3分にして、お湯は少しだけ残して捨て、そこにキュウリとセロリ、ソースを加えて3~4分ぐらい炒め煮にします。

水分がほぼなくなったら器に盛り付けて、出来れば少し冷めてから、ニャーグルトと大豆たんぱくを合わせたものを混ぜたら出来上がりです。

ニャーグルトはアツアツのところに混ぜてしまうと水分が分離してしまうので、少し冷めてから混ぜた方がいいです。

大豆たんぱくを混ぜているのも、たんぱく質を補うためでもありますが、大豆たんぱくに余分な水分を吸ってもらうためでもあります。

一応、分量も書いておきますが、ブルダック麺40g、ブルダックソース8g、キュウリ60g、セロリ15g、大豆たんぱく8g、ヨーグルト30g、豆乳20g、塩少々です。

麺は一袋の半分弱ぐらい、ソースは4分の1くらいの量です。ニャーグルトでアレンジするとは言え、やはり極悪ソースは少なめにしてあります。(゚∀゚;)

さて、出来上がったものを早速食べてみると、これは大分食べやすくなっていました。(^。^)

かなりマイルドになっているので、これならば普通に食べることが出来る・・・・・と思ったのもつかの間、マイルドではあるのですが、やっぱり辛いことにはかなり辛いんです。ヽ(´д`;)ノ アウウ…

これは元々が普通には食べられないくらいに辛いですからね、これだけアレンジしても市販の激辛とされているものよりも辛いと思います。(゚∀゚;)

また、野菜も甘みが全くないものを使ってしまったからか、甘みが減り過ぎて元の甘辛い美味しさが減ってしまったように思ったので、野菜は半分くらいはタマネギなどを使った方が良かったかもしれません。

今回は冷ましてから食べたので、かなり辛さを抑えられたとは思うのですが、これからの時期的にも、これはいっそのこと冷麺で食べた方がいいかもしれません。

麺をゆでてから冷水で冷まし、キュウリは塩もみにしておいて、そこに大豆たんぱく入りのニャーグルトとソースを和えるだけにした方が、さらに辛さを抑えられて、キュウリの青臭さも出なくていいかもしれません。

ということで、ブルダック炒め麺はものすごい激辛ですが、とても美味しくて私は気に入っているので、ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ? また夏場に買ってこの冷麺アレンジもしてみようと思っています。

あ、でももう一つアレンジを考えてみたので、それも近いうちに紹介しようと思っています。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

レンジでお手軽 グリーンカレーリゾット。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20180311_121414.jpg
【レシピブログの「この1本で超カンタン エスニック風アレンジ」  レシピモニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた ハウス「エスニックガーデン」クッキングペーストシリーズ<グリーンカレー味> を使って、グリーンカレーリゾットを作ってみました。

最初はこのグリーンカレーペーストを使って、私の好きなチャーハンを作ってみようと思っていたのですが、これを作った日はまだ寒かったですからね~、チャーハンよりはもっとアツアツのものが食べたいと思ったんですよね。

そこで、私が冬場によく食べているリゾットを、このグリーンカレーペーストを使ってアレンジしてみようと思いついたんです。(-ε-)

リゾットはお米から作った方が質感が本格的になるのですが、炊いておいたご飯から作っても味は十分美味しく出来るし、レンジで簡単に作ることも出来るので、比較的よく作るんですよね。

ということで、早速レシピです。(-ε-)


<材料>1人分 約290kcal
ご飯・・・80g
豆乳・・・40g
大根の葉(茎)・・・30g
きゅうり・・・30g
ゆで大豆・・・20g
コーン・・・15g
おもち・・・15g
グリーンカレーペースト・・・8g
青汁・・・1g
塩・・・ほんの少々


<作り方>
① 大根の葉はみじん切り、きゅうりは縦4等分にしてから3㎜くらいにスライスして器に入れ、塩をほんの少しまぶして500wのレンジでふたをして1分くらい加熱します。
② 野菜にグリーンカレーペーストをまぶしたら、細かく切ったおもちと残りの材料を全部加えて混ぜ合わせ、レンジでふたをして1分半くらい加熱します。
③ いったん取り出して全体をよく混ぜ合わせたら、さらにレンジでふたをして1分くらい加熱し、もう一度よく混ぜ合わせたら完成です。

☆今回は投稿レシピということで、作る時の器と盛り付ける器は別にしてありますが、自分の朝ご飯用の場合は、もちろん同じ器のままです。(-ε-)



P_20180311_121607.jpg

今回はグリーンカレーペーストを使っていますが、グリーンカレーというのは名前はグリーンと付いていますが、実際は緑がかったねずみ色なんですよね。(゚∀゚)

このグリーンカレーペーストもペースト自体はきれいな淡い緑色をしてはいるものの、多少使ったくらいではきれいな緑色は出ないんです。

そこで、グリーンカレーというからには本当に緑色にしたいと思い、まずは野菜に緑色のものを使うことにしたんです。

緑色のものなら何でもよかったのですが、今回はちょっとクセのあるグリーンカレーに合いそうなきゅうりを使うことにしました。

大根の茎の部分も加熱すると鮮やかな黄緑色が出て、シャキシャキとした食感がアクセントになるので、私はよくリゾットに使うんですよね。(^。^)

野菜の緑色に加えて、本体のご飯の色も緑色にしたかったので、今回は青汁の粉末も少し加えてみました。

青汁もちょっとクセがありますが、グリーンカレーなどの風味の強いものと合わせれば、そんなに気にならなくなるんじゃないかと思ったんですよね。

また、このレシピの一番のポイントはおもちを少し加えていることなのですが、おもちを加えることでうまみととろみがアップして、より濃厚なリゾットになるんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

おもちを刻むのは多少手間ですが、入れると本当に美味しくなるので、是非試してみてください。(^。^)

ということで、出来上がったグリーンカレーリゾットですが、これが以外にもすごく本格的な味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

グリーンカレーとは言っても、日本で売っているものの中にはあまり本場の味がしない、無難な味に仕上げているものもありますが、このグリーンカレーペーストはおそらくコブミカンの風味だと思いますが、すごく個性的な風味がするんですよね。

コブミカン以外にも本場のグリーンカレーの材料などがしっかりと入っている感じで、今回はそんなに量は使っていないのに、しっかりグリーンカレーの味になっていたんです。(^。^)

青汁の味もグリーンカレーの風味にかき消されて全く気にならなかったのですが、しいて言えば、きゅうりのちょっと青臭い風味は気になったので、これはきゅうりではなく何かしらの葉物野菜にした方が良かったかもしれません。

とは言え、こんなに簡単に本場のグリーンカレーの風味が出るこのペーストはとても気に入ったので、これはもっと他の料理にも使ってみたいと思いました。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

市松模様の松風風。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20180102_110135.jpg
【レシピブログの「手軽に!豪華に!年末年始のパーティーレシピ」レシピモニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた GABANカラフルペパー を使って、市松模様の松風風を作ってみました。

松風風の風が重なっているのは間違いではありません。私が作るものは大抵は正規の作り方を知らないので、あくまでイメージで作った~風ということで、これも松風ではなく松風風なんです。(-ε-)

材料も作り方もテキト~オリジナルなのですが、これを考えたヒントになったのは時々作っているおから団子なんですよね。

おから団子の作り方は以前に載せていますが、これに鶏のひき肉などを加えたら松風風のものが出来るのではないかと思い、試してみることにしました。(-ε-)



<材料>3人分 約350kcal
鶏ひき肉・・・100g
大根・・・100g
卵・・・15g
マヨネーズ・・・10g
おからパウダー・・・8g
小麦粉・・・10g
塩・・・2g
にんにく、しょうがのすりおろし・・・少々
青汁・・・少々
ターメリック、パプリカ・・・少々

●トッピング
京にんじん・・・30g
GABANカラフルペパー・・・少々

<作り方>
① 大根をみじん切りにして器に入れ、塩をまぶして10分くらい置いておきます。京にんじんは3㎜くらいにスライスし、花型で抜いて軽く塩をまぶし、500wのレンジで1分半くらい加熱しておきます。
② 大根から水が出て来たら、ターメリック、パプリカ、青汁以外の材料を加えてよく混ぜ合わせ、2等分にして片方の生地にはターメリックとパプリカ、もう片方には青汁を加えてよく混ぜ合わせます。
③ 卵焼き用の長方形のフライパンに生地を2㎝弱の厚さに広げ、ふたをして弱火で15~20分じっくりと焼きます。
④ 生地が冷めたら正方形になるように切り分け、お皿に市松模様になるように盛り付けて、京にんじんを飾ってカラフルペパーをトッピングしたら完成です。



P_20180102_110227.jpg

まずまずいい色に出来たとは思うのですが、本当はこの黄色い生地の方はもう少しオレンジっぽくしたかったんですよね。パプリカの量が少なかったのでしょうか、色があまり出ていませんね。(゚∀゚;)

この生地はきれいな色をそのまま残したかったので、あえて片面しか焼かず、焼いていない面を上に盛り付けていますが、裏側はこんがり焼き色が付いているので、それはそれで美味しそうなんですよね。(-ε-)

そしてこのトッピングのカラフルペパーですが、これはブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの4種類があるので、トッピングすると見た目がとってもカラフルになってきれいですよね~。(^。^)

味はこのかわいらしい見た目とは違い、ビリッとパンチの効いた辛さがありますが、(゚∀゚;) 今回の松風風はマイルドで優しい感じの味なので、このコショウの風味がいい感じにアクセントになっていました。



P_20180102_110258.jpg

生地におからパウダーを混ぜ込んでいるのは、松風のギュッと詰まった食感をもう少しやわらかくしたかったからなんですよね。

おからパウダーは今回は粗びきタイプのものを使っています。キメの細かいタイプでも出来ますが、粗びきタイプの方が生地がふんわりと仕上がると思います。

おからパウダーが水分を抱え込んで食感がソフトになるので、噛む力が弱くなったうちの母でも、これなら問題なく食べられました。(^。^)

見た目が卵焼きのようにも見えますが、実際、食感も松風よりは卵焼きに近いような感じでしたが、卵焼きにしては固めでしょうか。本当は食感はさらにやわらかくしたかったので、もう少し改良の余地はありそうです。

ちなみに、写真は16個分盛り付けていますが、実際は全部で30個出来ました。

ということですが、クリスマスやお正月などの華やかなメニューには、今回のカラフルペパーはすごく役に立つので、また何かの機会に使ってみたいと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

おから団子カレー。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20171125_125025.jpg

これはこの間食べた千曲のあんずインドカレーですが、今回は盛り付けと付け合せを変えてみました。

この見た目はこの辺でもやっていますが、何となくかわいい感じがする(?)ので、私は結構気に入っているんです。(-ε-)



P_20171125_125120.jpg

まず気になるのはこの巨大な豆じゃないかと思うのですが、これは最近よく使っているそら豆なんですよね。

この存在感ですからね、これを使うだけでインパクトのある料理になるので、ヘンテコ料理が好きな私には格好の食材なんですよね。(-ε-)

オレンジ色のお団子のようなものはおから団子で、これはオリジナルでテキト~に考えたものなのですが、混ぜる野菜によってはこのように結構かわいくてきれいな色になるので、色んなバリエーションを作ったりするんです。

作り方はとても簡単で、基本の作り方はこの辺にも紹介してありますが、今回は野菜はにんじんを使っています。

圧力鍋にかけてやわらかくしたにんじん40gをつぶして、おからパウダー8g、小麦粉8gを加えてよく混ぜ、6等分にして団子状に丸めて、レンジで1分半~2分くらい加熱するだけです。

多少水を加えたような気もしますが、おから団子のいいところは多少分量が前後してもそれなりに出来てしまうところなので、まあテキト~でいいでしょう。(-ε-)

そのまま食べる場合は油脂を入れたり、何かしらの味付けをした方がより美味しいですが、今回のようにカレーの付け合せとして食べる場合は、油脂も味も入れない方がかえって合うんですよね。



P_20171125_125034.jpg

このご飯の色も気になるんじゃないかと思うのですが、これは毎度おなじみの重曹ゴボウを混ぜ込んであるんです。

ゴボウに重曹をまぶして加熱した後に、水を少し加えて色を染み出させ、そこにご飯を混ぜ込むことで、ご飯に色を移りやすくしてみました。

普通のご飯に水を加えるとベチョッとしてしまいますが、今回はタイ米を使っているので、多少の水と馴染ませるくらいでは全くべたつくことはありませんでした。

日本のご飯を使う場合はちょっと固めに炊いておくか、冷蔵庫でパサパサになったご飯を使うといいと思います。(-ε-)



P_20171125_125150.jpg

この間の写真だとカレーの水分がほとんどないように見えていましたが、本来はこのようなスープカレーに近いサラッとした質感なんですよね。

サラッとしているせいもあるかもしれませんが、このカレーはどちらかと言えばあっさりしているので、やはりこの間書いたように栄養成分表示通りのカロリーがあるようには思えないんですよね~。(-ε-;)

濃度が低い(とろみが少ない)カレーというのは確かにさっぱりと感じるし、ペーストではなく砕いたナッツなどを加えているとすれば、カロリーの割に濃厚に感じないということはあると思いますが、食べた感じではむしろカロリーの低いカレーのように感じるんですよね。

ただ、何にしろこのカレーは手作り感があって美味しかったので、よくある化学調味料に頼った味のカレーなどよりは断然好きですね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(21) 
共通テーマ:グルメ・料理

サプリメントで紫色のご飯 。(゚∀゚;) キバチュ? [手作り アレンジ]

P_20171116_120053.jpg

これは朝ご飯に食べたレトルトカレーですが、カレーはともかく、ご飯がかなり異様なビジュアルになっていますよね~。

まあ、私のご飯はいつも変なものが混ざっていることが多いので、今回に限ったことでもないかもしれませんが、(-ε-) 今回は基本的には食べ物ではないもの使っているという点で、いつもとは違うんですよね。

ついにインクでもかけたか!?(`∀´;) などと思わないでくださいね。食べ物ではないと言っても、料理に使うものではないというだけで、ちゃんと食べられるものですよ。

以前にも一度 同じようなことをしたことがありますが、実は今回もこのご飯にはサプリメントを使っているんです。



P_20171116_120226.jpg

ご飯の色が全体的には青紫色になっているのですが、部分的にこのようなかなり鮮やかな赤紫色というか、濃いピンクのような色になっていますよね。

この色は実はブルーベリーのサプリメントで出しているんですよね。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

ソフトカプセルに入ったサプリメントなんですが、それをご飯と野菜をアツアツに温めた中に埋め込んでしばらく置く(場合によってはレンジで軽く温めます。)と、カプセルが溶けてかなりすさまじい色が出るんですよね~。

少し前にブドウの皮を使ってご飯を紫色に変色させましたが、ブルーベリーにもアントシアニンがたっぷりと含まれていますからね、それを凝縮したサプリメントならば、色も普通のブドウよりも濃く出るというわけです。

ただ、そのままだとちょっと黒っぽい紫色になるので、前回もそこにクエン酸を混ぜたのですが、今回はあえて表面に振りかけるだけにして、より色を目立たせてみたんですよね。

そうしたら、本当にインクでもかけたかのような鮮やかな色が出たので、食べ物としてはちょっと奇抜すぎる色かもしれないのですが、きれいと言えばきれいな気もするし、何より面白いですよね。(-ε-)

味もクエン酸をかけた部分だけは少し酸っぱいですが、色ほど特別な味がするわけではなく、特にカレーと食べてしまえば全然気になりません。

食べ物は楽しく食べた方がいいですからね、まあこういうのもアリかなと思いますが、サプリメントの正しい摂り方としては推奨できないでしょうね。(゚∀゚;)


スポンサーリンク


nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

ピーナッツチョコレートサンドトースト2種。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20171111_152321.jpg

レシピブログさんからモニター商品としていただいた ライオン リード冷凍も冷蔵も新鮮保存バッグ Mサイズ を使って、ピーナッツチョコレートサンドトーストを作ってみました。

ピーナッツチョコレートサンドなんて、市販のピーナッツチョコレートクリームを買ってくればすぐに出来るじゃない!なんて言わないでくださいね~。(゚∀゚;)

自分で作れば好みの味に調整することが出来るし、ちょっと一工夫するだけでとても美味しく食べられるので、その方法を今回紹介してみたいと思いました。(-ε-)


<材料>2人分 約440kcal
食パン(6枚切り)・・・耳を取ったもの4枚分(約120g)

●ビターピーナッツチョコレート
ピーナッツバター(チャンク、微糖タイプ)・・・6g
ココア・・・6g
砂糖・・・3g
塩、オールスパイス・・・少々

●ミルクピーナッツチョコレート
ピーナッツバター(チャンク、微糖タイプ)・・・6g
スキムミルク・・・4g
ココア・・・2g
砂糖・・・3g
塩、オールスパイス・・・少々


<作り方>
① 食パンは耳の部分を切り落として、厚さを半分にスライスしておきます。
② ピーナッツチョコレートの材料と水15gを器に入れて軽く混ぜ合わせ、500Wのレンジで15秒くらい加熱して取り出して混ぜ、さらに15秒くらい加熱してよく混ぜてペースト状にします。
③ パンにそれぞれのペーストを2等分して塗ってサンドし、保存バッグに入れて冷凍します。
④ 完全に凍ったパンを包丁でスティック状に4等分し、トースターか魚焼きグリルできれいな焼き色が付くまで焼きます。



P_20171109_114605.jpg

6枚切りの食パンの耳を切り落として、4枚分のサンドイッチを作ったら、ちょうどこのMサイズの保存バッグにピッタリ収まったんですよね。(^。^)

このようにサンドイッチを冷凍保存しておけば、いつでも食べられるというメリットもあるので、私は時間のあるときにまとめて作っておくんです。

ただ、サンドイッチを冷凍しておくことのメリットはもう一つあって、それは今回のように少し水分のある素材をサンドしておくことで、トーストしたときに外側はサクッと、内側はしっとりした食感に自動的になるんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

トーストって何気に難しくて、サクッとさせたくてじっくり焼いてしまうと、何だかパサついた食感になってしまうし、しっとり感を残そうとさっと焼いてしまうと、サックリ感はあまり出ませんよね。

その点、冷凍サンドにしておくと、内側が凍っているおかげでじっくり焼いても水分が保持されたままになるので、外側がサクッとするまで焼いても、内側はしっとりしたままなんですよね~。(^。^)



P_20171111_152456.jpg

最初の写真だと色の違いがほとんどわかりませんが、こちらがミルクチョコレートの方です。

ミルクとは言ってもそれなりにココアも効いているので、ビターミルクという感じかもしれませんが、そのくらいの感じが私は好きなんですよね。(-ε-)

1つ注意なのですが、この冷凍したパンを切るときに、パン切りナイフは使わないでくださいね。

普通の包丁で一気にズバッと押し切るようにした方がきれいに切れるし、普通のパン切りナイフでギコギコ切ろうとすると、すべって手を切ってしまう危険性があるので、やめた方がいいと思います。(昔私はやってしまいました。∑(゚д゚lll) ハウッ!)



P_20171111_152504.jpg

こちらはビターチョコレートなので、軽い食事替わりに出来るくらいの、甘さは控えめな感じだと思います。付け合せのバナナなどと一緒に食べるとより美味しいんですよね。

というか、今回はやらなかったのですが、これはバナナも一緒にサンドしてもよかったんですよね。

バナナも一緒にサンドしておくと、トーストしたときにちょうど解凍した状態になるか、もしくは少し凍った状態になるのですが、これがかえって夏場などにはひんやりと冷たくて美味しいんですよ~。(^。^)

外側はアツアツでサクッとしているのに、内側はひんやり冷たいですからね、この感覚は是非味わってもらいたい感じなんです。

ということですが、今回のようなパンを冷凍しておけるちょうどいい容器ってあまりないですからね、このような保存バックは本当に便利ですよね。

これを機にまた色んな冷凍サンドを増産しようと思いました。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

ハロウィンかぼちゃカレー。(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20171104_122239.jpg
【レシピブログの「簡単レシピでHAPPYハロウィン♪」レシピモニター参加中】


レシピブログさんからモニター商品としていただいた GABANナツメグ<パウダー>、ジンジャー<パウダー>、アニス<ホール> を使って、ハロウィンかぼちゃカレーを作ってみました。

ハロウィンはすでに過ぎてしまいましたが、(゚∀゚;) これは昨日の記事でも書いた変色料理でもあるので、変わった料理が好きな方はよかったら何かしらの参考にしてみて下さい。(-ε-)


<材料>1人分 約370kcal
●カレー
レトルトカレー・・・100g
大根・・・40g
ブドウ(デラウェア)の皮・・・15個分くらい
ナツメグ<パウダー>・・・少々
ジンジャー<パウダー>・・・少々
アニス<ホール>・・・少々
重曹、クエン酸・・・少々

●かぼちゃご飯
ご飯(やや固め)・・・100g
大根・・・40g
ターメリック・・・少々

●トッピング
ゆでそら豆・・・40g
ししとう・・・10g
パプリカ・・・少々
レッドペッパー・・・少々


<作り方>
① 大根をみじん切りにして半分ずつ別々の器に入れ、片方にターメリックをまぶして、ふたをして500Wのレンジで1分加熱します。
② あたたかいご飯を加えてよく混ぜ合わせ、クグロフ型(直径10㎝)に入れてお皿の真ん中に盛り付けます。
③ ししとうはヘタを切り落として種を取り、3mm幅に切って(今回は12本です。)レンジで30秒加熱し、ご飯のくぼみに沿って貼り付けます。
④ 残りの大根に細かく刻んだブドウの皮を加えて、ふたをしてレンジで1分半加熱し、レトルトカレー、スパイスを加えてよく混ぜます。
⑤ カレーを1:2くらいの量に分けて別々の器に入れ、少ない方にクエン酸を少々加えてレンジで30秒、多い方に重曹を少々加えてレンジで1分くらい加熱してよく混ぜます。
⑥ 少ない方のカレーをご飯のくぼみに注ぎ、切り落としておいたししとうのヘタをのせ、パプリカとレッドペッパーを振りかけます。
⑦ 多い方のカレーをご飯の周りに注ぎ、圧力鍋でゆでておいたそら豆を飾って完成です。



P_20171104_122323.jpg

かぼちゃカレーとタイトルには書きましたが、このカレーにはかぼちゃは使っておらず、ししとうとターメリックライスを使ってかぼちゃの形に見立ててみました。

最初はこのご飯の部分は去年のように悪魔の目玉に見立てた感じにしようと思っていたのですが、クグロフ型で抜いてししとうを飾ったら、思いがけずかぼちゃの形に見えてきたので、ちょっと予定を変更したんですよね。

また、カレーは今回赤と黒の2色にしたかったので、ブドウの皮を混ぜ込んだカレーにそれぞれクエン酸と重曹を加えてみたのですが、カレーの色と混ざってしまうとやや微妙な感じになってしまい、思ったほど真っ赤や真っ黒にはならなかったんですよね~。(-ε-;)

特に赤いカレーの方は色が微妙だったので、後がけでパプリカとレッドペッパーをまぶして何とかごまかしました。(゚∀゚;)



P_20171104_122347.jpg

黒いカレーの方はそこそこいい感じの色になりましたが、こちらもやや緑がかったこげ茶色という感じなので、去年のようなインパクトのある色にはなりませんでした。

その代わりというわけではないのですが、このそら豆は結構インパクトがありますよね~。(-ε-)

私はよくカレーに大豆を合わせますが、そら豆はその4~5倍くらいの大きさはありますからね、ハロウィン料理のような変わったインパクトが必要な料理には使える気がします。

カレーは今回は簡単レシピということで、市販のレトルトカレーを使いましたが、どこにでもある普通のカレーでも、スパイスを加えるだけでかなり違った雰囲気のカレーになるんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

特に今回のアニスには独特の風味がありましたからね~、ハロウィンっぽい一風変わった風味のカレーに一役買ってくれた感じです。

ということで、スパイスはただ加えるだけで料理の風味をガラッと変えることが出来ますからね、今後も色んな料理に試してみたいと思います。(^。^)




スポンサーリンク


nice!(29) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 手作り アレンジ ブログトップ